明日ヨーロッパリーグ初戦
スポンサーリンク

9月19日25時55分~ フランクフルトvsアーセナル

 

Twitter.com/arsenal

 

チャーリー・ニコラス予測

 

ウナイ・エメリが選ぶディフェンダーは神のみぞ知るだ。アーセナルのファンとしてどれくらいの頻度で言わなければいけないのかわからない。彼らは若手と一緒に前進してることは良い事です。中盤から前線までのバランスは悪くないが、アーセナルの守備力が悪いのは怖い

ソクラティス・パパスタソプーロスの魅力は何ですか?キーラン・ティアニーやエクトル・ベジェリンは木曜日に出場出来るのだろうか。日曜日のワトフォード戦を見るとダビド・ルイスは20分間程指示を出しておりトラブルを抱えてたのが良くわかります

コンスタンティノス・マヴロパノスは、まだ試合に出場するには時間が必要だ。シュコドラン・ムスタフィが戻ってきたら終わりだ。ロブ・ホールディング、ベジェリン、ティアニーを できるだけ早くサイドに戻す必要がある。私だったら、彼らにゲームの時間を与え、彼らがマッチフィットネスを得るためにこれらの選手を再生します

ニコラ・ペペはワトフォードに対して恐ろしかった。エメリがメスト・エジルとダニ・セバージョスを彼の前に連れて行った方法は私の考えを超えていた。それはエインズリー・メイトランド・ナイルズと他の若い選手の一部に影響を与え始めています。リース・ネルソンとジョー・ウィロックが入って、ボールを保持できませんでした

監督の責任です。彼はこれを解決し、整理する方法についての結論に達する必要があります。ティアニー、ベジェリン、ホールディングは今週プレーする必要があります。彼らが必要な試合時間を得た場合は敗北を利用しても構わない

スコア予想2-2

(Sky)

 

ポール・マーソン コラム

 

私は大げさに言わなければなりません。 ピッチには経験豊富な選手がいたと人々は言うだろうが、彼は監督であり、選手は彼に耳を傾け報酬を受け取っている。 監督はピッチの中に入ってプレイの方法を指示することはできません。 反乱があるので、彼らは彼の話を聞いていますが、彼はそれを正しく理解していません

彼の交代は正しくありませんでした。 彼らはそのゲームでボールをキープする必要がありましたが、簡単にボールを相手に渡し続けました。 ゲームの中でボールを渡さなかった唯一のプレーヤーは、メスト・エジルでした。 アーセナルが別のゴールを決める必要があることを知っていたが、プレッシャーにさらされているときに若者をゲームに連れて行っていた

この新しいルールは、6ヤードのボックスにボールを渡すことができるときに開始されたのに、なぜ全員がそれを始めたのですか? 昨年は誰もそれをしませんでした、そして今、彼らは皆それをやっています。

マネージャーはそれを見て、それを止めてボールを前に出すためにメッセージをピッチに出すべきでした。 彼らが最初のボールに勝てない場合、彼らはセカンドボールを奪い、そこから行くことができます。 ワトフォードが自分のハーフでボールを奪った場合、彼らは得点するためにピッチの4分の3を通過する必要があります。 彼らは何をしようとしていますか?

前半のワトフォードは、アーセナルのために公園を散歩しました。彼らは2-0でこのサッカーの試合は終わりだと思っています。しかし、私は他の多くのチームを知りません。次の瞬間、あなたは固執しています。

ワトフォードはホームのウェストハム戦でで3-1、ホームのブライトン戦で3-0で敗れました。あなたはハーフタイムで彼らをドレッシングルームに追いやっており、それは彼らがやりたい最後の事は後半のピッチに出かけることだけだった。

アーセナルだけが彼らにゲームに復帰する機会を与えました。
束縛が外れ、ワトフォードは失うものは何もないと感じましたが、監督は恐ろしく間違っていました。彼がエジルを連れ去ったとは信じられませんでした。他に誰がチームのバーを開くつもりですか?

ソクラティスを後ろからプレーさせるためには...彼はダビド・ルイスではありません。彼はパスすることができます、彼はボールも上手に扱えます。 ソクラティスは同じ方法でプレイできません。若い選手もプレーしにくいだろう。

彼らは4バックをプレーするのに十分ではないので、3バックでプレーする必要があります。彼らはあまりにも多くのゴールを許し、あまりにも多くのミスを犯します。
それは人生のあらゆるもののようです。同じことを続ければ、同じ結果が得られます。

 

(Sky)

 

ジェイミー・キャラガー 分析&コメント

 

アーセナルの守備の苦労を見て、彼らは学んでいるのか?

日曜日のワトフォード戦でのアーセナルの降伏は、彼らを妨げ続ける守備の問題の最新のリマインダーだった。結局、2点のアドバンテージでハーフタイムを迎えたにもかかわらず、どうにかビカレッジ・ロードから勝点を挙げることができました。

しかし、彼らが敗北を避けたことは、以前にそれをすべて見た怒っているアーセナルのファンに少し慰めです。プレミアリーグの最下位チームへの旅は比較的簡単な課題だったはずだ。代わりに、アーセナルは自己破壊で別のマスタークラスを生み出しました。

この機会の主な戦犯はソクラティス・パパスタソプーロスで、自分のボックス内からのパスが不十分でトム・クレバリーがワトフォードの最初のゴールを決め、センターバックのパートナーのダビド・ルイスがPKを与えロベルト・ペレイラにより同点に追いついた。

「私が子供の頃に戻ってみると長い間、アーセナルは本当に堅実なチームとして知られていました。」

「彼らは今や完全に逆の道を行ってしまった。彼らはあなたが愚かなことが起こることを期待するチームです。たとえ彼らが2-0になったとしても、あなたは彼らに納得することはできません。」

「リバプールは数年前、ブレンダン・ロジャースの下で、ユルゲン・クロップの下で同じような問題を抱えていたと思う。状況がどうであれ、あなたはいつも何かがうまくいかないと感じました。アーセナルにとって心配なのは、エメリの2シーズン目に再び起こっていることだ」

個々のミスは、スペイン人の任期の一貫したテーマとなっています。エメリは昨年夏に就任した際にアーセナルの守備の改善を担当していたが、その後14回のミスを犯し、PKで10失点を喫し、両カテゴリーでプレミアリーグの首位に立った。

プレミアリーグ統計

シュートにつながるミス 33 1位

ゴールにつながるミス 14 1位

PKを与えた数 10 1位

枠内シュートを打たれた数 216 4位

失点数 59 10位

降格したフラムは、昨シーズン12得点を与えアーセナルの合計に近づいている唯一のチームだが、ガナーズにとってさらに心配なのは、3チームだけが枠内に対してより多くのシュートを打たれたとだ。統計は根深い防御の弱点を指摘している。

この問題は最近、アーセナルが後ろからプレーする際の苦闘によって悪化している。エメリーのチームは日曜日にワトフォードのプレスを通してプレーすることができず、ショートゴールキックを決める決意は最終的に彼らにゴールを与え、それは初めてではありませんでした。

アーセナルは今シーズン34回の高いターンオーバーを許している。驚くべきことに、それは他のプレミアリーグのどのチームよりも7つ多いです。自分の目標に近いポゼッションを繰り返すことで、相手のプレッシャーを招き、しばしば代償を払うことがあります。

今シーズンのターンオーバーを許した数

アーセナル 34

レスター 27

アストン・ビラ 27

ウルブス 25

ウェスト・ハム 23

 

一部では、問題は人事に関する問題です。

「エメリは貧しいディフェンダーを受け継いだ」

「彼は多くのミスを犯したシュコドラン・ムスタフィに移籍させようとしたが、ダビド・ルイスではミスを犯すDFと契約を結び、ソクラティスでは、おそらく彼が必要とするレベルではない他の誰かを連れて来た。」

「彼が安くて誰かを必要としていたので、ダビド・ルイスのサインは理解できるが、私は彼の最大のファンではないし、4試合で2つのペナルティを与えるのは全く素晴らしいスタートではない。問題は、監督が誰であるかにかかわらず、それは変わらないです。ダビド・ルイスは多くの監督が頭を抱えており、常に同じ問題を抱えていた」

それにもかかわらず、日曜日の試合は、その男をダッグアウトにスポットライトを当てた。エメリーはアーセナルのミスを起こしやすいDFに助けられていないが、彼らの弱点は守られるのではなく露呈している。

日曜日、アーセナルのサポーターは、エメリーがなぜジョー・ウィロック(20歳)とリース・ネルソン(19歳)に、彼らがリードを守るべきだったのか疑問に思う権利を与えられた。すでに苦戦していた中盤が突然さらに伸び、ワトフォードが優位に立ち、後半に23本のシュートを放つ。

ダビド・ルイスはペレイラに対するその後のファウルの責任を取ったが、ブラジル人が常に集中力を失いがちなのは事実だが、チェルシーのプレミアリーグ出場160試合で3失点しか許しを見せなかったことを指摘すべきである。アーセナルでは、彼は同じレベルの保護がなく余裕がない。

「日曜日は、それがどれほどオープンだったか信じられないほどでした」

「そういう試合はあまり見かけない。アーセナルにとって、ワトフォードが彼らを通してプレーするのはどれほど簡単だったかは恥ずかしいことだった。彼らはただ逃げられなかったように見えた。後半を見るだけで、そのチームのバランスが正しくないことが分かる」

これらの構造的な問題はエメリによく反映されず、ヴィカレッジ・ロードの旅行ファンは、ダニ・セバージョスを交代するという決定をブーイングしたときに、彼らの不満を明らかにしました。

「エメリにとってアーセナルのファンにどう見られるかという点では、良い一日ではなかった」

「彼にとって大きなシーズンだと思う。最初のシーズンは少し余裕がつきますし、まだまともなシーズンだったと思いますが、選手よりも監督を見ていると思います。」

「昨シーズンの終わりにトップ4を逃した時、人々は彼に質問をした。彼は物事を変えることができるか?彼はそれらを改善するためにシステムを変更することはできますか?彼が今一緒に働いている選手は、彼が持ち込んだ選手が多いので、彼らと一緒に結果を出すのは彼の仕事です」

アーセナルは、エクトル・ベジェリン、ロブ・ホールディング、新契約のキーラン・ティアニーが怪我から復帰した場合、守備の選択肢が増えるだろう。

来年の夏、彼らはサンテティエンヌからウィリアム・サリバの到着によってさらに強化されます。しかし、彼らの問題は個人よりも深く実行されます。最近の証拠は、彼らが過去の教訓を学ぶことに近いことを示唆しています。

 

(Sky)

 

前節の試合はエメリの采配ミス、交代もフォーメーションも失敗
確かにエメリがやりたい戦術をこなせる選手が少ないのもあるしけが人が多く交代選手がいない現状もあり、11月以降が本当の勝負か。明日のELはグループ予選の中では一番厳しい条件だけどもフィットさせるために負けても復帰した選手を使ってほしい
ぺぺにも早くゴールが欲しいところ

予想(希望)スタメン

GK マルティネス

DF メイトランド=ナイルズ ホールディング チェンバース ティアニー?

CMF トレイラ ウィロック

OMF ネルソン セバージョス マルティネッリ

FW ぺぺ

スコア1-1

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事