アーセナルvsトッテナム 9月1日24時30分
スポンサーリンク

アーセナル情報(8月30日)

 

Twitter.com/arsenal

 

 

ヨーロッパリーグ 組み合わせ決定

 

グループA:セビージャ、アポエル・ニコシア、カラバッグ、F91デュデランゲ

グループB:ディナモ・キエフ、FCコペンハーゲン、マルモ、ルガーノ

グループC:バーゼル, クラスノダール, ヘタフェ, トラブゾンスポル

グループ D:スポルティング・リスボン、PSVアイントホーフェン、ローゼンボル、ラスク

グループ E:ラツィオ、 ケルト、 レンヌ、 クルージュ

グループF:アーセナル、アイントラハト・フランクフルト、スタンダード・リエージュ、ヴィトリア

グループG:ポルト, ヤングガンズ, フェイエノールト, レンジャーズ

グループH:CSKA モスクワ, ルドゴレツ, エスパニョール, フェレンツヴァロス

グループI:ヴォルスフブルク, ゲント, サンテティエンヌ, オレクサンドリヤ

グループJ:ローマ、ボルシア・メンヘングラートバッハ、イスタンブール・バサクセヒル、ヴォルフスベルガーAC

グループK:ベシクタス、ブラガ、スロバン・ブラチスラヴァ、ウルブス

グループL:マンチェスター・ユナイテッド、FCアスタナ、パルティザン・ベオグラード、AZアルクマール

 

アーセナルは昨シーズン、準決勝でチェルシーにPK戦で敗れたアイントラハト・フランクフルトと対戦

フランクフルトはガナーズがヨーロッパで出会った9番目のドイツのクラブで、昨シーズンベルギー1部で3位に入ったリエージュは元ベルギー代表GKミシェル・プルードが管理している

3シーズン連続で出場しているエメリーのチームもポルトガルに渡り、ギマラエスでヴィトリアと対戦する

マンチェスター・ユナイテッドは、カザフスタンのアスタナと対戦する。往復6000マイルに直面しており、9時間以上のフライトをしなければならない

ユナイテッドのグループL第3戦であるAZアルクマールは、8月初めにグラウンドの屋根が強風のため崩壊した

ウルブズは、プレーオフでセリエAのトリノを5-3で破るなど、グループステージに進出するためにすでに3試合戦っている

そして、ヌーノ・エスピリト・サントのチームはグループKのトルコ、ポルトガル、スロバキアを訪問します

アーセナルは前シーズンのファイナリスト、マンチェスターユナイテッドは2016-2017シーズンチャンピオン、ウルブスは1980年以来のヨーロッパ大会

(BBC)

 

ノースロンドンダービー プレヴュー

 

出場不可もしくは出場が危ぶまれてる選手

アーセナル

キーラン・ティアニー、エクトル・ベジェリン、ディノス・マヴロパノス、ロブ・ホールディング、エミールスミス・ロウ

トッテナム

カイル・ウォーカー=ピータース、エリック・ダイアー、ライアン・セセニョン、フアン・フォイス

oputa統計

 

アーセナルはライバルのスパーズ(W2 D5 L3)とのプレミアリーグ直近10試合でわずか2勝を挙げ、両チームとも過去2シーズンでエミレーツで勝利を収めている

スパーズは2010年11月にアーセナル(W1 D10 L15)を0-2で下し、3-2で勝利した直近26回のプレミアリーグ訪問のうちの1試合を勝利している

ハリー・ケインはアーセナルとのプレミアリーグ9試合で9得点を挙げており、ウェイン・ルーニー(12)とロビー・ファウラー(10)に近付いている。

クリスティアン・エリクセンは、トッテナムのプレミアリーグで50得点を挙げる5人目の選手になることから1点離れている。しかし、アーセナルとの対戦では11試合に出場して得点を挙げたことはない。

 

チャーリー・ニコラス予測

 

先週のリバプール戦にこれ以上期待したとは言えません。アーセナルは申し分なくプレーをしました。 ダビド・ルイスは愚かなミスで我々を犠牲にしたがそれは時々彼がすることでもあります。アーセナルは何も値しなかったが、彼らを脅かすことはできた。

ウナイ・エメリはアレクサンドル・ラカゼットを最初からプレーさせなかったし、ダニ・セバージョスはもっと前進するべきだった。ピエール=エメリック・オーバメヤンとニコラス・ペペにはチャンスがあったし、私はあまり失望した気持ちを持っていなかった。恥ずかしいとは思わない

エメリは選手たちを十分に信用していない。彼はいつもラカゼットを除外し、ペースを保つ傾向がある。ジョー・ウィロックは大丈夫でしたが、ボールにあまりタッチできませんでした。あなたは最高の攻撃者とこれからのゲームに行く必要があります。

私はいつも中央にラカゼット、右にペペ、左にオーバメヤンのプレイを期待していました。トッテナムは現時点でナーバスになっているし、ミスをする可能性は高い。セバージョスも前線の3人に近づく必要がある。

予想スコア4-2

(Sky)

エジルの状態

 

エメリは、エジルが最新の病気の後スパーズに対して開始するのに十分な強さになるかどうかまだ分かりません。
30歳のエジルは、6年前にアーセナルと契約して以来、96試合を欠場しているが、その間に大怪我を負ったのは1回だけだった。

彼の不在の大半は謎のウイルスやマイナーな病気によって説明されているが、エメリは昨シーズンも戦術的な理由で選手を外したと認めている。

エジルとチームメイトのコラシナツは、不穏なカージャッキングに関与した後、セキュリティ上の懸念のためにニューカッスルでのシーズンの開幕戦から外された。

しかし、コラシナツはバーンリーとリバプールとの試合のためにチームに戻ったが、エジルは病気のためトレーニングを妨げ続けた。

昨年1月にエジルに週35万ポンドの新契約を与えた3週間後、アーセン・ヴェンゲルは「メストの免疫システムは現時点では少し問題を抱えている。医学的に改善できたらいいなと思います」

(sun)

エメリは昨夏エンゾンジを欲しがっていた

 

ウナイ・エメリは非常に特定のタイプの守備的ミッドフィルダーを好んでおり、フィジカルが強くジャンプしてヘディングした時にボールを支配できる背の高い選手を望んでいた

元セビージャでエメリの教え子だったエンゾンジ(30歳)は身長197cmで望んでいるプロフィールにフィットしていた

しかし当時のスカウト部長だったスヴェン・ミスリンタットと分析の専門家、ジェイソン・ローゼンフェルドは、すでにトレイラを耳にしていた

スカウトの専門家はエメリに168cmのトレイラ(23歳)の獲得をすすめエメリと協議し最終的にはエメリの心を変えました

彼らはトレイラのサンプドリア時代のボール奪取数とタックル成功数の数字だけでなく、奪った後にポゼッションを取り戻し攻撃を仕掛ける事が出来る彼の能力に惹かれました

また昨夏の獲得時におけるトレイラの年齢も重要なポイントでした

(sun)

 

モンレアルはどうなるのか?

 

レアル・ソシエダはナチョ・モンレアルとの契約を争っていると伝えられており、ウナイ・エメリを穴に陥れる可能性がある

ガナーズは夏にキエラン・ティアニーと契約し、スコットランド代表(22)に大きな期待を寄せられている

しかし、元セルティックのDFが股関節の怪我で9月下旬まで離脱し、モンレアルは左サイドバックで先発している

それにもかかわらず、ソシエダが来週のヨーロッパの締め切り前に33歳を上陸させてくれると主張している。

グラニト・ジャカは昨シーズン、緊急フルバックとして配備され、エクトル・ベジェリンは復帰の道を歩んでいる

しかし、エメリはモンレアルが去れば、すでに不安定な守備の左側に大きな問題に直面するだろう

( Evening Standard)

 

 

モンレアルの最終試合になるのか?それとも残留して冬の移籍?
カラバオカップもELも相手が決まりましたね、遠くのチームじゃなくて良かったですね!

さあいよいよ明日、ノースロンドンダービー勝利へ!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事