アーセナル移籍金まとめ
スポンサーリンク

アーセナル獲得選手

 


引用先 twitter.com/arsenal

 

ガブリエル・マルティネッリ(18)
600万ポンド
ダニ・セバージョス(22)
レンタル
ウィリアム・サリバ(18)
2700万ポンド(分割)
二コラ・ぺぺ(24)
7200万ポンド(分割)
キーラン・ティアニー(22)
2500万ポンド(分割?+OP?)
ダビド・ルイス(32)
800万ポンド 

アーセナルの合計支出(単年)
※あくまで推定値による推測です

 

サリバは手付金は払ってると思うので
500万ポンド

ペペは情報通りだと
2000万ポンド

ティアニーが難しいところだが
ここでは全額2500万ポンドで

合計6400万ポンド

 

そこから売却分5550万ポンド

イウォビ 3500万ポンド
ビエリク 1000万ポンド
コシエルニー 460万ポンド
オスピナ 370万ポンド
ジェンキンソン 220万ポンド

イウォビはオプション分があるので
2800万ポンド

合計4850万ポンド

そこにミランに移籍のべナセルの
オプション分が330万ポンド位かなー

合計5180万ポンド

収支▲1120万ポンド

実際はぺぺの時の仲介代理人手数料
などもあってもっと支払あるのだろうがこの後エルネニーとムスタフィを売却
出来たらプラスになるよな

 

そうなると当初の移籍予算といわれてた
4500万ポンドそのまま残るよね

冬の移籍獲得も出来るだろうし
サリバの残金一括払いできるだろうし
そのまま来夏予算に組み込んでも来年の分割支払いは2400万ポンド位だと
思ってるのだが払ったとしても
CL権獲ったらそれなりに予算あるような

ヴェンゲルーガジディス時代とは違った
エメリーサンジェイの凄さを見たなんせ監督の要望をあの予算で
全部叶えてしまうとは

 

しかもぺぺを獲得するとは
サンジェイの人脈と交渉力には脱帽です

今でもアーセナルに興味や憧れをもった
フランス系やアフリカ系の選手がいるのは
ヴェンゲルの功績だし
活躍したOB達のおかげですね

しかし、情報がほとんどなかった
ぺぺとダビド・ルイスの獲得
イウォビの売却はビックリでしたエキサイティングな夏でした!!

スポンサーリンク
おすすめの記事