アーセン・ヴェンゲル ブリティッシュコア
スポンサーリンク

ヴェンゲル&アデレード インタビュー

 

metro

 

 

ヴェンゲル インタビュー

 

エミレーツには行かないのか?

「クラブの一部の人たちと連絡を取り合ってきましたが、入ったり出たりするのにはまだ早いと感じました。ウナイ・エメリの影を薄くしたくないのでエミレーツには戻ってない。」

「仕事に来ている人達を自分のやり方でやらせたい。」

「そして、私は完全な距離を取りたかった。」

「多分、戻るにはまだ少し早いです。クラブにはまだ戻ってないんだ。」

アーセナルの経営陣での復帰を断った理由は?

「何が起こったかというと、少し距離を取った」

「私は35年間昏睡状態で誰かのように生きていましたが、私は目を覚まし、クラブ、ゲーム、仕事とは違う人生を見ていました。」

「だから、もう少し長い距離を取る必要があると思った。」

「私は誘惑され、すぐにそれに戻って飛び込むのが少し怖かったです。」

メッシとの契約は?

「達成できなかったビジネスに後悔しなければならない、その後悔している中で大きいのはこの件だ。」

「ファブレガスを獲得した時にメッシと話合っていました。」

「以前、バルセロナは素晴らしいユースチームを持っていたことが理解出来ると思います。」

「しかし、ピケとファブレガスはイングランドに行きメッシはスペインに留まった。」

「我々はメッシに興味を持っていたが、その時にはもう手が届かなかった。」

マンチェスターシティとリバプールに近付けるチームは?

「最も近いのはアーセナルだろう。」

「チェルシーは少し若く見えるが、前線では成熟度が足りないし、後ろでは成熟していない。マン・Uは、今日、彼らがチャンピオンシップのために戦うことができると言うことができる程の落ち着いた方法を見つけていない。」

「前を走っている2チームは非常に快適に見えます。マン・シティは常にチャンスを作れる巨大な技術レベルを持っている。」

「リバプールはとても強力な守備と前線をもっており、仕事を良く理解している中盤がある。たぶん、マン・シティほどクリエイティブではないが、彼らは少し他の人の前を行っている。」

(beIN Sports)

 

ジェフ・レーヌ・アデレード(リヨン) インタビュー

 

U-21フランス代表 アーセナル→アンジェ→リヨン

 

アーセナルを去ったことについて?

「アーセナルに来た時は17歳の若さだったし、少し複雑だった。競争が多く、学ばなければならなかった。」

「私はプレーの時間を得るために別の場所に行きたかったし、それは私がどこにいればいいのかと考えると、それは良い選択だったことが判明しました。」

「フランスに戻ってから前進しました。私は苦労したので、私は再びほとんど何もない所から始めました。」

「イングランドではプロの試合はほとんどやっていなかった。私のキャリアを見ると、私は基本的に始めたばかりです。 それは本当に1年半前に始まりました。今、私はピッチにいるとき、私は花を咲かせます。」

「今年の夏、チャンピオンズリーグでプレーしたモナコを含め、多くのクラブが私を求めているのを見て、特に嬉しかった。しかし、私はリヨンとサインする方が良いと思った。全ての大会でタイトルに挑戦するこのクラブで成功する準備ができていると感じています」

(L'Equipe)

 

ブリティッシュコアは今?

 

現所属 昨シーズン成績
移籍額→現在評価額
(toransfermarkt)

キーラン・ギブス(30歳)
WBA 38試合4G4A 
1000万ユーロ→600万ユーロ

セオ・ウォルコット(30歳)
エバートン 40試合6G2A 
2250万ユーロ→1800万ユーロ

オックスレイド・チェンバレン(26歳)
リバプール 4試合0G0A
3800万ユーロ→3500万ユーロ

ジャック・ウィルシャー(27歳)
ウェストハム 9試合0G1A
フリー→1000万ユーロ

アーロン・ラムジー(28歳)
ユベントス 40試合6G8A
フリー→4000万ユーロ

カール・ジェンキンソン(27歳)
ノッティンガム・フォレスト 9試合1G0A
220万ユーロ→200万ユーロ

 

ニューブリティッシュコアも楽しみですね!
メイトランド・ナイルズ、ホールディング、チェンバース、ウィロック、ネルソン、スミス・ロウ、エンケティア!

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事