アーセナル3-2アストン・ビラ ぺぺ初ゴール!
スポンサーリンク

酷い試合...エメリに疑問も だが勝利!

 

Twitter.com/arsenal

 

アーセナルの守備はスリラー

 

アーセナル3-2アストン・ビラ

メイトランド=ナイルズ(41分退場)
ぺぺ(59分PK)
チェンバース(81分)
オーバメヤン(84分)

マクギン(20分)
ウェイスリ(60分)

アーセナル アストン・ビラ

ポゼッション率58% 42%
シュート数 21本 14本
枠内シュート数 6本 9本
パス成功率 85.2% 81.1%
コーナーキック 9本 4本
ファウル 13 15

プレイヤー レイティング

レノ(6)

ナイルズ(4) ソクラティス(5) ルイス(6)コラシナツ(6)

ゲンドゥージ(6) ジャカ(4) セバージョス(6)

ぺぺ(6) オーバメヤン(6) サカ(6)

SUBS チェンバース(7) ウィロック(7) トレイラ(7)

MOM マクギン BBCはゲンドゥージ(ボールタッチ数とパス成功率がトップ)

(Sky)

 

Sky インタビュー

 

ウナイ・エメリ

メイトランド=ナイルズについて

「なんとかできると思っていました。彼はその選手に触れなかった。彼はボールに触れた。レフリーの判断を受け入れなければならなかった」

ディーン・スミス

「エミレーツで勝つチャンスはこれ以上ありません。ゴールを決めると、彼らは10人に下がった。私たちは2点目を得るために出て行くべきだったとき、私たちは後退しました。我々は間違いを犯した。」

「我々は彼らに3点を与え、後半にあまりにも深く落ち込み、我々が持っていたリードにしがみつきました。ハーフタイムの直前に、ちょっとしたバスケットボールの試合になったと思っていました。チャンスを最大限に生かすことができなかったし、システムを失った。」

「最終的にミッドフィールドから飛び出し、彼らは私たちを通してプレーしました。彼らは競争できることを知っているので、ひどく残念なドレッシングルームですが、後半の信念を失いました。 ホームゲームは非常に重要になります。すべてのゲームにチャンスがあり、このリーグのマンシティとリバプールを除いて誰も恐れていません。」

カラム・チェンバース

「とても嬉しいです。彼らが2点目をあげたので、物事を正しく行わなければならなかった。我々はそこに固執し、一生懸命働き、最後はそれに値する。」

「クラブとチームとしての勝利は我々にとって大きなもの。私たちは、クオリティとスピリットを持っています。勢いをつけるため深く立場を固守しました。」

(Sky)

 

BBC インタビュー

 

ウナイ・エメリ

「90分間で多くのことが起こった。11対11の時は、途中でボールをたくさん失い、チャンスを与えてたので、自分たちの思い通りの試合をコントロールできなかった。攻撃してボックス内でボールを奪うことができた時は、あまり悪くなかったし、得点のチャンスも作っていました。」

「ゴール後は落ち着いて改善することができ、レッドカードは考え方を変えた。後半は頭を使って、心を持ってプレーする必要がありました。私たちは、いくつかのリスクを取るためにサポーターのプッシュを必要としていました。」

守備について

「チームスピリットは素晴らしかったし、我々は仕事を続け、物事を改善する必要がある」

「アストン・ヴィラは良いチームであり、組織化されたチームです。この後、私たちは改善し、強くなることを願っています。サポーターと一緒に試合に向けて強く、うまくいけば良くなると思います。」

「守備を改善することが課題です。彼らは得点するチャンスがあまりなかった」

ジャカにブーイングがおきていたが?

「私の意見は、我々はサポーターを必要とし、我々はサポーターが各選手を助ける必要があります。」

「彼はここで大きなコミットメントを持っている。彼はきっと最高のことを成し遂げるだろう。私たちはプロです。彼は経験豊富な選手だ。」

「彼は時々我々が批判されることを知っている。私たちは成熟し、働き続ける必要があります。私は彼を支持するつもりです。彼は良い選手だ。」

ディーン・スミス インタビュー

「失点を見るとずさんだった。我々はペナルティを与え、フリーキックを与える。2点目は、タイロン・ミンズがニール・テイラーにヘディングを決め、コーナーに出すべきだった。」

「(ソクラティスに対するハンドボールの)ペナルティだと思った。ゴールに向かうボールに傾いた。腕に当たったので、なぜそうでなかったのか分からない。しかし、最近、ボックスの中のハンドボールについて尋ねている場合、私は何が正解か知らないし、誰も知らないと思います。主観的なものをいくつか見てきました。彼らがテレビ画面で良いビューを得るならば、彼らはオンフィールドレフリーを無効にする必要があります。」

(BBC)

統計

 

・アーセナルは2018年12月以来ハーフタイム後に逆転でプレミアリーグの試合に勝利した(エミレーツで4-2対スパーズ)

・ピエール=エメリク・オーバメヤンはアーセナルの全試合で直近16試合で16得点を記録し、ここ4試合連続で5ゴールを記録している

アーセナルのニコラス・ペペは、昨シーズンの開始以来、ヨーロッパリーグのトップ5に入ってから10回のペナルティを獲得している。ルカ・ミリボイェビッチ、ファビオ・クアリアレッラと共に、最も多い

・ブカヨ・サカはアーセナルでのプレミアリーグ初先発の日に3番目に若い選手となった。セスク・ファブレガス(17y 104d)とテオ・ウォルコット(17y 212d)

・アインズリー・メイトランド=ナイルズは2019年にプレミアリーグで2度退場となった。2013年のローラン・コシエルニー以来、同じ年に複数のレッドカードを受け取った最初のアーセナル選手(2人)

(BBC)

 

4-3-3に対応できるのは前線だけですって
結局アンカーやCBに負荷がかかりすぎるので、昨シーズンのように4-2-3-1や3-4-1-2に戻さないと特にジャカじゃ無理現在いる選手に対して戦術があってないし、ディフェンスラインの選手が復帰しないと厳しい状況か
戻ったあとに、ルイスとトレイラでボランチ組んだりしたら良いと思うけどねそれでも勝てて4位ってところが唯一の救いですね
次は中1日のカラバオでホールディング、ベジェリン、ティアニー、マルティネッリが活躍するのを期待!

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事