アーセナル1-0ボーンマス
スポンサーリンク

凡戦だけど3位!なぜかシティと1差

 

twitter.com/arsenal

 

ウナイ・エメリ 記者会見

 

試合について

「ここでプレイした最初の4試合はバーンリーを破り、トッテナムは2-0で前半を折り返した後2-2で引き分け、アストンヴィラは1人少ないプレイヤーで3-2を勝ち取りました。」

「それが難しいことを知って、試合をよりよくコントロールします。前半では、非常に優れた組織でディフェンシブに非常に強力にコントロールし、チャンスを彼らに譲りませんでした。」

「1つの目標を獲得し、2番目の目標を獲得する可能性がありました。私たちは改善したいと話していましたが、改善することができました。後半は自信を持ち、ボール、コンビネーション、コントロール、そしてボールでのアクションを止めることで自信を保つ非常に良い機会でした。」

「前半でそれをしましたが、後半では、最初のチャンスが非常に早く到着したためか、その自信が少し失われました。若い選手がたくさんいるので、経験を積んで、時間がかかり、ピッチ内でその困難を知る必要があります。」

「プレミアリーグのすべてのチームに対して、そのようなものです。なぜなら、それは最も重要かつ最も難しい国内競技だと思うからです。私たちはその結果に非常に満足しており、前半の仕事に誇りを持っています。また、後半の[パフォーマンス]を改善するために自分自身が私自身に非常に批判的です。」

3位が公正な反映であるかどうかについて

「それが今日の目標でした。勝てば、3番目になると思いました。私たちの自信と方法のために、それは重要でしたが、そのプレッシャーを感じていませんでした。」

「後半に、私たちは1-0で勝っていました。しかし、私にとっては、特に若い選手たちにとっても、私たちにとっても、もう一歩です。それは私たちの目標であり、相手が押し込んできても、その瞬間を恐れませんでした。本当に、後半、分析、改善、そして改善できると思いますが、90分後には勝つに値すると思います。」

後半でプレーヤーがリラックスしすぎていた?

「私たちがボールを持っていたとき、最初は落ち着いていて、ボールを保持するためにピッチの良い位置にいました。後半にプレスをしていたとき、1つの長いボールでプレスを壊し、セカンドボールを取り、ボールをキープして試合をコントロールし、2点目のゴールを決めようとしていた。」

「私たちがボールを持っていなかったとき、彼らは私たちに対して非常に速く攻撃してきたので、強く組織化する必要がありました。彼らはボックスに入ってきたので、その瞬間、私たちは前半のように彼らを止めるために集中しなければなりませんでした。ボールを持ち前半のように、押し込んでいけばもっと落ち着き、もっと良くなると思います。」

アーセナルが負ける可能性もあったように思うが?

「現時点では、私たちはバランスが取れており、各試合について考えるつもりです。ボーンマスは非常に優れたチームであり、11ポイントを持ち、アストンヴィラとサウサンプトンに勝ちました。彼らには各国代表の優秀なプレイヤーがいます。非常に大きなクオリティです。」

「私たちはチームをより高いクオリティでプレイし、一部はそうだが、一部はより低クオリティでプレイしますが、若いプレイヤーと一緒にプレイし、チャンス、時間、経験を与えます。それらの試合はすべて重要だと思います。」

ダビド・ルイスがアーセナルの最初のゴールを決めたとき?

「最も重要なことは、多くのコーナーを攻撃的にすることです。この試合では、前半には多くのコーナーがありましたが、後半には少ないコーナーがありました。そのコーナーを取っているとき、得点することができます。今日私たちはそれをしました。スコアリングするさまざまなプレーヤーに自信を持つことが重要です。」

ダビド・ルイスがドレッシングルームで人気を博していることについて?

「はい、彼は非常に前向きだからです。彼は常にポジティブなことについて話し、若い選手たちを助けています。彼はチームに遅れて入ったが、実際、彼のコミットメントは私たちと非常に高く、彼の行動も非常に高い。誰もがそれに満足しています。」

アーセナルが90年代にやったように、チームが1-0で勝ちたいのであれば?

「それはわかっています!しかし、私たちの目標は勝つことですが、勝つ方法も非常に重要です。」

今日、ディフェンダーを賞賛すべきかどうか?

「はい。プレミアリーグでここでプレイしたすべての試合、最後にプレイした試合を覚えています。ヨーロッパリーグとカップで2試合を行い、4-0と5-0で勝ちました。また、その速度を覚えて改善することができます。」

「プレミアリーグのレベルは、ノッティンガムフォレストやスタンダードリエージュとのカップ戦以上のものですが、90分間でスタイルを変え、チャンスを作り、競争力を保ち、一貫性を保ちたいと考えています。私たちはそのように行いたいです。」

「私たちの目標は、まず勝つことで、その後、そのようにすることでした。前半でそれを行いました。後半では、彼らのゲームプランでいくつかの瞬間にプッシュしていたとき私たちは苦労した。」

「私たちは守備的に強固で強力でした。前半は、「プレイしたい」方法の良い例でした。私は自分自身に非常に批判的ですが、私たちも前向きになれると思います。」

「現在、私たちは表の3番目です。若い選手がたくさんいて、彼らは良くなりつつあり、前向きなことがたくさんあります。マテオを19歳か20歳だと忘れることもありますが彼は非常に若い選手であり、進歩しています。ルーカス・トレイラもまだ若いです。」

ゲンドゥージの後半のブロックについては?

「例えば、後半では、ボールをもっとコントロールしたかったのですが、マテオとセバージョスとつなげる必要があります。最初のラインを壊してからつながるには、センターバックとジャカのサポートが必要でした。」

「試合をコントロールするためにクオリティと能力を使うのではなく、私が望んでいたよりもロングボールを使ったのかもしれません。しかし、マテオは大きく改善しており、昨年以降、戦術的には守備の瞬間、そしてボールの扱い関しても大きく改善していると思います。彼が必要です。」

どのようにベジェリン、ティアニー、およびホールディングを守備にに導くかについて?

「それは彼らとの1つのプロセスです。キーランとロブはプレーするのは近い。ロブ・ホールディングは、良いパフォーマンスで90分プレイできると思います。現在、ダビド・ルイスとソクラテスとも協力していますが、実際、私はとても幸せです。」

「多くの試合をする機会があります。キーラン・ティアニーは私たちに近いです、彼は木曜日にプレーしました、そして、今日、彼が必要なので彼はベンチにいました。エクトル・ベジェリンは、もう少し時間、試合、トレーニングが必要です。このインターナショナル・ブレイクは彼にとって重要になるでしょう。彼はプレミアリーグの次の試合で私たちのためにスタートすることに近いと思います。」

どのようにインターナショナル・ブレイクを過ごすかについて?

「私も休むつもりです。通常、私は数日間スペインに行きます。ただし私たちは仕事をするつもりで、私の心は今シェフィールドにあります!」

(arsenal.com)

ダビド・ルイス インタビュー

 

アーセナル勝利に値しますか?

「はい、そうだと思います。前半はもっと得点できたかもしれませんが、ゲームをコントロールしました。後半は典型的なプレミアリーグの試合でした。ボーンマスには素晴らしい選手がいるので、後半はより困難でした。」

「彼らはいくつかのチャンスを作り出しました、私たちもいくつかのチャンスを作り出しました、そしてそれはいつもそのようなものです。試合を殺す機会があるときは、試合を殺そうとする必要があります。」

「そうでない場合、すべてのチームが良い状態に戻ってくるクオリティを持っています。後半では、彼らは良い状態で試合をしていましたが、私たちはクリーンシートを保持してゲームに勝つのに十分な強さでした。」

後半にどれだけ集中する必要があるかについて

「1-0の場合、失点しなければ試合に勝つ。私はそれについて詳細を述べます。我々のスタイルはボールを持ってプレーすることですが、1-0で勝たないといけないと理解するのが良い場合があります。」

「セバージョスやマテオは、我々をサポートしながらミッドフィルダーとしてプレイして戦っていた。オーバメヤンが3人のDFにプレッシャーをかけるのを見て、それがチームのスピリットだと思います。この種のゲームは、私たちに将来のために多くのことを与えます。」

最初のアーセナルでのゴールはいかかですか?

「それは驚くべき感覚です。ここに来てとても嬉しくて、最初のゴールを決めて勝つための助けになれてとても幸せです。」

プレミアリーグの5試合で無敗になりました?

「毎週、すべての試合で改善しようとしていると思います。また、私たちはヨーロッパリーグでいくつかの試合をし、チームを変更しましたが、結果は驚くべきものでした。それが今日のアーセナルの意味です。私たちはチーム全員に質の高い選手がいるので、誰でもプレイできます。誰もがチームを助けようとしています。」

(arsenal.com)

 

twitter.com/arsenal

 

アーセナル1-0ボーンマス

 

ダビド・ルイス(9分)

 

スタッツ

 

アーセナル ボーンマス

ポゼッション率 52.5% 47.5%

シュート数 12本 10本

枠内シュート数 2本 2本 

パス成功率 75.2% 76.9%

キーパス 10本 8本

コーナー 14本 5本

ファウル 12回 6回

 

プレイヤーレイティング

 

レノ(7)

チェンバース(7) ソクラテス(7) ルイス(7) コラシナツ(7)

ゲンドゥージ(6) ジャカ(6) セバージョス(7)

ぺぺ(6) オーバメヤン(6) サカ(6)

SUBS マルティネッリ(6) ウィロック(6) トレイラ(6)

 

MOM カラム・チェンバース

チェンバース自身は右サイドバックというポジションは好んでないだろうが、ボーンマスに対して良い出来だった。ハイライトは重要なクリアをしたことだったが、攻撃に関しても突破を見せ、オーバメヤンがプレーしやすいようにしていた。

 

twitter.com/arsenal

 

統計

 

アーセナルはボーンマスとの全試合でホーム6試合全てに勝利している。

ボーンマスは「ビッグ6」チーム(W1 D0 L13)とのアウェイ14試合で13敗している。
マン・シティ戦(9)のみで、ボーンマスはアーセナル戦(7)よりもプレミアリーグの試合で負けている。

ボーンマスはプレミアリーグで25試合に出場して最初に失点すると(W0 D5 L20)。

 

チェンバース インタビュー

 

ダビド・ルイスについて

「ダビドは素晴らしかったし、彼は入ってきて、クラブの誰も彼について悪い言葉を持っていない。」

「彼は私が会った中で最も素敵な人の一人で、あなたに話し、あなたにアドバイスを与え、誰もがあなたに彼の細心の注意を与えているように感じさせます。

「ピッチ外では彼は素晴らしい選手だし、ピッチ上では彼の資質を持ち込み、現時点では良いプレーをしている。

「彼は経験を積み重ね、明らかに彼は勝ったし、彼ほど多くを勝ち取っていないので、ピッチ内外で彼から学ぶことは、チームでそういう経験を持つことは常に良いことだ」

チームについて

「はい、我々には本当に強いチーム、多くのクオリティの高い選手がいます。」

「我々はクオリティを持っていることを知っているし、我々はそれを見ることができる、我々は一生懸命働き、自分自身を信じていれば、結果が出続けるだろう。」

 

(Sky)

 

twitter.com/arsenal

 

今後の予定

 

10月21日(月)シェフィールド・ユナイテッド(アウェイ)

10月24日(木) ヴィトリア・ギマランエス(ホーム)

10月27日(日) クリスタル・パレス(ホーム)

10月30日(水) リバプール(アウェイ)※カラバオカップ

11月2日(土) ウルブス(ホーム)

11月6日(水) ヴィトリア・ギマランエス(アウェイ)

 

エメリの第一目標は、クリーンシートなのだろうか?
4-3-3でずっといくのなら、エジルはもう怪我人でない限り使わないかな
ブレイク明けの全員そろった段階で、どうするのかだな

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事