ダビド・ルイス特集
スポンサーリンク

ダビド・ルイス特集

 

 

引用先 twitter.com/arsenal

 

 

■エメリ会見 要約

 

・昨年ダビド・ルイスはELで優勝しプレミアリーグで全試合出場した
・ダビド・ルイスから否定的要素を見つけるのはひじょうに困難だ。我々を助けるためにもっと多くの肯定的要素がある
・ルイスはキャプテンではなくても彼の経験で若い選手を助けられる
(arsenal.com)

 

 

■ゾラは驚きをかくせない

 

昨シーズンサッリの元でアシスタントコーチだった、チェルシーのレジェンド、ジャンフランコ・ゾラは
ダビド・ルイスがライバルのアーセナルに移籍するのをクラブが許しアーセナルを強化させることに驚いている
ルイスはランパード監督と会談を行いレギュラーで無いことを告げられ、最終日に移籍できるように促した
ゾラは、ルイスは他の選手に大きな影響力を与える彼はインテリジェンスであり間違いなくリーダーだ
昨年はリュティガーのような選手たちにとってルイスはひじょうに重要な選手だった
ルイスはドリブルをしてライン間を突破出来たりプレーの切替も早くでき大きな違いを生みだす選手だ昨年、彼はひじょうに重要な選手だった
アーセナルにとってまさにルイスは必要な選手であり素晴らしい移籍だ
ドレッシングルームで彼がいなくなるのは多大な影響を与える
(metlo)

 

■チェルシーのメディカルは泣いた

 

2011年にチェルシーに加入し様々な監督の下で働いてきたパコ・ビスオカ医師は選手やスタッフからひじょうに好かれている
ルイスが去るのを見てひじょうに失望し涙を流した
またアーセナルの医師ゲイリー・オドリスコルは友人のパコ・ビスオカとの事に関して、メディカルチェック中にダビド・ルイスと話をした
(sun)

 

■ダビド・ルイス会見一部要約

 

ダビド・ルイスはチェルシーで7シーズン在籍間にパリサンジェルマンに移籍している
プレミアリーグ・チャンピオンズリーグそしてヨーロッパ・リーグ全てを勝ち取ってきた
・それについてダビド・ルイスは、僕とチェルシーのサイクルは終っ別のビッグクラブへ来る機会があった
・私の人生では、いくつかの挑戦をする事が好きでした私はチャレンジする事は全く怖くない
・私は自分の人生で大きな事をしようとしているだけでチェルシーとのサイクルは終り、ここで私の人生の新しいストーリーをはじめる事に興奮している
アーセナルとの新契約及び誰とプレーするのが楽しみか聞かれて
・私とセバージョス、ペペがこのチームとクラブのために助けれるように大きな事を与えられると願っている
・イングランドだけでなく、世界中の誰もがアーセナルの大きさを知っている
・こういうビッグクラブに来る機会があった時それは受け入れるだろう、それが私がここにいる理由です
・ラガゼットとオーバメヤンがそばにいる事になったので大変うれしいし楽になった
(arsenal.com&metlo)

 

ダビド・ルイスはリーダーシップがあり皆から慕われてた選手なんですね

アーセナルの今後2年間にとってピッタシの選手ですね

かなり応援したくなりました

 

 

■ティアニー、いきなり新記録

 

キーラン・ティアニーはメディカルチェック中に負傷中にも関わらず、ハンズオンヒップ垂直ジャンプ(立って両手を体につけた状態で垂直に飛ぶ)で2回目でオーバメヤンの54cmを破り55cmのチーム最高記録を出した

それを見ていたロブ・ホールディングは驚き信じられない様子だった

(arsenal.com&metlo)

 

ますます楽しみですね

 

 

■エジル、コラシナツの事件

 

木曜日にセキュリティともめていた犯人2人は起訴された9月6日に裁判所に出廷する
警察によって調査されてるさらなるセキュリティ事件のため試合を欠場する
(Sky)

 

仲間がいて脅迫さてるとかかな

■エメリ ムスタフィについて

 

・シーズン終了後、プレシーズンを始めた時2週間前にもムスタフィと話をした・ぺぺ、ティアニー、セバージョス、ダビド・ルイスを獲得した事で各ポジションでより競争力がついた

・競争力が高ければシーズン中の反応はよくなる。一部の選手はプレーがあまり出来なくなり去ることも出来るだろう

(arsenal.com)

序列としては4~5番手かな
フランス行きじゃないかとの情報があるね
価格下げればブンデスやリーガでもオファーありそうだけどね
スポンサーリンク
おすすめの記事