またも20本以上シュートを撃たれる
スポンサーリンク

アーセナル2-2サウサンプトン

 

twitter.com/arsenal

 

アレクサンドル・ラカゼット(18分、96分)

ダニー・イングス(8分)

ジェームズ・ウォード=プラウズ(71分)

 

スタッツ

 

アーセナル サウサンプトン

ポゼッション率 61% 39%

シュート数 12本 21本

枠内シュート数 5本 6本

パス本数 487本 316本

パス成功率 83% 74.4%

コーナー 6本 8本

 

プレイヤーレイティング

 

レノ(6)

チェンバース(6) ルイス(6) ソクラテス(6)

ベジェリン(5) トレイラ(6) ゲンドゥージ(7) ティアニー(6)

エジル(6)

ラカゼット(8) オーバメヤン(6)

SUBS ぺぺ(6) ウィロック(6) マルティネス(6)

MOM ライアン・バートランド

ラルフ・ハーゼンヒュットル:「今日のシーズンで最高のパフォーマンスを見せた選手がいます。それは私が見たかった反応です。アーセナルの半分でボールを獲得して驚いたのです。ブファル、ジェネポ、なんてこった! 。私はパフォーマンスに満足していますが、もっと価値があると思います。」

(Sky)

 

統計

 

アーセナルは、10月にボーンマスと1-0で勝利し、最後の5回のプレミアリーグ戦(D3 L2)で勝ちません。

アーセナルは、1998年11月から12月にかけて初めて、すべての大会(D5 L1)で6回連続の試合に勝つことができませんでした。

サウサンプトンは、9月のシェフィールドユナイテッドとの1-0の勝利以来、過去8回のプレミアリーグゲーム(D2 L6)で勝ちません。

Lacazetteの31のプレミアリーグゴールのうち24がホームゲームで得点され(77%)、少なくとも30のゴールを持つすべてのプレーヤーの中で最も高い割合です。

 

(Sky)

 

 

ウナイ・エメリ 記者会見

 

結果について?

「こんばんは。私たちはサポーターがイライラしていることを理解しています。サポーターが助けてくれたので、サポーターとつながる機会を失いました。」

「ここが鍵であることが必要です。快適に感じ、強く感じ、自信を得るための鍵がここにあります。私たちはそれをできませんでした。前半、私たちは絵を描いていましたが、私たちがどのようにプレーしているかだけでは不十分でした。」

「後半はより良く始め、変更しました。シーズン中のベスト20分は後半、その瞬間でした。チャンスをつくりましたが、得点しませんでしたが、私はその瞬間に満足していました。それが私たちの瞬間でした。」

「その瞬間に私たちの選手を見たかった。その後、彼らは私たちが良くなったときに得点し、その後いくつかのリスクを取って同点にしましたが、3つ目を獲得する機会をいくつか認めました。私たちは最後の瞬間に描きましたが、それだけでは十分ではありません。」

アレックス・ラカゼットはゴールを祝っていない

「はい、それは彼らがどのように感じたかの一例です。彼らはポイントが十分ではないと感じました。私たちのパフォーマンスは、個々にそして全体として、勝利を達成することについてでした。」

「自信を取りたいかもしれませんが、重要なのは後半の20分で3つのチャンスを生み出したことです。もし得点すれば、サポーターとのつながりがもっと良かったかもしれません。」

「彼らは90分で助けてくれましたが、私たちは良いゲームや良い瞬間、良い結果でそのつながりを達成できませんでした。私たちは負け始め、90分のすべての瞬間に戻る必要がありました。」

緊張した雰囲気についてどれほど心配しているのか?

「私はサポーターを理解しています。彼らは今、イライラし、失望し、怒っています。プレイヤーは同じように感じます。私の仕事は、仕事を改善し、分析し、解決策を見つけることです。」

「ここで重要なのは、自信を持ち、ポイントを獲得し、自宅で良いパフォーマンスを発揮し、それを奪うことです。ここで重要なのはサポーターです。私はそれを知っており、プレイヤーもそれを知っています。」

「私たちの目標は、今夜は勝つことですが、何よりも、つながることです。私たちはそれをしませんでした。私たちは非常に大きな機会を失いました。次の試合の解決策を分析して取り組みます。」

何を変える必要があるのか?

「1つは自信であり、それは良い結果をもたらします。その自信を得るために、私たちはより良くプレーし、ゲームをより良くコントロールし、ゲームプランを改善する必要があります。」

「90分間はそれをしませんでした。前半では、同点でしたが、十分ではありませんでした。私たちは45分でピッチ上で自分が優れていることを強要し、示す必要がありました。それはできませんでした。」

「後半に変更し、後半の開始時に20分または25分でそれを達成しましたが、その後負けていました。私たちは自信を失い、ピッチでイライラしましたが、プッシュしようとしました。サポーターが助けてくれて、最後に描いたが、それだけでは足りなかった。」

フォーメーションが3バックから4バックに変えましたが?

「解決策を見つける必要があるため、それは私が下した決定です。ディフェンス的に強く感じるために、3つのセンターバックでプレーします。しかし、前半は守備的により優れていたからです。」

「しかし、それだけでは十分ではありませんでした。後半にもっと攻撃する必要があったので変更しました。その後、さらに攻撃しているとき、攻撃的には20分または25分の余裕がありましたが、防御的にはそのバランスが少し失われ、必要以上のチャンスを失いました。それが問題です。」

「私は仕事をし、分析し、解決策を見つける必要があります。今日、私はそれを試してみました。センターバックから始めて、勝ちたかったので絵を描いていたときに前半に変化しました。」

「私たちは、攻撃するためのより多くのリスクを達成し、攻撃しているサードでより多くのプレイヤーを獲得したかった。しかし、その後、私たちはその移行で防御的に苦労しました。」

「次に、それを分析し、3つまたは2つのセンターバック、バランスのどちらが優れているかについての解決策を見つけてから、防御的および攻撃的に強くなる方法を考えます。そのバランスを失いました。」

「最初の20分または25分で後半に好調なスタートを切りましたが、そのバランスを失い、必要以上に苦労しました。最後に描いたが、それは十分ではありません。」

「私たちはイライラして失望しています。サポーターもそうです。今、私たちはドレッシングルーム、コーチ、クラブで話しているので、解決策を見つけるために働き、分析する必要があります。」

プレイヤーに怒っているかどうか?

「決して。態度が良く、態度が良いとき、私は決して怒ることができませんでした。」

将来について?

「今、私の仕事は分析することです。難しいですが、次の日に進む必要があります。木曜日に再び試合がホームで行われることを分析した後、可能な限り準備します。私たちはサポーターとつながる必要があることを知っています。」

あなたが自分の立場を受け入れるかどうかは脅威にさらされています

「クラブは毎日私を支えており、私にも責任があります。私は自分がもっと上手くできることを知っているし、選手たちともっと多くのパフォーマンスをとることができるし、そうしようとするつもりだ。」

オーバメヤン、ラカゼット、ペペでやらないのか?

「昨年、ラカゼット、オーバメヤン、エジルとの多くの良い試合を達成しました。私たちは今日、サウサンプトンとの対戦を開始しました。自信をつける必要があるからです。」

「プレーヤーがそれを行う準備ができているため、別のシステムを使用しました。システムに問題はありません。第一に、良い結果を得るためには、自信を持ってここにいるサポーターとつながります。」

「自信を持ってやってくる。今日の選手は、例えばラカゼットが得点し、オーバメヤンが働いた、メスト・エジルは90分間働いたと思う。初めの後半に2番目のゴールを決めた場合、その瞬間がその自信を取り、サポーターとつながる重要な瞬間だったと思います。」

「私たちは彼らとつながり、より強くなり、その試合に勝つことを望んでいました。私たちはそれをしなかったので、最後に描きました。それでも十分ではありませんが、最後の瞬間にそのポイントを達成しました。今、私たちは怒り、失望する必要がありますが、前進し続けます。」

(arsenal.com)

 

オーバメヤン インタビュー

 

ピッチをブーイングに任せることについては?

「批判が現時点で公正であるかどうか]はわかりませんが、ファンもそうであるようにチームは失望しています。プレイしているとき、うまくいかないときに失望するのは私たちが最初です。戦い続けます。私たちには戻ってくる質があり、戦わなければなりません。」

サウサンプトンが勝ったかどうかについて

「私たちは、彼らがアウェイでプレーするとき、彼らがボールで快適に感じ、彼らが強いことを知っているので、それは簡単ではないことを知っていました。彼らはこのようにプレーすることを期待されていました。本当にがっかりしています。」

なぜうまくいかないのか?

「分からない。心から、私は分かりません。誰もが自分自身に、そして何を変えることができ、何をもっと与えることができるかを自問しなければならないと思う。誰もがこれをしなければならない、私はまず。私は一生懸命に働き、勝つ方法に戻ろうとします。」

いつ変更されるのか?

「できればできるだけ早く。木曜日にゲームがあり、このゲームから物事を好転させるために始めます。この場合、誰にとっても本当に簡単ではありませんが、私たちは男であり、それを整理しようとするために続けなければなりません。私たちはグループであり、内部で解決策を見つけることができます。それが私たちがやろうとしていることです。」

ゲームの評価について?

「ファンとプレイヤーは皆今日がっかりしています。今日はうまくいきませんでした。それは私たちにとって良い結果ではありません。明らかに私たちはホームでプレーしており、ホームでゲームに勝たなければなりません。私たちは戦い続け、それを整理しようとし続けなければなりません。」

プレミアリーグで5つのゲームで勝利できませんでした

「私は正確に知りません[何が間違っているのか]。私が言える唯一のことは、チームとして、プレイヤーとして、私たちは仕事を続けようとするということです。一緒に解決策を見つけなければなりません。私たちは強くなければならないと思います。私たちは男であり、努力を続けなければなりません。」

ポイントを獲得できてラッキーだったかどうか?

「ラッキーかどうかわからない。それはポイントですが、私たちには十分ではありません。」

 

(arsenal.com)

 

twitter.com/arsenal

 

ルイス・ジョーンズ(Sky Sport記者) コメント

 

アーセナルのファンは、現在のプレッシャーを受けているマネージャーから得ているよりも良いコミュニケーションに値します。試合後の記者会見で、彼は攻撃と防御のバランスの観点から「解決策を見つける」ことについて話しましたが、ホットシートで18か月の経験を積んだマネージャーは確かにその言い訳を袋から引き出すべきではありませんか?エメリが答えを持っている場合、彼はそれらを秘密にしておくのに良い仕事をしています。

彼がまだ自分のベスト11が驚異的であることを彼がまだ知らないのはかなりの理由です。

これは、自信をめぐって戦っているチームに対する、特に防御的な、ばらばらのパフォーマンスでした。アーセナルは、サウサンプトンのランクでその緊張を悪用するべきでしたが、代わりに訪問者が計画とそれを実行する方法でチームを見たときに反対が起こりました。ラルフ・ハーゼンヒュットルに感謝します。フルタイムでほとんど涙を流していたマネージャーです。

一方、アーセナルはプレーに想像力とパターンを欠いており、ラカゼットの不当なフィニッシュ能力に値しなかった点に感謝していました。遅い2ゴールが入ったときのプレーヤーとファンの両方からのお祝いの欠如は、それ自身の物語を語りました。

(Sky)

 

トニーアダムス コメント

 

ある時点で、エジルはスイーパーであり、ボールをキーパーから外し、それを全員に走らせようとしました。

「ブーイングに値する-それはひどく、ひどいパフォーマンスで、非常にバラバラで、目の前に防御がありませんでした。」

「それは本当に悪いパフォーマンスであり、コーチが仕事を失うことを望んでいませんが、クラブは前進しておらず、進歩していません。」

「それよりも組織化されたチームをまとめることができます!」

ダニー・イングスからサウサンプトンのオープナーへのビルドアップの特定の批判のためにデビッド・ルイスも選びました。

「彼らはすべて眠っている、ここでルイスを見てください。ルイスは何をしていますか?彼はただそこに立っています。」

トニー・アダムスがアーセナルの「ひどい」ドローとサウサンプトンを非難し、ウナイ・エメリーに行くよう呼びかける

 

(DailyMail)

 

SkyBet 監督解任オッズ

 

マルコ・シルバ(エバートン) 1.36

ウナイ・エメリ(アーセナル) 5.50

マヌエル・ペジェグリーニ(ウェスト・ハム) 9.00

キケ・サンチェス・フローレス(ワトフォード) 13.00

ラルフ・ハーゼンヒュットル(サウサンプトン) 13.00

オーレ・グンナ・スールシャル(マンチェスター・ユナイテッド)17.00

(Sky)

 

Ladbrokes 次期監督オッズ

 

Sun

 

ミケル・アルテタ 5.00

マウリシオ・ポチェッティーノ 6.50

マッシミリアーノ・アッレグリ 7.00

ヌーノ・エスピリト・サント 11.00

パトリック・ヴィエラ 11.00

フレディ・ユングベリ 13.00

ラファエル・ベニテス 15.00

ブレンダン・ロジャース 17.00

エディ・ハウ 17.00

ニコ・コバチ 17.00

(Sun)

 

試合後のファンの反応(Twitter)

 

・アーセナルの理事会がウナイ・エメリーをヘッドコーチとして続け、今彼を解任しない理由を一つ教えてください。

・エメリはめちゃくちゃだ!今夜去らなければならない

・ウナイ・エメリが明日の今頃までにアーセナルの監督を務めているなら、ラウル・サンジェイ、エドゥ・ガスパール、そしてアーセナルの階層のすべてが彼と同じくらい責任がある。

・ウナイ・エメリ、マルコ・シルバ、マヌエル・ペジェグリーニが明日ジョブセンターに

・エメリに叫ぶゲンドゥージ、「エメリ・アウト」と叫ぶファン
3-3-4のフォーメーションに行った、プレミアリーグ9位...
ホームで19位に敗れた...ウナイ・エメリーは行かなきゃ!

・ウナイ・エメリのアーセナルでの最大の成果は、アーセン・ヴェンゲルの下での末年を栄光の日々のように見せてきた。

・親愛なる@Arsenal 、月曜日の朝までに#EmeryOutを得るために何回リツイートするか?

・アーセナルがベントナー、アンドレ・サントス、ジェルヴィーニョ、シャマフ、センデロス、サノゴ、ガジディスを最高経営責任者として見たことがありますが、アーセナルによる史上最悪のリクルートはウナイ・エメリです。

 

(Sun)

 

アーセナルミニニュース

 

・アーセナルのファンは空席が目立つのを望んでいる

・サウサンプトン戦の試合後、ラウル・サンジェイとエドゥはミックス・ゾーンで激怒した。

・アーセナルの会長サー・チップス・ケズウィックは、辞めることを考えている
「チップスケズウィックはクラブの会長として辞任することを検討せざるを得ないと感じました。」

チップスケズウィックは、自信が生涯グーナーのクラブで「意味のある役割を果たせない」と「不快」と言われています。

エドゥTD、ラウル・サンジェイSD、ヴィナイ・ベンカテシャムMD、ハスファミーチーフ、ジョシュ・クロエンケが決定権を握っている。

・アーセナルは今シーズン、相手に打ち負かされ、得点されました。ウナイ・エメリの見掛け倒しの戦術により、彼は糸にぶら下がっています。

多くの人はクラブの不安定なディフェンス面を指摘していますが、他の人はアタッカーに規則性を持ってゴールを見つける能力がないと呼びかけています。

しかし、実際には、アーセナルは攻撃と防御の両方で苦労しており、敵はエメリの不運な星を打ち抜き、得点しました。

 

Sun

 

 

(Sun)

 

やっぱり、勝てなかった。プレミアのどのチームにも勝てるきがしない。
なんで降格圏チームに、ホームで20本以上シュートを撃たれ続けるような試合が続くのだろう。エメリは、結局パリで言われてたとおり、戦術的に失敗する監督だな。もういい加減交代してほしい。もっと組織的なチームを作らないと今のプレミアでは無理。

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事