カルロ・アンチェロッティ?
スポンサーリンク

ヴィトーリア1-1アーセナル

 

twitter.com/arsenal

 

ドゥワルチ(91分)

ムスタフィ(80分)

 

スタッツ

 

ヴィトーリア アーセナル

ポゼッション率35.3% 64.7%

シュート数 15本 7本

枠内シュート数 4本 1本

パス成功率 73.5% 88.3%

キーパス 11本 5本

コーナー 8本 6本

(Sky)

 

プレイヤーレイティング

 

マルティネス(7)

ムスタフィ(7) ソクラテス(6) ホールディング(6)

メイトランド=ナイルズ(6) ウィロック(6) セバージョス(6) ティアニー(7)

ペペ(6) マルティネッリ(6) サカ(6)

SUBS ゲンドゥージ(6) ラカゼット(6) トレイラ(5)

 

MOM マーカス・エドワーズ

元スパーズの若手選手。印象的なパフォーマンスを見せた。

(Sky)

 

統計

 

・アーセナルは、すべてのヨーロッパ大会(D4 L3)でのポルトガルのアウェイでの8つのアウェーゲームの1つに勝った。

・アーセナルは、これらの各試合でリードしているにもかかわらず、すべての大会で最後の4試合を続けて引きました。

・アーセナルのすべての大会でのシュコドラン・ムスタフィの9つの目標のうち8つがヘッダーでした。

(Sky)

 

ウナイ・エメリ 記者会見

 

パフォーマンスについて

「こんばんは。このコンペティションでは、私たちの目標はグループでトップになることであり、10ポイントを獲得しており、私たちはトップです。次の2つの試合でそのポジションを確保するためにプレーし、今度は土曜日にレスターの準備をします。これは新しい競争であり、非常に重要です。」

「しかし、この試合の分析では、私たちは一生懸命働いて、ディフェンスに非常に強く、非常に組織化されたチームと戦ったと思います。彼らは私たちと100%のモチベーションで、また彼らのサポーターたちと対戦しました。」

「私たちは勝ちたかったので結果に少しがっかりしましたが、私たちはグループのトップであり、次の試合でその位置を確認したいと思います。」

遅い時間にゴールを認めることについて

「今晩の目標は、その瞬間に守備を強化し、強くなる必要があるため、クリーンシートを維持することでもありました。それを達成するために各マッチを使用しています。」

「今夜はヴィトーリアに対してはそうしなかったが、レスターに対してはその挑戦をするつもりだ。このコンペティションでは、多くのゴールを決め、多くのゴールを認めず、良い結果を出しています。」

「各試合でポイントを向上させ、達成するために各試合を使用します。1ポイントだけで試合を終了しましたが、グループで最初に続けたため、土曜日に試合の準備をする必要があります。」

「それは異なるものになるだろうし、それは別の競争です。勝利するのと同じ目的ですが、何よりもディフェンス的にに改善し、強くなり続けることです。攻撃的にも、私たちがチャンスを達成できる戦術的な状況を持つこと。」

枠内シュートが1本について?

「彼らは大きなディフェンスシステムで非常にディフェンシブです。彼らは非常に深く一緒にディフェンスしていたため、簡単ではありません」

「小さなチームを見つけて作成することは、このチームにとって簡単ではありませんでした。私たちは、次の試合を防御的に強化し、チャンスを生み出す方法を改善し、また継続して、次の試合に勝つためにそのバランスを取ることを望んでいます。」

「今日、私たちの目標はグループのトップであり続けることでした。勝てないことに少しがっかりしていますが、その点は私たちがまだグループのトップであることを意味します。」

ダニ・セバージョスについて?

「はい、明日分析を待つつもりですが、小さな怪我だと思います。」

(arsenal.com)

 

マルティネス インタビュー

 

twitter.com/arsenal

 

この試合は難しかったですか?

「特に前半は非常に困難でした。ピッチは素晴らしくなく、得点する良い機会を見つけることができませんでした。彼らは前半にいくつかの良いショットを持っていましたが、私たちはそれを非常にうまく処理し、よく防御しました。後半にボールを速く動かしたのですが、最終的には失点ました。」

最後に同点にされましたが?

「私たちはよく防御しました。彼らは非常に多くのショットを持っていましたが、私たちはそれをよく守りました。遅い時間に得点したので、ボールをキープして素早く得点したかったのですが、それを行うための十分なチャンスを作り出しませんでした。」

自分自身のパフォーマンスについて?

私たちをゲームに留めようとしました。遅い時間に得点される場合、譲歩せずに90分間全体を行くことができるのでイライラします。それは偏向したショットであり、その後戻った...ボレーはどこにでも行くことができた。それは上隅に跳ね返ったので、私にとってはイライラします。最後に引き分けに落ち着かなければなりませんでした。」

バック3の後ろでプレーする場合?

「ゲームに影響はありません。ボールを守る必要があります。私にとっては、後ろが3でも4でも同じです。マネージャーはバックで3枚でプレーすることを決めたので、私たちは彼をサポートし、彼の言うことをします。」

今レスターに集中することの重要性について?

「レスターについてはすでに考えています。このゲームは終了しました。私たちは何を改善できるかを知っているので、レスターに行って勝利を獲得しようとします。」

(arsenal.com)

 

ムスタフィ インタビュー

 

パフォーマンスについて?

「私たちはたくさんの持ち物を持っていて、ゲームをコントロールしていたと思いますが、その後、彼らはいくつかのずさんなパスを通してカウンター攻撃で私たちに戻ってきました。」

「後半では、私たちはより良く出て行き、より良いパスを持ち、より多くのプレーをしました。チャンスを終わらせるためには、最後の3分の1で落ち着いておく必要があると思います。得点する前に負けを認めることはできませんでしたが、残念ながら彼らは同点ゴールを得ました。もっとうまく対処できたかもしれませんが、最終的には引き分けを受け入れなければなりません。」

ヴィトーリアで?

「このコンペティションでは、すべてを真剣に受け止めなければなりません。私たちが言ったように、彼らはホームでプレイしたときはとても良かったし、今日も良かった。彼らはヨーロッパリーグに参加しているので、すべての対戦相手を尊重し、勝つために最善を尽くす必要があります。」

がっかりしましたか?

「90分以内に得点されなかったのはいいのですが、ゴールを決めても、私たちのようなチームと対戦する時間があれば、彼らはすべてを前に投げます。時にはそれはもう組織化されていません、彼らはボックスにたくさんの体を投げ、彼らはクロスし続けます。もっと良くできたかもしれませんが、最終的にはそれを受け入れて、私たちと一緒にポイントを取る必要があります。」

同点になるのをを防ぐことができたかどうかについて

「はい 最後に、あなたはそれを受け入れ、前進し、前向きなことを次のゲームに持ち込まなければなりません。」

多くのチャンスを生み出すことができないということについて?

「彼らは良い面だと言わなければなりません。彼らには理由があり、それは質があるからです。それらはコンパクトで、私たちのリズムをとることができませんでした。」

「前半は思い通りにプレイできなかったし、後半はリズムとパスで良くなったが、落ち着いていればいい。誰もが多くを見せてすべてを与えたいと思っていますが、時にはあなたが過度にやる気があるとき、あなたのゲームをプレイすることは困難です。ゲームをプレイし、落ち着いて、最後の3分の1でもう少しインテリジェントで効率的にパスする必要があります。」

(arsenal.com)

 

チャーリー・ニコラス コメント

 

エメリは危険ですか?

「深刻な事態です、土曜日レスター戦があるがレスターは彼らを吹き飛ばすでしょう。」

「アーセナルのファンは別の基本的なパフォーマンスを見に行きました。エメリはとても好きですが、ヴェンゲルにも同じ事を言いました。物事を変えなければいけません。」

「アーセナルはサッカーの試合に勝つための緊急性を失いました。守備の弱さは18ヶ月間ありましたが、今は整理する必要がある。アーセナルのファンはかなりうんざりしています。」

「エミレーツでのエメリの将来は、彼の側から多くの意外なパフォーマンスに続いて、過去1ヶ月の間に確実からほど遠いものになりました。」

「アーセナルがレスターに敗れた場合、チャンピオンズリーグの場所から少なくとも6ポイントの差があります。インターナショナルブレイクになるとエメリが解任される憶測を強めるだけです。」

「エメリは確かに精査されている。私は彼の解任は要求していませんし取締役もしていないと思うが、マンチェスター・ユナイテッドがサー・アレックス・ファーガソンが代わる時のレベルではない。」

「アーセナルが新しいアイデンティティを見つけようとしている。ヴェンゲルの時とは違います。守備がさらに悪化している。」

「ファンは向きを変え始めていると思います。彼らは私と同じ事を求めており、ヴェンゲルの時とは、どこが改善され、違いは何ですか?アーセナルのキャラクターは何ですか?」

「彼らがレスターに負けることになっているならば、マネージャーは真剣に、真剣に精査されます。」

ジャカは再びプレーするのか?

「彼の反応は完全に狂っていた。彼はクラブの大きさの点で小さいので、ファンは意見を発表する権利を持っている。正しいか間違っているかは議論の余地がある」

「ジャカはプレーできない。彼が再びアーセナルでプレーすることはないと思うし、彼は1月にいなくなる思う。本当にやる。彼の行動は受け入れられなかった。」

「ジャカはベンチに座ってファンの前でウォーミングアップすることはできません。なぜなら、彼らは彼が心から思っているのではなく、私たちのためにそれを感じ、私たちのために働いている訳ではないからです。」

「彼はもうそこにいたくないので、アーセナルは今、決断を下さなければならない。その決断が下され、彼は去るだろう。彼は28歳で、1月に誰かが彼のためにやってくる。」

オーバメヤンはリーダーですか?

「現在のところ、フランク・マクリントック、トニー・アダムス、パトリック・ヴィエイラはいない。ただそこにいないだけだ」

「キャプテンはナイスガイではありません。彼らはキャプテンになるために自分のゲームの一部を犠牲にします。アーセナルにはそのようなプレーヤーはいません。」

移籍市場の失敗

「アーセナルは人格にサインしない。」

「悲しいことに、デビッド・デインに戻り、彼はアーセン・ヴェンゲルと一緒に座り、どのようなキャラクターにサインしていたのか尋ねる必要がありました。それは今ではなくなりました。」

「なぜだろう-そして彼がいくら払うかわからない-ローマに行く前の夏にマンチェスター・ユナイテッドからスモーリング(クリス)を手に入れよう。彼は彼らが持っていたものよりも優れているからだ。彼はチェルシーから(ゲイリー)ケーヒルを擁し、守備で彼に座った。彼は彼らが持っているものよりも優れており、リーダーでもあるが、彼らは逃した。」

(Sky)

 

アーセナル ミニニュース

 

・バイエルン・ミュンヘンは、ラルフ・ラングニックにとは契約しないもようだ。「ラングニックがもたらすものがバイエルンによって現在求められているとは考えていません。そのため、具体的な話し合いをするのは意味がありません。」

・メスト・エジルとセアド・コラシナツを襲った犯人二人は、二人から腕時計を盗もうとしたことを認めた。

・ウナイ・エメリは、ヴィトーリア戦でロブ・ホールディングをキャプテンに指名した理由を尋ねると奇妙に拒否した

・ウィリアム・サリバはモナコ戦で中足骨の骨折を確認した。彼の進捗に大きな打撃になるでしょう。

・バイエルン・ミュンヘンは、週末のドルトムントとの激突後、クラブ会長のカール・ハインツ・ルンメニゲとアーセン・ヴェンゲルが会談を行う可能性が高い。インターナショナルブレイク中に任命することができる。

バイエルンは、来夏までの短期契約でヴェンゲルを呼ぶことを熱心になっている。現在4位のチームを安定させるのに最適な人物だと考えられている。

そうなると12月11日のチャンピオンズリーグで、トッテナムとセンセーショナルな試合に直面するだろう。

(Sun)

 

つまらない試合でした...もう交代して下さい
アンチェロッティが辞めそうですね、実績もプレミアの経験もあるしいいんじゃないのかな、今いる選手に合う戦術を見つけ出す監督だし。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事