37年振りの低水準
スポンサーリンク

レスター2-0アーセナル

 

twitter.com/arsenal

 

ジェイミー・バーディー(68分)

ジェームス・マディソン(75分)

 

twitter.com/arsenal

 

 

ベジェリン1月以来のプレミア復帰!

ウナイ・エメリプレミア50試合目

1992-1993シーズン以来の12試合終了時点17ポイント 得失点差-1の成績悪化

 

スタッツ

 

レスター アーセナル

ポゼッション率 50.6% 49.4%

シュート数 19本 8本

枠内シュート数 7本 1本

パス数 477本 463本

パス成功率 87.8% 83.4%

コーナー 5本 4本

 

プレイヤーレイティング

 

レノ(6)

チェンバース(6) ルイス(6) ホールディング(5)

ベジェリン(6) トレイラ(6) ゲンドゥージ(6) コラシナツ(6)

エジル(6)

ラカゼット(6) オーバメヤン(6)

SUBS ぺぺ(n/a) ウィロック(n/a)

MOM ジェームス・マディソン

(Sky)

 

ブレンダン・ロジャース コメント

 

「これは非常に集中力があり、守備的に優れたチームです。ゲームの大部分をコントロールしていると感じました。本当にあなたを傷つけるプレイヤーに対して私たちにとって大きな勝利です。素晴らしいサッカーをします。」

「これまでしばらくの間、どのような対戦相手に対しても勝つことができる資質をプレイヤーが知っているので、それは素晴らしいことです。あなたは本当に良い選手でトップチームと対戦しているので、我慢しなければなりませんしかし、私たちは突破するために本当のクオリティを示しました。非常に、非常に重要な3つのポイント。」

(Sky)

統計

 

・レスターは、史上初めてアーセナルとのトップフライトホームゲームを3回連続で獲得しました。

・アーセナルはこの試合でターゲットに1発のショットしかありませんでしたが、その努力はラカゼットから20分後に行われました。

・ロジャーズが今シーズンのプレミアリーグの12試合から26ポイントを獲得したのは、トップフライトキャンペーンのこの段階で最も過去であり、2015-16年のタイトル獲得シーズンよりも1つ多い。

・ガンナーズの17ポイントと-1の差の記録は、1982年から83年(15ポイント)以来の12ゲームの後、トップフライトシーズンの最悪のスタートとなっています。彼らは2014-15年にも17ポイントを持っていましたが、+ 5のゴール差がありました。

(Sky)

 

分析コメント

 

アラン・スミス

「レスターは私たちが考えたことを確認しました。彼らはアーセナルよりも優れたチームであり、組織的です。エメリとアーセナルのチームの間には断絶があります。」

「現在、両者の間に大きなギャップがあります。」

 

トニー・アダムス

「これらの状況でマネージャーを非難するのは簡単ですが、例えばキャプテンの状況の処理など、彼が多くの好意を持っているとは思いません。」

「レスターに対して、彼は彼らを組織化させた。彼らは最善を尽くした。それは戻って、守備し、あなたの形を取り戻すことの一つである。プレーヤーと連絡を取らなければなりませんでしたが、彼らはただ座っただけでした。85%のゴールがボックスの内側にあり、スタンドに座って私と一緒に座っていました。」

「チームのリーダーはいません。数年前から募集は非常に貧弱です。選手がいないと難しいです。マネージャーはあなたが何をしているのか、髪を引き抜かなければなりませんか?良い隠蔽を期待してここに来て、私たちはそれを手に入れました。」

「これらのプレイヤーは、我々がクリーンシートを維持しようとしていると考えてピッチに行くとは思わない。それは感染力がある。守備的に悪化している。」

「エメリーを非難するのは簡単です。彼はここで彼がベストを尽くしている選手のグループを持っています、そしてそれはこのコーチよりも大きな問題です、それは本当にです。」

(Sky)

 

エメリの記録との比較 プレミアリーグ

 

ヴェンゲル(ラスト50試合) エメリ(50試合)

勝利 27勝 25勝

敗戦 16敗 13敗

ポイント 88 87

ゴール数 96 89

被ゴール数 64 68

クリーンシート 18 10

シュート数 764 617

枠内シュート数 299 223

チャンス作成数 582 479

被シュート数 576 696

被枠内シュート数 210 252

ポゼッション率 61.4% 57.6%

 

Sky

 

(Sky)

 

 

イアン・ライト コメント

 

「今夜ゴールに1ショット!!リーグ10で2勝。」

「決定的なスタイルや計画はありません。負のゴール差。防御の改善はありません。何も作成しません。」

「ラカやオーバはなぜ更新するのでしょうか?彼らを責めることはできません!アーセナルの厳しい決断を下さなければなりません!良くなっていません!」

 

(Sun)

 

ウナイ・エメリ 記者会見

 

ゲーム中は?

「こんばんは。結果にがっかりすることもありますが、プレイヤーの態度で、彼らは私たちが準備したゲームプランを実行しました。前半はゲームをコントロールすることでチャンスがあり、後半もまた思い通りの瞬間にスタートしました。彼らはいくつかのチャンスも生み出し、最初のゴールを決められたとき、その試合で何かをする機会を失ったのです。」

プレミアリーグのポジションについて

「姿勢は良かったし、ゲームプランも用意できて、選手たちはそうした。相手チームは良い瞬間、ホームで強い感じがします。赤字を減らすチャンスもありましたが、チャンスもありましたした。」

「私たちは今、テーブルの中で彼らから距離を持っていますが、我々は時間があり、一貫性がある可能性で、我々は自信を回復し、ポイントを回復することができます。私たちは成功を収めたい、チャレンジしたい。改善していきたいですし、チームのバランスを取りたいです。」

トップ4の間のギャップについて

「チェルシーとレスターがリバプールとマンチェスターシティにいるからです-彼らと私たちの間には違いがあります。しかし、私たちの背後にはマンチェスターユナイテッドとトッテナムがいます。」

「これは多くのチームとの非常に平等な競争でしたが、実際にはチェルシーとレスターが私たちと作り出した違いです...彼らは一貫性を保つ時間がありました。競争は38試合であり、今では9ポイントの差で彼らの後ろにいます。彼らにとっては良いことですが、その違いを達成して回復する時間があります。」

再び勝つために何を変える必要があるかについて

「エミレーツで、ホームでより強く感じる必要があります。これは私がそれを達成したい最初の方法であり、プレーヤーでそれをしたいです。私たちがホームで強く感じ、自信を持ち、良いパフォーマンスでポイントを取ることができれば、すべてのチームに対してポイントと良い試合を達成することを知っています。」

「次の試合は、今私たちの挑戦です。ホームで負けたことはありませんが、ポイントを失い、テーブルで勝つ可能性があるマッチを描きました。ここでの損失は、彼らが良い瞬間にあり、彼らのサポーターと1つであり、ここで強いと感じるからでもあります。しかし、私たちは準備しながらゲーム計画に取り組み、それをやったと思います。違いは、彼らが最初のゴールを決め、そのシステムを失ったことです。」

マネージャーを変える必要があると言っている人がいます

「私にとっては、コーチとして、選手たちと一緒に強く、改善し続けることです。落ち着いて、状況を改善して自信を取り戻すために、私はクラブと話をしています。」

「私たちには、私たちと共に成長し成長している若いプレイヤーがいます。私たちは批判を受けていますが、それが私の仕事だと知っています。私はそのような瞬間がたくさんありましたが、自信を得るために働き、クラブや選手と一緒になって回復しました。」

批判が公正かどうかについて

「私はそれをすべて受け入れます。私は拍手を受け入れ、彼らが私たちを批判するときそれを受け入れます。私たちが勝ったとき、彼らは幸せになるだろうし、負けたとき、彼らは悲しくなるだろう。正常です。」

「落ち着いて、改善を続ける必要があります。今日、私たちは一緒にいて守備的に強くなることで一歩前進しました。しかし、良い瞬間に非常に強力なチームでプレーしていたため、負けました。」

「それを好転させる時間があります...私たちはシーズンの初めにいくつかの否定的な状況がありました。先月かそこらで、私はチームがそのようなネガティブな状況にあったと思います、そしてそれは私たちにその感情的なバランスを与えていません。」

「選手、クラブ、そして私が話しているので、情熱が必要であり、自信を取り戻す必要があります。私はその瞬間に選手やクラブと話をしましたが、状況によっては若い選手に我慢する必要があり、それを回復する時間と試合があります。私たちはそうするだろうと確信しています。」

レスターに対する守備的なプレーについて

「守備的に改善する必要があります。前半は今日のバランスが良かったと思います。彼らが最初のゴールを決めたとき、それがバランスを失った瞬間かもしれません。」

「しかし、占有率は50/50であり、ボールをキープしたまま、トランジションでプレイする可能性もありました。セアドとエクトルの攻撃で良いフルバックを持っているので、時々ボールをキープし、フルバックで前進していました。選手たちは今日、そのシステムのバランスに満足していると思います。」

5バックについて

「昨年、たとえば3つのセンターバックを使用し、時にはバック4を使用しました。それは私たちがどのように、そしてプレーヤーとしての最高の資質と最高のスキルをどのように感じることができるかにかかっています。昨年、このシステムを何度も使用しましたが、非常に良い結果が得られました。」

 

(arsenal.com)

 

カラム・チェンバース インタビュー

 

パフォーマンスに対する見方は?

「確かに厳しい夜でした。今日の私たちにとっては新しいシステムでしたが、そこから良いことがあると思います。私たちはチームとして一生懸命働き、しばらく彼らを締め出し、私たち自身の可能性があり、別の日にはそれらの可能性のうちのいくつかを入れていただろう。」

「今、私たちは前向きに保つことが重要だと思います。信じ続け、懸命に働き続け、今やトレーニング場で一緒になって一生懸命働くための少しの時間があるので、それをすることは私たちにとって重要です。」

新しいシステムでしたが?

「私たちはもう少しコントロールがあり、守備的にはもう少し堅実になったと思います。レスターは良いチームであり、チャンスを生むことはわかっていましたが、今日は全員が100%の努力を払っていると思います。違いは彼らがチャンスを取り、良い最初のゴールを決めたことです。私たちはただ信じ続け、前向きであり続けなければなりません。」

試合中の自信について

「私たちは最後まで信じ続ける必要があり、サッカーの試合では物事が非常に急速に変化する可能性があるため、試合中は後ろに行く場合、あなたが信じ続け、プレーし続けなければならないことが重要です私たちがやろうとしていること、そして私たちがしている哲学を信じ続けるようにと言われたこと。重要なことは、あなたが後ろに行くとき、あなたはプレーし続け、押し続け、ゲームに戻ろうとすることです。」

チームのムードについて

「私たちはみんな一緒です。そのドレッシングルームとクラブの全員が集まっています。ドレッシングルームには良いスピリットがあり、すべての若者が集まっており、私たちはすべてのゲームですべてを続け、戦い、それを与え続ける必要があり、物事は変化します。」

物事を好転させるために

「私たちが持っているチームと私たちが持っているクオリティの量で、物事を好転させることができます。私たちは一生懸命働き続ける必要があり、インターナショナルブレイク中はトレーニングの場で一生懸命働きます。それが重要です。

トップ4に到達する可能性について

「今大きなギャップがありますが、前向きな姿勢を保ち、できればそのギャップを縮めることができます。」

 

(arsenal.com)

 

選手がかなり入れ代わって言ってるが、この試合で昨年と違う選手は、ダビド・ルイスだけだろ!

もう18ヶ月間立って改善するもなにも、ずっと今シーズン落ちていってるんだってばー、ランパードだってロジャースだってあまり時間が無い中改善したろ!

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事