チャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグ 抽選へ
スポンサーリンク

アーセナル情報(8月28日)

 

カラバオカップ3回戦も初まるよー

Twitter.com/arsenal

 

チャンピオンズリーグ決勝を変更してくれ

 

アーセナル、チェルシー、リバプール、トッテナムのファンは、UEFAがチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの決勝戦の運営方法を変える必要があると叫んでいる

昨シーズンの問題は、ファンが旅行の手配とマドリードとバクー決勝のチケットを得ることに苦労するのを見ました

リバプールとトッテナムのファンはワンダ・メトロポリターノ・スタジアムの半分以下の収容能力を受け取った
チェルシーとアーセナルはバクーのオリンピックスタジアムに約5,000人のファンを抱えていた

Uefaは、ファンのためのチケット販売と旅行の整理に関与する計画の難しさを繰り返し述べている
会場は2年前に選ばれるので、決勝でチームを「予測することは不可能」と述べた

アーセナル、チェルシー、トッテナム、リバプールに対するサポーターの信頼が水曜日に発表した共同声明は、以下を求めている

割り当て-チケットの80%は2つの競合するファイナリストに提供され、残りの20%はスポンサー、サッカーファミリー、主要な利害関係者、および小規模な一般販売に使用されます

容量 -最大チケットの可用性を確保するために選択される大容量のスタジアム(ヨーロッパリーグ決勝で60,000以上、チャンピオンズリーグ決勝で75,000)を選択してください

手頃な価格 -ファンのための選択を可能にする幅広い価格設定

利便性 -障害を持つ人々のための最高水準の利便性

インフラストラクチャ -追加のチャーター便に対処する能力、近くの都市や空港への良好な鉄道リンク、訪問者の数に対処するためのベッドスペースの容量など、優れた交通機関のリンクを持つ都市になる場所

等しい -入国権の差別や拒否を保証しない人権・平等政策を遵守する主催者

ファンが直面する問題
リバプールとトッテナムのファンは、マドリードでチャンピオンズリーグ決勝の68,000枚のチケットのうち33,286枚を割り当てられました

ワンダ・メトロポリターノ・スタジアムの残りのチケットは、地元の組織委員会、ウエファ、全国協会、商業パートナー、放送局、企業のおもてなしパッケージに行きました

ヨーロッパリーグの決勝では、チェルシーとアーセナルから5,000人のホームベースのサポーターがクラブをバクーに追いかけ、ブルースは割り当ての半分近くを売却し残りは返却した

ファンは、直行便の欠如だけでなく、ホテルの価格の上昇とチケットのコストによって延期されました。

6月に話すと、Uefaは「同等の会場」での決勝戦での「最近の経験」は「UEFAヨーロッパリーグ決勝のチケットを要求するファイナリストのサポーターの数はクラブによって大きく異なる」ことを意味すると言いました。

2020年のチャンピオンズリーグ決勝は、2005年のリバプールの逆転勝利で有名なイスタンブールのオリンピックスタジアムで開催され、ポーランドのスタディオン・エネルガ・グダニスクは今シーズンのヨーロッパリーグ決勝を開催します。

2021年の決勝の決定は9月24日に行われ、ミュンヘンのアリアンツ・アリーナとサンクトペテルブルクのクレストフスキー・スタジアムがチャンピオンズリーグ決勝に進出する。

トビリシのボリス・パイカゼ・ディナモ・アリーナとセビリアのエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンがヨーロッパリーグ決勝に進出している。

(BBC)

 

チャンピオンズリーグ決勝は、ファン向けのチケット数は半分以下しかなく、しかもチケットやホテルの価格が高過ぎるってことだよね。

昨シーズンだと割り当てた33286枚がリバプールとスパーズに16643枚ずつ(シーズンチケットホルダー向け)で約4000枚のみが世界一般抽選販売かー。
ちなみに日本で業者に手配してもらおうとすると1枚64万~115万!ひぇーー

マティップ アーセナル戦を振り返って

 

リバプールのDFジョエル・マティップはアーセナル戦は本当に難しかったと述べた

「私達は90分間以上、我慢をし続けねばならなかった。結果は良かったしホームでアーセナルに勝てたことは良かった。」

「彼らは2列で深い位置に立っていました。ボックスの側に立っていたので前線でスピードを出して突破するのは本当に困難でした。しかし最終的にはうまくいきました。」

「私達は押し込もうとしましたが、実現するのは簡単ではありませんでした。それほど悪くはありませんでしたが、このような質の高いチームに対しては、すべてのチームにとって困難です。」

(Liverpool.com)

 

CKとPKからの失点だったからな~前半で1点決めてたらわからなかった

キーラン・ティアニー 順調に復帰へ

 

ティアニーはアーセナルのメディカルチェックに合格したが、クラブは少なくとも10月までは行動を起こさないように期待していた

しかし、レポートによればティアニーは順調に回復しており、予想より早く戻る可能性があることを示唆しています

 

(Football London)

 

モンレアルは移籍するのか?

 

レアル・ソシエダは、アーセナルのDFナチョ・モンレアルの移籍を発表するために期限の設定を金曜日にしました

33歳の彼は、アーセナルとの契約最終年となっており、新たな契約は提示されないと考えている

スペインへの復帰する合意は封印されているが、ソシエダは金曜日のバスクダービーにモンレアルを出場させたいと考えている

 

(Daily Express)

 

結構、騒がれているがSkyやBBCからの情報は無いんだよねー

 

サム・グリーンウッドは狙われている

 

イングランドの神童、サム・グリーンウッドはユベントスとミランが衝撃を受けターゲットにしてます

アーセナルの17歳のストライカーは得点能力が高くU-18で活躍しておりイタリアの2チームは注目している

彼らは今年の夏のU-17ヨーロッパチャンピオンシップで彼の進捗状況を確認するためにスカウトを送り、グリーンウッドはイングランドU-17代表のために3試合3ゴールを決めた

昨夏サンダーランドから獲得したストライカーに対してドイツからも注目をあびている

(sun)

スポンサーリンク
おすすめの記事