フランクフルト0-3アーセナル ブカヨ・サカ!
スポンサーリンク

ブカヨ・サカ1G2A! クリーンシート勝利!

 

Twitter.com/arsenal

 

フランクフルト0-3アーセナル

 

ウィロック(38分)
サカ(85分)
オーバメヤン(87分)

スタッツ

 

フランクフルト アーセナル

ポゼッション率 56.3% 43.7%

シュート数 24本 16本

枠内シュート数 7本 6本

パス成功率 78.9% 72.1%

 

プレイヤーレイティング

 

マルティネス(9)

チェンバース(6)ムスタフィ(7) ルイス(7) コラシナツ(6)

トレイラ(6) ジャカ(7) ウィロック(7)

スミス・ロウ(6) オーバメヤン(7)サカ(9)

SUB メイトランド=ナイルズ(6) セバージョス(5) ぺぺ(6)

MOM サカ

(Sky)

 

ジョー・ウィロック インタビュー

 

「サカは特別な選手だし、今夜は2アシストと1ゴールを決めた」

「今夜は1点決められて勝利に貢献できて嬉しいですが、全体的にはこれからも良い結果が出ると思います。我々にとって大きな試合だった。」

「彼らは非常に強い1vs1だったし、彼らは非常に高いラインからプレッシャーをかけてきたので、我々はカウンターでそれらを打つために試みなければなりませんでした。速い選手がいたので、カウンターで打つというゲームプランができたので、うまくいきました。得点するチャンスがたくさんあったし、勝てた。」

「我々は試合前の雰囲気について話しました。ファンは彼らの後ろにたくさんいます。私たちは自分のゲームに集中する必要があり、それをしました。」

「クリーンシートを取り、大量のゴールを決めるのが大好きだ。今日は強かったですし、次の試合に自信を持って臨んでいきます」

(arsenal.com)

 

ブカヨ・サカ インタビュー

 

目標は叶った?

「とても誇りに思う瞬間だし、とても幸せだ。子供の頃からアーセナルのファーストチームで得点を決めたいと思っていたので、もっとやりたいと思っています。」

ワトフォード戦の結果に対して?

「試合後も更衣室で話し、勝ってそれを取り除いて日曜日に進めて良かったです。」

アウェイについて

「試合前に話しました。彼らのファンは彼らの後ろに多くのサポーターを得て、その端のサポーターはゲーム全体の長い間、騒ぎ立てていました。それは彼らにとって大きなサポートですが、自信を持ってプレーし、ゲームをし、ゲームプランに固執し、すべてがうまくいくと言いました。私たちは、それが私たちに影響を与える必要はありません。」

(arsenal.com)

 

エミリアーノ・マルティネス インタビュー

 

ヨーロッパリーグがスタートしたが?

「ここに来るのは難しかったです。フランクフルトはチャンピオンズリーグのチームのように見えるため、私たちのような存在であり、雰囲気はここが一番です。」

「彼らは最初の15~20分で本当に高く押し上げました。私たちは本当によく防いだと思いました。バック4とミッドフィールダーがゲーム全体を結びつけ、前半に明確なチャンスを得ることができました。」

「後半に、私たちはそれらをどうにか取りました。私たちは本当にうまく守備ができたと思ったので、私たちは4バックで月を越えています。私たちは彼らがクロスボールから空中で強くなることを知っていました、そして私たちは本当によく防ぎました。良いパフォーマンスでした。」

勝利の鍵は?

「ゲームの前に、一緒にいなければならないと言いました。クリーンシートを維持するように努めました。後ろの4人は常に話し合って、「クリーンシート、クリーンシート」と言っていました。」

「その上に構築し、よりクリーンなシートを維持する必要があります。ペペ、オーバメヤン、サカ、マルティネッリで多くのチャンスを生み出すことができることを知っています。今後は本当に良いので、シートをクリーンに保つために一緒に貼り付けなければなりません。」

自身のパフォーマンスは?

「レディングでシーズンの後半は本当に良かったし、プレシーズンを本当にうまく始めた。アーセナルの準備ができていることを確認するために、シーズン前のトレーニングに早く来ました。」

「良いプレシーズンがあり、チャンスを待って、それを手に入れたとき、監督はこの難しいゲームでホームから離れた場所で私を選んだので、バックシートがしっかりしていることを確認するためにクリーンシートを維持したかっただけです。」

若者と明るい未来に?

「試合前に話をしましたが、私たちはプレミアリーグで最年少のチームであることを知っています。今日はとても若かったです。」

「オーバメヤンは前線にいて、エミールとブカヨがウィングいました。彼らはその2人の男たちにとても才能があり、マルティネリ、ウィロック、ネルソンと一緒に...彼らがチームに落ち着くのを手伝えば、彼らはおそらくリーグで最高のウィンガーになるでしょう。」

(arsenal.com)

 

ウナイ・エメリ インタビュー

 

若い選手たちは良い夜になったと思うが?

「私たちには、次の試合での適応のために協力する必要のある新しいプレーヤーがいます。次第に、彼らは良くなっています。」

「たとえば、ペペは今夜30分間プレーし、彼に満足しているしサポートしているが、彼は今以上のプレーができることを知っている。」

「ムスタフィでも同じです。彼は今シーズン最初の試合を行い、チェンバーズは後ろでプレーしました。ダビド・ルイスは今日はじめてムスタフィとチェンバーズでプレーしており、より多くのプレーヤーがいます。」

「ロブ・ホールディングは今、私たちに近づいています。明日、エクトル・ベジェリンとキーラン・ティアニーはU-23でプレイします。」

「すべてのプレイヤーが私たちにとって重要だと思うし、今夜のように働いたゲームから大きな精神を作りたいと思っています。時々、1つのプランがあり、各試合で異なるプレーヤーを使用するように変更する必要があります。」

「今夜、私たちは試合の準備をしました。彼らは攻撃的なチームであり、私たちにプレッシャーをかけたので、私たちは守備的に強く、プレスに強く、トランジションに強くなければなりませんでしたし、アストン・ヴィラとは異なる試合になるでしょう。」

「私たちは個性を持ち、最高のプレーヤーを使用してアイデアを改善することで、そのための準備をします。それは、また別の試合になるだろうと確信しており、アストン・ヴィラは私たちに守備的および攻撃的に向かってくるでしょう。しかし、各瞬間に対抗できる守備的および攻撃的なオプションがあると思います。」

セアド・コラシナツについて?

「彼は日曜日にプレーし、小さな問題を感じましたが、彼は大丈夫だと思います。」

若手がゲームにどのように反映するかについて?

「今夜の試合はホームで非常に強く、非常に攻撃的なチームであるため、難しいことを知っています。」

「ディフェンス的には、時には深く、時には背中全体が非常に深くなるように作業する必要がありました。 私たちが話し取り組んだのは、守備的に組織されており、それらに対して良いプレッシャーがあれば、スペースでボールを回復できるからです。」

「若いプレーヤーを使ってチャンスを与え、彼らがチャンスをつかんで経験を積んだプレーヤーと共有できるようにする可能性があります。 今夜のパフォーマンスは良かった。 私たちは自分たちのやり方で、彼らと一緒に、経験豊かなプレイヤーと私たちのスピリットと一緒にプレーした。 今夜それを見せました。」

ブカヨ・サカについて?

「たぶん、彼のゴールで、おそらく試合中のパフォーマンスで、彼はフィニッシュに自信を持ち、肉体的に強かった。 また、それはエミールでも同じです。 彼の怪我の後、今夜彼は今シーズン初めて私たちのためにプレーし、彼はうまくやった。」

「ウィロックは中盤でアグレッシブであり、スペースでうまく機能しました。 徐々に彼はゲームを通して良くなり、良いパフォーマンスを与えました。」

「ルーカス・トレイラやチェンバーズのような他のプレイヤーはたくさん働きました。 誰もが幸せになれます。 大切なのはそれは継続することです。 この競争は私たちにとって非常に大きな挑戦であり、私たちは何か重要なことをすることに興奮しています。 今夜の大きなチームに対する良い結果の後、それは重要だと思います。」

スミス・ロウが交代した時にかけた言葉は?

「彼と一緒に、ピッチと外で彼ともっと仕事をする必要があります。 昨年、彼は私たちとうまく始めて、いくつかの試合をしました。 その後、彼をドイツへのレンタルで移籍した後、戻ってきたときに負傷しました。」

「彼はU-23でいくつかの試合をしたので、今日は彼にとって大きな挑戦でした。 大きなチャンスでしたが、彼を守る必要もありました。 彼はとてもうまく働いて、私は彼にとても満足していました。 彼にはそれを伝えた。」

フランクフルトでさらにたくさんのシュートをうたれたが?

「私たちはそれらを分析し、彼らは非常に攻撃的なチームです。彼らは3センターバックでプレーしましたが、彼らのフルバックは前進します。」

「彼らは常に私たちに多くのことをディフェンス的に要求することを知っていますが、ほとんどの部分でプレッシャーをかけることは彼らに対して非常に良いことでした。」

「私たちのトランジションプレイはすべて私たちにチャンスを与えるのを助け、それらを作成しました。守備的には、背後、ストライカー、コーナーからの危険があり、多くのプレーヤーが前進してきて多くのシュートをするので、作業する必要がありました。」

ルーカス・トレイラは?

「今夜、彼は非常にうまくプレーし、今シーズン、彼は肉体的に非常に良いと感じた最初の試合です。」

「彼はボックスからボックスに行くことができ、私は彼のクオリティを使いたいです。彼の資質は、彼が私たちに良いプレスを与えることができるということです。」

「そして、彼は私たちに得点の所有権を与えるためにピッチの上のボールに勝つことができます。彼は今夜そうしました。その後、私たちはボールを持った誰かが必要であり、彼の立場で、彼は私たちのビルドアップを助けることができます。」

(arsenal.com)

統計

アーセナルはヨーロッパリーグ(W10 D2)でグループステージ13試合のうち1試合しか負けていないが、グループステージでは6試合連続のクリーンシートとなった

アーセナルは2013年11月(チャンピオンズリーグでボルシア・ドルトムントに1-0対ボルシア・ドルトムント)以来の欧州アウェイ勝利を挙げ、過去5回の遠征(D1 L4)で勝利を収めることができなかった

アイントラハト・フランクフルトは、ヨーロッパ大会でホームで最も大きな敗北を喫し、ホームでの74試合目を迎えた

ピエール=エメリック・オーバメヤンはアーセナルのヨーロッパリーグ出場7試合で7ゴールを挙げており、そのうち4試合はアウェイで出場している

ブカヨ・サカは、アーロン・ラムジー(17歳300日)がフェネルバフチェ戦でゴールした2008年10月以来の次に若いヨーロッパリーグ/チャンピオンズリーグでアーセナルの得点を記録しています。

(BBC)

 

メイトランド=ナイルズ スペシャルインタビュー

 

ベジェリンの復帰について?

「時間だけが教えてくれるし、もちろんできるだけ多くの試合に出たい。」

「私はチームに残りたいが、監督が彼を選ぶと決めたら、それは私が受け入れて共存しなければならない。私はトレーニングを続け、代わりに選ばれるように一生懸命働かなくてはならない。」

「僕は中央かサイドのどちらかでミッドフィルダーだ。私はディフェンダーじゃないので、守備が悪いことについて多くのことを得ていますが、それは私が学んでいるものであり、数年前から学んでいます。」

「一晩で出来るものではない。子供の頃にディフェンダーで、守備が悪かったら、批判がどこから来ているかは分かりますが、チームと監督のためにベストを尽くしています。」

「私は攻撃的な選手なので、自分をチームに入れる場所ではない。それがチームに持ち込める全てです。私はまだ守備面を学んでいるので、選手たちが走っている時のスローイングの技術に対しても、私はまだそれに対処する方法を学んでいます。」

「自分がプレーするメインポジションが1つあるのは常に素晴らしいことだし、他の誰もがメインポジションでプレーできるのは時間の問題だと思う。」

メイトランド・ナイルズは、システムがチームに提供する幅が広いため、バック5の一部としてプレーすることを好むと認めているが、監督はしばしば相手に基づいて中盤のダイヤモンドに変更することを受け入れる

ヨーロッパリーグについて?

「試合からきちんと回復するのに十分な時間が足りないので、プレミアリーグのフォームに影響を与える。」

「しかし、我々は2シーズン連続でそれを経験してきたし、我々ができることは、回復し、眠り、そして次の試合に向けて戦術的な側面を準備するために時間を取り続けることです。」

「プレミアリーグは我々の主な競争であり、我々の地位を確固たるものにしたい。トップ4は素晴らしく、それ以外のものは私たちにとって予想外です。」

「我々は長い間チャンピオンズリーグに出場していたが、それに戻らなくてはならない。それが主な目的です。」

(Sky)

 

サカとスミス・ロウのスタメンは驚きでしたがサカは1G2Aと結果を残しましたね。スミス・ロウは復帰したばかりでまだこれからに期待ですね。
スタメン予想はしばらく当たる気がしないw

ムスタフィも大ボケしなけりゃ悪くないんだよなー

アウェイは相手が引いて守らなければポゼッション捨てて、カウンターで行くことにしたんだな

オーバメヤンは途中で下げると思ってたが中2日しかないが大丈夫なのかな?

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事