チェンジしたほうが...
スポンサーリンク

ウナイ・エメリのアーセナルは衰退している

 

twitter.com/arsenal

エメリは、戦術が正しかったと主張したにもかかわらず混乱しつづけている。彼はアーセナルを助けているのか、それとも妨げているのか。

アーセナルは、ウルブス戦で25本のシュートを撃たれている。これはエミレーツスタジアムでの最高記録だ。そしてワトフォード戦では31本のシュートを撃たれている。これは今シーズンのプレミアリーグ最大だ。

アーセナルの守備の問題は全体的に見える。もちろん、それは今のエメリにとってとても厄介な問題だ。これは彼が取り組むために募集された問題でした。

戦術的な意識に定評のある男の影響は、アーセン・ヴェンゲルが反対のサイドにだけの強みに集中しすぎていると明らかな不本意の話を考えると、速やかに対処できるはずだった。

エメリの下でのアーセナルの苦闘は、アレックス・ファーガソン卿の引退後のマンチェスター・ユナイテッドの衰退と比較されることが多いが、状況は異なっていた。

ファーガソンはチームをトップに残した。ダウンすることしかない。ヴェンゲルの場合は、クラブが別のコーチの下でキックオフできるという純粋な希望と期待があったため、省かれました。

その代わりにアーセナルは、これまで以上に守備力が悪くなっている。

プレミアリーグ被シュート数

2010/11 10.6
2011/12 10.3
2012/13 10.6
2013/14 11.9
2014/15 10.7
2015/16 11.9
2016/17 11.4
2017/18 11.2
2018/19 13.1
2019/20 16.3

驚くべきことに、この10年の初めでさえ、ヴェンゲルの下でタイトルを獲得した後、アーセナルは一貫して他のどのチームよりも少ないシュートを許した。落ち込みがあった - 彼らは担当の彼の最後の5シーズンのうちの4で直面した最も少ないショットのために6位にランクしましたが、それ以上に悪いことはありませんでした。エメリーの下で今起こっていることのようなものは決してありません。

10チームは、スペイン人の担当最初の年にアーセナルよりも少ないショットに直面しました。今シーズンはアストン・ヴィラとノリッジだけが相手にゴールへの努力を許している。

アーセナルは今や驚くほど簡単に対戦できる。

アーセナルは座って守るチームではない。ジョアン・モウティーニョがウルブズが得点したスローインから後ろのスペースに走り込むのを許したのはダニ・セバジョスだったが、彼をマークするべきだったのだろうか?セバージョス、サカ、マテオ・ゲンドゥージ、メスト・エジルのミッドフィールドは、ほとんど守るように設計されていない。

しかし、このアーセナルチームは今何をするように設計されていますか?

彼らは確かにプレスのチームではありません。マンチェスター・シティは、ゴールの40m以内での高い位置でのポゼッション。リバプールはゴールから40m以内のプレスから3つ以内のパスコースを持っている。アーセナルはハーフから手前のポゼッションです。

おそらく、ボールを素早く取り戻すことや、フィールドの高い攻撃を維持することができない結果として、アーセナルはエメリの下でどちらのパスチームでもありません。

彼らは過去10年間のどの時点よりも少ないパスをプレーしています。

プレミアリーグでの1試合パス平均数

2010/11 530
2011/12 542
2012/13 556
2013/14 572
2014/15 540
2015/16 559
2016/17 563
2017/18 619
2018/19 548
2019/20 497

10パス以上のシーケンスに関しては、アーセナルはプレミアリーグの現在のトップ4に遅れている。偶然ではありません。プレーにはいろいろなスタイルがありますが、ボール支配は最高のチームの間で共通の特徴であり、アーセナルはそれをあきらめたように見えます。

エメリのチームは今シーズン、ブライトンよりもパス数が少なく、長いパスシーケンスの点では、彼らとノリッジに近いです。エメリが誰よりも多くのことをした男に代わって、このスタイルのサッカーをイングランドの試合に紹介したことを考えると、サポーターにとっては苦い皮肉だ。

エメリーは物事を変えるために持ち込まれました - しかし、これは好きではありません。

トレンドです。アーセナルは過去10年間のどの時点よりも大きなチャンスを減らしている。不幸であるどころか、根底にある数字は、クラブの現在の窮状の現実が順位が示唆するよりも悪いかもしれないことを示唆している。

プレミアリーグでの1試合での大きなチャンス数

2010/11 3.3
2011/12 3.0
2012/13 2.3
2013/14 2.2
2014/15 2.4
2015/16 2.8
2016/17 2.1
2017/18 2.6
2018/19 2.3
2019/20 1.8

オーバメヤンとアレクサンドル・ラカゼットの間の化学は、多くのプレミアリーグの監督の羨望の武器です。ガブリエル・マルティネッリには大きな約束がある。ニコラス・ペペもそうだ。

もう一人のコーチは、エジルから最高のものを得るためにもっと多くのことをしたかもしれない。これらの攻撃オプションにプレイする適切なプラットフォームを与え、アーセナルは本当に興奮する必要があります。

ゲンドゥージとトレイラは人気の若手MFで、フルバックのエクトル・ベジェリンとキーラン・ティアニーは再びフィットしている。問題は間違いなくセンターバックと本物のアンカーの多年生の欠如を残します。

しかし、攻撃するよりもコーチングが容易と見なされる守備組織では、エメリーを超えてはならない。

残念ながら、これらの失敗を修正する方法を見つけるためのより多くの時間の需要は、進歩が実際に行われている場合にのみ意味があります。

エメリーの問題は、統計が異なるストーリーを語っていることであり、アーセナルのサポーターにとってあまりにも身近に感じるということです。これはまだ悪化しているチームです。そして、エメリーは助けていないようだ。

 

(Sky)

 

アーセナルミニニュース

 

・グーナーズ.com ツイッター

エメリーが任命される前に2018年にアルテタでヴェンゲル「彼は仕事をするためのすべての資質を持っている。彼はリーダーであり、ゲームに情熱を持ち、クラブをよく知っている。彼はクラブで何が重要か知っている。

エメリが解雇された場合、アルテタを服用しますか?

・アーセン・ヴェンゲルは、バイエルンの監督の候補の中の4人に入っている。バイエルンの首脳陣は、経験豊富な監督を探している。

ヴェンゲルは、流暢なドイツ語を話すことで知られており、魅力的な短期選択肢の可能性がある。しかし第一候補はラルフ・ラングニックであると考えられている。

・オーバメヤンとラカゼットの8月からの契約延長オファーは、これまで失敗に終わっているようだ。2人のFWは、将来をクラブにコミットするかどうかをオープンのままにしている。

・グラニト・ジャカは、水曜日のヨーロッパリーグのヴィトーリア戦で復帰するだろうと考えられている。エメリはジャカが試合の出場時間を得るための絶好の機会であると信じている。

・チェルシーのOBは、シェフィールド・ユナイテッドのクリス・ワイルダーをアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドに勧めている。
「彼はフットボールを知っている、彼は適切なフットボールの人だ。サー・アレックス・ファーガソン、マインツのユルゲン・クロップ、バルセロナBのペップ・グアルディオラのように、彼は何ができるかを示している」

・マッシミリアーノ・アッレグリは、2018年にアーセナルの面接を受けておりあまりクラブに印象づけられなかったため、エメリから引き継ぐ可能性を損なう可能性がある。

・ウナイ・エメリには1ヵ月の猶予を与えられたと伝えられている。アーセナルがクリスマスまでにトップ4に入る深刻な危険にさらされている場合は交代する危機に直面するだろう。

次節のレスター戦で敗れると9ポイント差がつき、チャンピオンズリーグの権利が遠のいてしまう一戦だ。

(Sun)

数値化するとはっきりしますね。まさしく攻撃できないし守備もできない。下位チームと一緒の戦術。現在5位だっていうのが奇跡で、ここからかなり落ちて行きそう。

ヴェンゲルの時よりもさらに悪くなっている。攻撃的な選手は揃っているのだから、それを活かせばいいのに中途半端。改善できるんだったらもっと良くなっていく兆しが見えるだろうが、全くない。交代一択なんだけどな。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事