アンドレイ・アルシャビン ティエリ・アンリ インタビュー
スポンサーリンク

アーセナル情報(8月21日)

 

 

出典 Twitter.com/arsenal

 

メスト・エジル 若手にアドバイス

 

メスト・エジルはジョー・ウィロックとリース・ネルソンにトップチームでのあらゆる瞬間を楽しむように言いました。

ウィロック(20歳)とネルソン(19歳)は、プレミアリーグ開幕戦とホーム開幕戦の両方共に先発出場した。ウナイ・エメリのチームはバーンリーとニューカッスルに勝利して完璧なスタートをきった

アーセナルが土曜日にアンフィールドに移動した時も、若い二人はチームでの地位を維持したいと考えています

事件のセキュリティと後に病気になったため、エジルはまだ試合に参加できていない。エジルは若い二人に、「最も重要な事は自分を信じる事だ」と語った

「もちろん、うまくいかない日もありますが、自分を信じ、働き続け、一番大切なのは楽しむことです。」

「楽しめないと、負けてミスをしたらがっかりする。しかし誰にも耳を傾けないでください、あなたは自分がどれほど良いか知っている、自分自身を信じて、楽しみを持っています。」

「シャルケでトップチームのドレッシングルームに入った時は緊張しましたが、初めて選手達と一緒に過ごせたことには興奮しました。」

「とても静かでした。ドレッシングルームではあまり話さなかったし、左右を見ているだけでした。今ここでプレーしているなんて信じられなかった。それは私にとって素晴らしい瞬間でした。」

「ピッチで自分の可能性を見せる事は簡単だった。チームメイトは私の後ろに位置して助けてくれた。サッカーを楽しむ事ができた。」

(Sky)

 

アルシャビン インタビュー

 

アルシャビン アンフィールドでの試合を語る

 

アンドレイ・アルシャビンは、10年前のアーセナルでのアンフィールドの試合で驚異的な8個のゴールシーンがあり、4ゴールを決めるなんて予想もしていなかったが、彼はより良い試合を楽しめたと語っている

ガナーズは2009年4月にリバプールを4-4の引き分けに持ち込み、アルシャビンが最も名を残した試合となった

ゼニト・サンクトペテルブルクから移籍してきて3ヶ月も経っていなかったがアルシャビンは「僕にとっては、普段と同じ試合だった。試合前には特別な感じはしなかった。」

「ピッチに出てウォーミングアップをした時、今日は負けてはいけないと思いました。それは試合前に知っていた唯一のことでした。」

「もちろん、その試合の前に4ゴールを決めることは想像できなかった。」

「統計を見れば、それは私の最高の試合でした。しかしプレースタイルの面では、私ははるかに良いいくつかの試合がありました。」

アルシャビン ウナイ・エメリについて

 

「20年以上チームを管理してきた監督を入れ替えるのは難しい。ウナイ・エメリは難しい立場だと思う。」

「しかし、私は最初の年は悪くないと思う。彼はチームを作り上げていく時間が必要だ。私は彼がうまく行く事を願っている。」

「マンチェスターシティとリバプールは非常に強くタイトルの候補である。現実的な目標はトップ4に入ることからだと思う。」

 

アルシャビンはアーセナルのファン

 

アルシャヴィンは2012年にレンタルでゼニトに戻り、2018年12月に引退する前に、別のロシアのクラブ、クラスノダール、カザフスタン側のカイラット・アルマトイでプレーした。

彼はロンドン北部で3年間過ごしたばかりだが、38歳は常にアーセナルのファンだと言う

「もちろん、なぜか?私はイングランドではアーセナルでしかプレーしていない。私はまだグーナーだし、私は決して変わらない。」

「私に会った人は私を気に入ってくれて、彼らはこの試合について話してくれました。アーセナルにいて良かったし、楽しかった。」

(Sky)

 

エマニュエル・フリンポン ナスリを語る

 

エマニュエル・フリンポンは2011年にサミア・ナスリと1シーズン過ごし確執があったことを明らかにした。
サミア・ナスリはその後、マンチェスターシティに移籍しサポーターを怒らせた。

「ナスリが皆の前で立ち上がって、私のせいで試合に負けた」と言った後、関係が破綻したことを認めた

「私は彼を好きではないと言っただけだし、彼を尊敬してないし、プロ選手として彼を尊敬することは決してない。」

(sun)

 

ジェイミー・レドナップ セバージョスは危険

 

ジェイミー・レドナップはリバプールに今週末、ダニ・セバージョスに強く目を光らせるように注意した

「ダニ・セバージョスのプレミアリーグデビュー戦でのパフォーマンス。」

「アーセナルはレアルマドリードに彼を完全移籍させるのに費用がどれくらいかかるのか尋ねたに違いない。」

「ユルゲン・クロップは、アーセナルのバーンリー戦を振り返りアンフィールドでセバージョスを止める必要がある。」

「それは23歳の能力の大きなテストとなるだろう。」

(daily mail)

 

レイ・パーラー アーセナルについて

 

ガナーズは開幕2連勝をしているがアーセナルのレジェンド、レイ・パーラーはトップに挑戦する準備はまだ出来ていないと考えている

「昨日、リーグに挑戦できるというショーをいくつか聞きましたが、正直な所マンチェスターシティとリバプールから100マイル離れています。」

「アーセナルの選手は何人、リバプールのチームに入れるだろうか?」

「最も重要な事はチャンピオンズリーグに戻ることだ。」

(talksport)

 

ビエリク インタビュー

 

クリスティアン・ビエリクはダービーに移籍後、ウナイ・エメリを後悔させたい

「アーセナルから移籍するのは私の失敗ですか?いや、そんな風には感じない。」

「もしアーセン・ヴェンゲルがまだクラブで働いてたら、チャンスは得られると思う。」

Przegiad Sportowy ポーランド紙)

 

アネルカ ユベントス時代を語る

 

元アーセナルのFWニコラス・アネルカはユベントス時代を恥じている

「偉大なクラブであり、歴史があり、セリエAをリードしていたからこそ、ユヴェントスを受け入れることにした。」

「残念ながら、私は45分しかプレーしておらず、ファンの前でユベントス・スタジアムでシャツを着たことがなかったので、これは(サッカーで)私の最悪の経験のままです。」

「正直なところ、誰かがユベントスについて私に話すとき、私はすぐに話題を変えようとします...私はその移籍を恥じている!」

(sun)

 

二コラ・アネルカ クラブ履歴

 

1996-1997 パリ・サンジェルマン 10試合 1得点

1997-1999 アーセナル 65試合 23得点

1999-2000 レアル・マドリード 19試合 2得点

2000-2002 パリ・サンジェルマン 39試合 10得点

2001-2002 リバプール(レンタル) 20試合 4得点

2002-2005 マンチェスターシティ 89試合 37得点

2005-2006 フェネルバフチェ 39試合 14得点

2006-2008 ボルトン 53試合 21得点

2008-2012 チェルシー 125試合 38得点

2012 上海申花 22試合 3得点

2013 ユベントス(レンタル) 2試合 0得点

2013-2014 WBA 12試合 2得点

2014-2015 ムンバイ・シティ 13試合 2得点

通算 508試合 157得点

やはりアネルカはアーセナル時代とチェルシー時代のドログバとのコンビがインパクトありましたね。
13チーム渡り歩いてるんですねー
現在はリールのアカデミーコーチです。

 

 

ユヌス・ムサを放出したのは失敗?

 

アーセナルはバレンシアにユヌス・ムサを移籍させたのは間違いだったと恐れている

ユヌス・ムサ(16歳)は2002年ニューヨーク生まれでイギリスとガーナの二重国籍保持者

U-18プレミアリーグで15試合で4G3AをあげアーセナルU-18優勝に貢献した重要なメンバーだった

イングランドU-18代表に選ばれており、センターハーフが本職のプレイヤーで
元フランス代表のパトリック・ヴィエラのプレースタイルに似ておりニューヴィエラと呼ばれていた

アーセナルアカデミー出身で、昨夏はユベントスも獲得に動いた

(sun他)

 

ジョー・ウィロック セバージョスについて

 

「ダニ・セバージョスはトッププレイヤーだ。トレーニングでは毎日見ていますが、彼は非常にテクニックがあり素晴らしいです。」

「彼は先週の土曜日に彼がどれだけ良いか、彼がチームに何をもたらすかを示した。彼は良いパフォーマンスでしたしトップクラスだった。」

「そして彼は毎日チームにフィットするために良くなっていってます。」

(goal.com)

 

ティエリ・アンリ モナコ辞任後について

 

「コーチとして、別の仕事を待たなければならず、それは難しい。」

「自分を証明する次のゲームや、すぐに到達できる別のチャンスがないので、イライラして面倒です。」

「人生では、失敗すると立ち上がって戦います。しかし、コーチとして失敗した場合、立ち上がって戦いを待ちます。」

「あなたは勝つか学ぶか、私は多くを学びました。」

「私は今でも心にモナコを持っています。選手としての最初の機会を与え、コーチとしての最初の機会を与えてくれたのはクラブです。だから、それをくれた人々、そこにいる人達そしていなくなった人達にもいつも感謝してます。」

「当時、私の心は語っていました。私はすべてを始めたところに戻りたかった。私は何が起こったかについて後悔はゼロです。」

「モナコを出てから4か月間、電話が鳴らなかったのに、突然5回電話がかかった。」

「私が探していたものではないものもあれば、2番目のものもありました。」

「非常に興味深いオファーがありますが、スタッフを置き去りにすることはできません。私のために働くのをやめた人がいますが、彼らに何と言いますか?」

「皆さん、私のために働くのをやめましたが、今は仕事があります」
「ナンバーワンになりたいので、ナンバー2の仕事はしません。」

「人々は私に気付かずにゲームに行くことができました。これは素晴らしいことです。」

「私は時々アーセナルに行きますが、人々は私がそこにいることすら知りません。」

「私は自分の通常の環境からも抜け出して、さまざまなスポーツの人々と話し、さまざまな準備に心を開くのが好きです。」

(Telegraph)

 

エンケティア 決勝点ゴール

 

エンケティアは22日のブレントフォード戦でゴールを決めリーズを勝利に導いた。アーセナルはリーズにレンタルしている

ウナイ・エメリは彼を高く評価しているが、今シーズンはまだレギュラーとして選ばなかった

エンケティアはマルセロ・ビエルサの下でのチャンスを最大限に活用しようと必死であり、彼のパフォーマンスでビエルサ監督を喜ばせているのは間違いがありません

(sun)

 

リーズ1-0ブレントフォード

 

エンケティアは77分から出場し、81分に決勝ゴールを決めた。チャンピオンシップ4節終了時点でリーズは10ポイントで1位

 

オーバメヤンとラガゼットの契約延長交渉開始へ

 

アーセナルはオーバメヤンとラガゼットの契約延長を考えているが基本給を上げるつもりはない

その代わり、合意した目標に応じて多額のボーナスを用意する。両選手とも週給約18万ポンドを得ており契約延長のための協議を開始する段階です

最大のボーナスは最低でも4000万ポンドの収入をもたらすチャンピオンズリーグ出場を取り戻すことです

ボーナスの支払いはヨーロッパリーグとFAカップの勝利ともリンクされます

(sun)

 

チャンピオンズリーグ分配賞金について(2018-2019)

 

チャンピオンズリーグは本戦出場だけで出場給として約1395万ポンド必ずもらえます。それに勝利給(約246万ポンド)引分け給(約82万ポンド)、ラウンド出場給(ラウンド事に約868万ポンドから約1371万ポンド)+優勝賞金(約365万ポンド)が支給されました。

昨シーズン優勝のリバプールで約6800万ポンドでした

そこから、UEFA係数分配金(過去10年間のUEFAでの試合成績で順位が決定される)1位がレアル・マドリード2位はバルセロナでリバプールは12位でちなみにトッテナムは21位、アーセナルは9位です

それとテレビ放映権分配金(出場国のチーム数や視聴者数などで決定される)が加わりリバプールは約10100万ポンド(あくまで推定値)は賞金を獲得したと思われます

その10100万ポンドにチケット収入やグッズ収入など合わせると莫大な収益になります

アーセナルが本戦出場してグループステージ全敗しても分配金の高さから4000万ポンドは獲得出来ると思いますし他収入を足せばもっと収益が増えます

ヨーロッパリーグですと、約3分の1からチームによっては5分の1までチャンピオンズリーグと比べると獲得賞金が減ります

アーセナルは今シーズンこそチャンピオンズリーグ出場権獲得必須です!

 

※参考文献 SOCCERDIGEST WEB

スポンサーリンク
おすすめの記事