27年振り公式戦7試合勝利なし
スポンサーリンク

アーセナル1-2フランクフルト

 

twitter.com/arsenal

 

ピエール=エメリク・オーバメヤン(46分)

鎌田 大地(55分、64分)

 

スタッツ

 

アーセナル フランクフルト

ポゼッション率58.4% 41.6%

シュート数11本 9本

枠内シュート数6本 4本

パス成功率79.4% 70.6%

キーパス9本 7本

コーナーキック 6本 7本

 

プレイヤーレイティング

 

マルティネス(6)

チェンバース(5) ムスタフィ(5) ソクラテス(5) ティアニー(6)

ルイス(5) ジャカ(6)

マルティネッリ(6) ウィロック(5) サカ(6)

オーバメヤン(6)

SUBS ゲンドゥージ(5) エジル(5) トレイラ(5)

MOM 鎌田大地

 

(Sky)

 

統計

 

アーセナルは、すべての大会で最後の7試合のいずれにも勝っていない(D5 L2)アーセン・ヴェンゲルのもとで1,235試合で劣悪な走りをしたことはなく、1992年2月にジョージ・グラハムの下で最後の勝利を待っていた(8試合) 。

アーセナルは、現在の7試合で勝ち残っていない5回の試合でどの段階でもリードしており、4回引き分け、先に進んだ後、5回の試合のうち1回負けました。

アイントラハトフランクフルトは、1967年4月にフェアズカップでバーンリーを2-1で破って以来、初めてヨーロッパの故郷からイギリスのチームを破りました。

(Sky)

オリバー・ユー(SkySport)記者 分析

「 『エメリーアウト。戦術もフォーメーションも、隠れ場所もない』」

「それは、ウナー・エメリーの下でさらに別の後退に苦しんだので、後半に不満を抱いたアーセナルのファンによって高く掲げられたバナーに表示された言葉でした-そして、それは非常に難しいです。」

「エメリからさらに戦術的な変更があり、ダビド・ルイスを中盤での役割に移しました。この試合は、試合の早い段階で負傷のためブラジル人がフィールドから追い出されたときに終了しました。」

「ハーフタイムでリードしたにも関わらず、ガンナーズは再び方向性を欠いており、エミレーツスタジアムのまばらな観衆の前で行われたゲーム中、いかなる自信も無かったように見えた。ピッチ上では、すべてが再び混乱したように見え、アイントラハトフランクフルトがレベルを上げた後、ガンナーズは決して道を見つけるようには見えませんでした。」

「パニックはプレッシャーの下でアーセナルの防御に亀裂が入ったようになった。フランクフルトがセカンドを獲得することは避けられないようであり、カマダがアーセナルのボックスの端で北ロンドンの自由を与えられたので避けられなかった。」

「ホームファンの間で緊張が高まっており、最後のwhiが1992年以来エメリーの男たちを最悪の走りに追いやったため、クレッシェンドに打撃を与えました。人ごみが少ないにもかかわらず、ブーイングは大声でした。耳を傾ける力の時間。」

「決定的とは、一般的にエミレーツスタジアムの意思決定者に関連する言葉ではありませんが、手遅れになる前にこの状況を制御する必要があります。」

 

(Sky)

 

マーティン・キーオン コメント

 

「彼はプレーヤーを失ったようで、その欲求は消え去った」

「チームの選択、チームのモチベーション、交代、パフォーマンス、すべてがここにありませんでした。それは恐ろしいパフォーマンスでした」

「おそらくマネージャーは、彼が今脇に行く必要があると感じる立場にあると思う。深刻な質問をする必要がある。これは私が見たのと同じくらい悪いことであり、それは降格の形である。]

「決定を下す必要があります。そうでなければ、クラブはさらに順位を下げていきます。」

「ファンは[元マネージャー]テリーニールを37年前にオンにしました。それが起こったとき、私はクラブにいて、物事は非常に有毒になりました。私たちは再びそれに近づいていると思います。」

「既成の代替品がないので、時間が取れると思います。」

 

(BBC)

 

 

ウナイ・エメリ 記者会見

 

敗北しました

「こんばんは。前半でゲームをコントロールし、1つのゴールを決めました。前半は、チームとして、また個人としてパフォーマンスをどのように取ったかに満足していました。」

「後半に同じことを始めました。ゴールを決める必要がありましたが、15分後にゲームのコントロールを失い、2つのゴールを決められました。」

「最後に、怪我のために2人の選手を交代しましたが、それ以上の攻撃的な変更を行うことはできませんでした。私たちはプッシュしませんでした。実際にこの試合を引き分けたり勝つチャンスはありませんでした。」

 

プレイヤーのモチベーションについて

「私たちは、上手くプレーして勝つ必要があり、自信を取り戻し、前半にそれをしました。前半はドレッシングルームで、後半は一貫性があると言っていたと思います。」

「私たちはゲームのプッシュを開始し、ゲームの一貫性を保ち始めました。最初の5?10分でスコアを獲得するチャンスを得たのだと思います。15分で(ハーフタイム後)コントロールを失いました。」

「彼らもプッシュし、2つのゴールを決めたので、引き分けたり、勝つことができませんでした。このコンペティションでは、[グループテーブル]で引き続きトップであり、グループで最初のポジションを獲得する良い機会を失いましたが、そのポジションを継続し、次の試合について考え、3ポイントを達成し、それが可能であることを確認してください。」

 

それを好転させることができると確信しているかどうか

「今、私たちの瞬間は良くありません。勝つ必要があり、自信を得る必要があります。みんな、選手、コーチ、そして私たちのほうが優れていると思います。自信を失い、勝つ必要があります。」

「本当に、前半の反応は良かったし、後半に非常にうまくスタートしました。ムスタフィとダビド・ルイスで2回負傷しましたが、その瞬間は重要でした。負けた場合、チームを変更し、チームに選択肢を与えるために攻撃的に新しいプレイヤーが必要になるからです。できませんでした。」

 

仕事を失うことを心配しているかどうかについて

「私は最初に90分間でゲームを分析することを考えています。今日はいくつか改善しましたが、それだけでは不十分でした。」

 

自分が責任を持ち続けると思うかどうかについて

「次の試合を考えて、その試合とヨーロッパリーグを分析し、日曜日と、どのように選手との信頼を改善し達成できるかを考えています。選手たちの気持ちは少し落ち着きましたが、前半のようなパフォーマンスを続けられれば、それが道だと思います。」

 

日曜日に勝てないなら、仕事が「オンライン」であると感じたら

「しかし、私の仕事と私の仕事は最初に分析し、その試合を90分で分析し、私たちがヨーロッパでどうであるかを分析することです。リーグと私たちの気持ちもどうであり、日曜日に試合の準備をします。」

 

間違っていると思う場所について

「ここで自信を持ち、うまくプレーする必要がありました。前半は改善し、改善を確実にするためにいくつかの点も改善したと思います。しかし、前半で15分で仕事を失ったので、私たちはそれをすべてしませんでした。」

「繰り返しになりますが、前半以降は一貫性を保つためにプレイヤーと話していました。私たちは継続して前向きになりますが、本当に勝つ必要もあります。」

自信を取り戻すための最初のことは、ここエミレーツのサポーターと一緒にホームで勝利し、何よりも気分を良くすることです。これは最初に負けた試合です。しかし、本当に、おそらく今日はもっと価値があるかもしれませんが、ここで負けた最初の試合です。」

 

グラニト・ジャカの問題が今私たちの後ろにあると感じたら

「グラニトと正常性の非常に良いニュースです。彼はプレーし、彼を助け、サポーターも助けてくれました。彼らも彼を助けていると思いますし、良いニュースだと思います。」

 

ムスタフィとダビド・ルイスの怪我について

「はい、正確にはわかりませんが、彼らはその試合を終えることができず、日曜日の様子を明日見守ります。」

最近の結果で自分が犯した間違いを受け入れたり特定したりする場合は

「はい。私は、チームに対する批判を理解できます。私たちは良い瞬間ではなく、コーチとしても、自分のキャリアの中でその瞬間を経験しました。」

 

(arsenal.com)

 

新監督ニュース

 

オーナーのスタン・クローエンケは、シーズン終了までダッグアウトに変更を加えることを望んでいましたが、ここ数週間で結果が驚くほど悪化しました。

そして、あらゆる変化が士気を高め、トップ4のフィニッシュの希望がさらに後退する前にパフォーマンスを改善するための衝撃を与えるのに役立つという感情が高まっています。

最初のチームコーチであるフレディ・ユングベリは、無敵時代のヒーローであり、取締役会がエメリにチョップを与えることを決定した場合、暫定的な役割に踏み出す候補者になります。

アーセン・ヴェンゲルのコーチングスタッフで長年務めた別の元プレーヤーであるスティーブ・ボールドは、クラブに残りますが、ユングベリに道を譲るために今年初めにトップチームから離れました。

 

(DailyMail)

 

ヌーノ・エスピリト・サントのオッズさらに下がる

 

Sun

 

Ladbrokes次期監督オッズは、ヌーノ・エスピリト・サントが2.00倍から1.80倍に下がった。

さらにミケル・アルテタが5.50倍、フレディ・ユングベリが6.50倍で下がり、マッシミリアーノ・アッレグリとマウリシオ・ポチェッティーノは9.00倍で上がった。

日曜日のノーリッジ戦前に、解任されるというオッズでは1.50倍になっている。

 

(Sun)

 

悪いときは、どんどん悪くなるねー
早く断ち切った方が良いと思うけどね

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事