アーセナル移籍期間終了 さらなる前進へ
スポンサーリンク

アーセナル改革

 

Twitter.com/arsenal

 

アーセナルは今夏若返りをはかった

 

ヨーロッパ移籍期限最終日にヘンリク・ムヒタリアンはローマへレンタル移籍した。今夏チームを去る25人の選手一人となり、クラブの新しいチームビルディングへのアプローチを要約する動きです

30歳のムヒタリアンが移籍することで、アーセナルは賃金を下げるだけではなく、ジョー・ウィロックやリース・ネルソンのような若いアカデミー卒業生のプレー機会を増やす

急激な変化

 

25人の選手がレンタルを含めてクラブを去った。ムスタフィにふさわしいクラブを見つける事ができたり、エメリとエジルに公的な助言をするものが現れたらさらに増えただろう

アーセナルは入団させる事にも忙しく、リールから7200万ポンドで二コラ・ペペとサインする移籍金記録を更新し、左SBのキーラン・ティアニーと18歳のCBウィリアム・サリバ(1シーズンレンタル)に多額のお金を払った

ぺぺは開幕から注目を集め、ノースロンドンダービーでアレクサンドル・ラガゼットにアシストし、キーラン・ティアニーが怪我から回復してる間ダビド・ルイス、ダニ・セバージョス、ガブリエル・マルティネッリのデビューを行っている。エメリの新しい外観の側面を形どっている

入退団選手

 

IN:ガブリエル・マルティネッリ、ダニ・セバージョス、ウィリアム・サリバ、ニコラ・ペペ、キーラン・ティアニー、ダビド・ルイス

総出金額:1億3800万ポンド

OUT:アーロン・ラムジー、ステファン・リヒトシュタイナー、ペーター・チェッチ、ローラン・コシエルニー、コーエン・ブラモール、フリオ・プレゲズエロ、チャーリー・ギルモア、デビッド・オスピナ、ダニエル・バラード、ジョルディ・オセイ・トゥトゥ、ベン・シェフ、ザビエル・アマエチ、クリスティアン・ビエリク、ダニー・ウェルベック、ドミニク・トンプソン、フォンテ・デイリー・キャンベル、エディ・エンケティア、アレックス・イウォビ、ナチョ・モンレアル、ヘンリク・ムヒタリアン、モハメド・エルネニー、ケレチ・ヌワカリ

入金額:5600万ポンド

※移籍データベースのすべての数値。参照される手数料にはアドオンが含まれますが、レンタル取引は含まれていません。

 

プレイヤーの変更

 

エミレーツスタジアムの選手の離職率は今夏だけではなくここ数年で急速に行われている。2017年のFAカップ決勝でチェルシーを破り優勝した試合を振り返ると、この変化がよくわかる

アーセナルは、アーセン・ヴェンゲルに代わってウナイ・エメリが監督になった他、ベンチを含めた18人の選手のうち14人が移籍した

今でも在籍してるのは、ロブ・ホールディング、エクトル・ベジェリン、ジャカ、エジルです

アーセナルFAカップ2017ファイナル

GK オスピナ

DF ホールディング メルテザッカー モンレアル

MF ベジェリン ラムジー ジャカ チェンバレン

OMF エジル サンチェス

FW ウェルベック

SUBS チェフ コクラン エルネニー ジルー ペレス イウォビ ウオルコット

 

経験よりも若手へ

 

モンレアルがレアル・ソシエダに去ったということは2013年に加入したエジルが最も長く活躍した選手になる。夏の初めには移籍の憶測対象になっていたが、動きは実現しなかった

経験豊富なエジルよりもエメリは若い選手を好んで選択しており、シーズン最初の出場が待たれています

リヒトシュタイナー、コシエルニー、ムヒタリアン、オスピナ、モンレアルと、30歳以上の選手5人を売却またはリリースしている。32歳のダビド・ルイスはチェルシーから来たが、その他の30歳以上の選手はオーバメヤン、エジル、ソクラティスだけだ

チームは若々しい感じを持っています。ダビド・ルイスを除いて、彼らの夏のサインは平均年齢21歳です。また、ポジションを争うアカデミー卒業生の有望な選手がいます。ウィロックとネルソンは今シーズンすでに感銘を受けており、エミール・スミス・ロウとブカヨ・サカも並んでいる

ウィロックとネルソンがニューカッスルで新シーズンの開幕週末に先発したのは、アーセナルが2人のイングランドのティーンエイジャーを先発に指名した1998年2月以来の初めてだった

 

劇的な変化は舞台裏で支えている

 

かつてヴェンゲルは強力な権限を持った監督でしたが、今ではチーム全体がオフフィールドの問題を世話し、エメリ監督がピッチで起こることだけに集中し、アーセナルを市場でより効率的にする。

ラウル・サンジェイは、最高経営責任者のヴィネイ・ヴェンカテシャムとテクニカルディレクターのエドゥの助けを借りて、フットボールのヘッドとしての彼の役割で夏のビジネスを監督しています。

ブラジル人は、今年初めに元リクルート部長スヴェン・ミスリンタットが去った後、7月に任命された。今の希望は、アーセナルが長期的に正しい方向に動き続けるためにすべての部分を持っていることです。彼らの未来に向けたチームを築く努力は始まったばかりです。

(Sky)

 

2~3年後への希望がありますよね!
今回、若手を4人上げたがまださらにサカやグリーンウッドなど有望な選手もいるし今後はピンポイント補強でよくなり一人に大きな額を使えるようになるし、改革としてはいい方向に向かってると思う
マンUより全然スムーズに改革はいい方向にいっている

 

 

アーセン・ヴェンゲル インタビュー

 

ヴェンゲルはラファエル・ベニデスの退団後にニューカッスルからオファーを受けたりヨーロッパ各地のフロントとコーチングの仕事につながっている

2022年のワールドカップであなたは、観客として見ていますか?それともチームのために働いてますか?

「私は最後の仕事に十分な時間(および距離)を持ち(見通しを与えるため)、それに反対しません。」

「世界一のサッカー選手がサッカーをするのはマネージャーの仕事だと感じたので、常にワールドカップ(決勝)に行きたかったと言わなければなりません。」

「あなたが幸運を祈ってくれれば、うまくいけば3年後にカタールで私を見るでしょう。」

「まだ試合に復帰する準備が整っていないので素晴らしいオファーを拒絶していたが、またダグアウトで会えるだろう」

「私には二度とベンチに入らないという事実にはまだ耐えられない。またセンターの位置で座りたい。」

「私が確かに望むのは、自分が知っていることと、試合で出来る限り学んだことを分かち合う事です。」

「もう一度競技の激しさを体験したい」

(Sky)

 

 

日本代表待望論はずっと出ていますね
もしやって結果がでなくてもヨーロッパで大ブーイングにもならないし、若手や監督を育てて欲しいし、最後のキャリアとしてもいいんじゃないかな。
現実的にはイングランド代表あたりを狙ってるのかな?

 

 

今夏、アーセナルに噂になった選手は今?

 

トーマス・ムニエ パリ・サンジェルマン

ジョアン・ジョルダン エイバル→セビージャ

ヤニック・フェレイラ・カラスコ 大連一方

サミュエル・ユムティティ バルセロナ

ニコロ・パレッラ カリアリ→インテル(レンタル)

デニス・プラート サンプドリア→レスター

ヨハヒム・アンデルセン サンプドリア→リヨン

トーマス・ストラコシャ ラツィオ

ロレンツィオ・ペッレグリー二 ローマ

マリオ・ゲッチェ ドルトムント

ハキム・ツイエク アヤックス

ダビッド・ネレス・カンポス アヤックス

マーカス・シューベルト ディナモ・ドレステン→シャルケ

ライアン・フレイザー ボーンマス

レイニエル・ジェズス フラメンゴ

アレクシス・クロード=モーリス ロリアン→ニース

ブレスネル・キンベンぺ パリ・サンジェルマン

ウィルフレッド・ザハ クリスタルパレス

ダン=アクセル・ザガドゥ ドルトムント

ユリアン・ヴァイグル ドルトムント

ケイタ・バルデ・ディアオ モナコ(インテルからレンタルバック)

エライ・キュマルト バーゼル

ヤコブ・ブルーン・ラルセン ドルトムント

リカルド・ロドリゲス ミラン

ジャロッド・ボーウェン ハル・シティ

エリック・プルガル ボローニャ→フィオレンティーナ

ルーカス・バスケス レアル・マドリード

ナビル・フェキル リヨン→ベティス

ハリー・マグワイア レスター→マンチェスターユナイテッド

マルセロ レアル・マドリード

マウコム バルセロナ→ゼニト・サンクトペテルブルク

ワルテル・カンネマン グレミオ

ティエムエ・バカヨコ チェルシー→モナコ(レンタル)

ルベン・ディアス ベンフィカ

エヴェルトン グレミオ

モイーズ・キーン ユベントス→エバートン

ダニエレ・ルガーニ ユベントス

サミ・ケディラ ユベントス

ダヨ・ウパメカノ ライプツィヒ

 

~フリー選手~

ヤシン・プラヒミ ポルト→アル・ラーヤン

アドリアン・ラビオ パリ・サンジェルマン→ユベントス

ガリー・ケイヒル チェルシー→クリスタルパレス

ダニエウ・アウベス パリ・サンジェルマン→サンパウロ

※噂になった選手全員ではありません

 

どれだけゴシップの多いことかw
ただの調査対象だけの選手も多いだろうしな

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事