フレディ・ユングベリ初戦ドロー
スポンサーリンク

ノーリッジ2-2アーセナル

 

twitter.com/arsenal

 

テーム・プッキ(22分)

トッド・カントウェル(47分)

ピエール=エメリク・オーバメヤン(29分PK、57分)

 

スタッツ

 

ノーリッジ アーセナル

ポゼッション率40.0% 60.0%

パス本数 360本 533本

パス成功率 81.1% 84.6%

シュート数 15本 16本

枠内シュート数 8本 7本

コーナー 7本 12本

 

(Sky)

 

プレイヤーレイティング

 

レノ(9)

チェンバース(5) ムスタフィ(5)ルイス(6) コラシナツ(6)

ゲンドゥージ(6) ジャカ(7) ウィロック(6)

エジル(5)

オーバメヤン(8) ラカゼット(6)

SUBS トレイラ(6) サカ(n/a) マルティネッリ(n/a)

MOM ベルント・レノ

 

(Sky)

 

統計

 

アーセナルは現在、6つのプレミアリーグゲーム(D4 L2)で勝てず、2011年8月以来の最悪の成績(これも6回連続)です。

 

(Sky)

 

フレディ・ユングベリ 記者会見

 

アーセナルの監督を担当した気持ちと、パフォーマンスの出来は?

「もちろん、タッチラインに立ち、この素晴らしいクラブを率いることができたことを誇りに思い、光栄に思いました。ゲームを見ると、私たちは本当にうまくスタートし、私たちは完全に支配し、ポケットを見つけてチャンスを作り出したと思いました。」

「おそらく私たちが率先して、そのために行くことを期待するでしょう。私が思う問題は、私たちが所有している間にトランジションに問題があったことを誰もが見ることができるということです。」

「それは、私たちが取り組む必要があるものを知っているのでコーチにとって簡単です 。それはロックすることであり、それらの方法で反論されることはありません。」

「その後、私は選手たちを非常に誇りに思っています。なぜなら、彼らはビハインドの状態から2度追いつきました。通常、コーチとして士気が落ち、私たちは戦って出てきました。」

「そしておそらくゲームの終わりに、それは私の好みに対しては少しオープンになりました。プレーヤーが疲れるのを見ましたが、結局は引き分けでした。もちろん、ルーカスが最後の1秒間にネットの後ろに置くことを望んでいましたが、それはそうです。」

 

より良い結果が得られると確信しているかどうか

「はい、100パーセント。私にとっては、最初の30分で見たものから、彼らがどのように行ったか、そして我々がどのようにプレーしたのか、信念があった。それは良いことです。」

「私の意見では、攻撃的に我々は良かったし、一つは、我々がダウンした時、それは彼らは頭を振る選手ではありませんでした。彼らは『全員で、これを整理できる』と言っていました。」

「それは、彼らが良い選手であることを知っているという信念を示し、我々は否定的な傾向を変えたいと思っています。僕たちにとっては難しい試合だったが、選手たちはとても良い試合だったと思う。」

 

スタイルをチームに実装するのにかかる時間について

「プレシーズンで、5週間か6週間で、あなたがサッカーをしたい方法を実装できると言います。それはプレシーズンの良いところです。」

それは私が持っているものではなく、小さなブロックを作り、ゆっくりとテンポを変えようとするだけなので、それを理解して練習できることを願っていますが、今は回復する必要のあるプレイヤーがいて、おそらく1つしか得られません。」

「次のゲームの前に再び半分(トレーニングセッション)。それはフットボールです。私にとっては、プレーヤーにとってできるだけシンプルにしようとしていますが、うまくいくでしょう。」

 

彼の指導の下で新たなスタートを切る選手たちに

「選手たちとは一言も話していませんが、私にとってはそういう仕組みです。私は3ヶ月間ここにいて、昨年はU-23の監督をしていて、ファーストチームの試合を全部見ていたので、自分たちがどうやってプレーできるか、どんな選手を使うかについて意見を持っています。私はそのようなものを見ようとします、誰もが公正なチャンスを持っているし、私がトレーニングやゲームで見るものは、私がそれらを判断するものです。」

 

ディフェンスについて

「ゲームを支配したとき、私たちは所有権を持っていて、それは大きな問題ではなかったと思います。トランジションに問題があり、それを修正しようとします。私たちはボールを持っていて、できれば相手があまりシュートできないクラブになりたいです。」

 

この機会について

「私が長い間いたクラブが、自分に何ができるか、何ができないかを知ってほしいと思います。私は日々、ただ楽しみにしていますし、彼らが私にこれを行うことを信頼してくれたことを非常に光栄に思っています。できる限り選手たちを助けるつもりだし、そういう見方をしていい。」

 

トップ4に到達できるかどうかについて

「はい、100パーセント。人々はあちこちでポイントを落とし、我々はポイントを落とす、それは現時点ではクレイジーリーグです。アーセナルがトップ4に入れることを願っています。」

 

より多くのコーチングスタッフを呼び込むことに

「それは私たちが取り組んでいるものです。私が知っているとき、それが明らかになったとき、私たちは皆に知らせます。」

 

ニコラ・ペペをベンチに置いておくことについて

「ペペはとても良い選手です。私が言ったように、私は選手たちがトレーニングで何をしたかを見て、それを私が彼らを判断する方法です。」

 

(arsenal.com)

 

ベルント・レノ コメント

 

チームのパフォーマンスについて

「前半は思い通りにプレーしたが、トランジションで2失点したので、最後は混乱を招いていました。後半は試合のコントロールを失い、引き分けに運が良かった。」

 

個人的なパフォーマンスについて

「前半は、たわんだ失点を喫し、ハーフタイム前に再び失点したと思います。前半はノリッジのチャンスがあまりなかったので、2点目は不運でしたし、後半はもう一度失点せず、ノリッジが非常に深く非常に良い守備をすることが重要でした。試合はまだ開いていたが、そうするつもりではなかった。」

 

ドレッシングルームの雰囲気について

「まず、フレディが楽屋で前半にこれが私たちが望んでいたゲームプランであり、トランジションによる2つのゴールは良くなかったと言ったのでがっかりしました。」

「コントロールを失った。ゲームを分析したとき、ゲームをコントロールしたが前半は良かったと思うが、2つのゴールだけが良くなかった。後半では、トランジションに作業する必要があります。」

 

私たちが改善する必要がある分については?

「ディフェンダー、ミッドフィールド、またはストライカーだけではなく、後半では距離が大きすぎたと思います。前半とは異なり、ノーウィッチのようなチームは非常に上手く、カウンター攻撃でプレーできますが、これは主な問題でした。なぜならそれは個人的なミスまたはボールを失うことであり、これが違いだと思います。」

 

フレディ・ユングベリの下での改善について

「前半に[改善]を見たと思います。ゲームをより良くコントロールし、ペナルティは勝ったので、私たちはより高く、多くのチャンスがあったからです。これらのチャンスをつかむ必要があり、残念ながら、試合後にポジティブな雰囲気を感じることができると思いますが、絵を描くだけでは誰もが幸せではありません。」

 

過去1週間はどうでしたか?

「マネージャーが職を失うと、いつも不思議で悲しくなります。エメリは1年半の間非常に良い仕事をしたと思いますが、クラブはマネージャーとチームの何かを変えることに決めました。楽しみにしているだけで、今日はチームが違うことがわかりました。」

 

フレディ・ユングベリができることについて

「一緒に1つまたは2つのセッションしかありませんでしたが、フレディがドレッシングルームとプレイヤーのキャラクターを知っていると思うので、彼はみんなを扱うことができます。彼は1日か2日ですべてを変えることはできませんが、最も重要なことは考え方と雰囲気だと思います。これまでのところ良かったと思います。」

 

(arsenal.com)

 

 

ジョー・ウィロック コメント

 

「正直に言うと、私たちは、マネージャーが誰であれ、改善する必要があることを集合的に知っています」

「フレディは素晴らしいマネージャーです。私たちは彼を信じており、改善に努めています。」

「彼は、最も重要なことは楽しくプレーすること、バッジの誇りを取り戻すこと、そして勝つために働くことだと言った」

「トレーニングでは毎日、その競争力を取り戻そうとしています。1つのゲームで[運]が変わり、そこから先に進むことができると感じています。」

「金曜日はもう過去です。エメリはとてもいい人で、とても良いマネージャーでした。」

 

(Sky)

 

 

twitter.com/arsenal

 

 

ジェイミー・キャラガー 分析

 

「それはマネージャーを変えるだけのケースではないことを示しています。そこには修正にしばらく時間がかかる問題があります。」

「彼が我々が彼らが何であるかを知っているプレーヤーに戻って、彼らがそれ以上良くなるつもりはないので、私はチームに驚いた。」

「クラブの前進に関しては、チームに所属している選手について調べてください。カラム・チェンバースはすぐに戻ってくるわけではありません。彼がプレーするたびに彼は苦労します。それとルイスは答えではありません。」

「彼らはぺぺに7000万ポンドを費やしました。彼がどんな人なのかを見る必要があります。クラブとして、他とは対照的にプレーする必要がある特定のプレーヤーがいます。」

 

(Sky)

 

 

マーティン・キーオン分析

 

フレディと私がプレーしたアーセン・ヴェンゲルのアーセナルの特徴を見ると、彼も彼のチームにサッカーをしてもらいたいと思っているようです。ボールを持っていると、彼らは確かに最近よりもずっと良かった。

しかし、スペースを譲り合い、ボールを競わなかったり、相手選手に近づかないと、サッカーの試合には勝てません。

それがキャロウ・ロードのアーセナルに起こったことです。はい、彼らはいくつかのキャラクターを2回後ろから来るように見せましたが、より良いディフェンスがあれば彼らはそもそもその位置にいなかったでしょう。

フレディは、1週間、1か月、またはそれ以上、どのくらいの期間にわたってマネージャーになるのかわかりませんが、彼の最初の仕事はそれを正しくしようとすることです。

一緒にプレーしたとき、ボールを失ったときに持っていた規律と組織が私たちの成功に大きな役割を果たしたとき、フレディはチームで持っていたのと同じ重要な価値観を目指しています。

彼が持っているチームで、そしておそらく限られた時間枠でこれらの理想を達成するのは彼にとって難しいだろうが、彼は試さなければならない。

もしそれが起こるとすれば、それは彼にだけではありません-アーセナルのプレイヤーからの考え方のシフトが必要になるでしょう。

それによって-そして私はここで元ディフェンダーとして明らかに話している-私は彼らが所持していないときに必要なもののプレーヤーによる実現と、実際に行ってそれを行う意欲も意味する。

私はあなたがボールを失った瞬間からあなたがそれを取り戻そうとするまでの時間枠について話しています。

あなたがそれを取り去った人と競争することによってすぐに勝つことができないなら、あなたは位置に戻り、チームはその形に戻ります。

これらは基本的なことです。実際、どちらも行わないでおくと、アーセナルにとって長い間頻繁に起こっていることです。

もちろん、フレディは今週は変更する機会がほとんどないか、まったくありませんでした。彼は金曜日にのみ担当しました。

魔法の杖はありません。そして今シーズン、これまでアーセナルで見たことの多くには、日曜日に見た理由がたくさんあります。

しかし、彼は勤勉なプレーヤーだったし、コーチとしての違いを生むチャンスがあり、チームが参加しているスライドをうまくいけば改善できるでしょう。

次の数週間は簡単ではありません-アーセナルは来月に7つのプレミアリーグゲームを持っています、そして私は現時点で簡単なものを見ていません。

しかし、彼はその日程に恐れることはできません。また、人事も変更することはできませんが、既存のチームをより良くしようとするために、挑戦に立ち上がってトレーニングピッチで作業を行う必要があります。

 

今後の日程

12月5日(木) ブライトン(H)

12月9日(月) ウェストハム(A)

12月12日(木) スタンダール・リエージュ(A)

12月15日(日) マンチェスターシティ(H)

12月21日(土) エバートン(A)

12月26日(木) ボーンマス(A)

12月29日(日) チェルシー(H)

1月1日(水) マンチェスターユナイテッド(H)

 

アーセナルが次に必要なものは勝者

アーセナルが次のパーマネントマネージャーとして望んでいる人については多くの憶測がありましたが、私はその人が誰であるか、特に彼らがもたらす価値と資質については特に気にしません。

カリスマ性のある人が欲しいです。優れたコミュニケーターであり、プレイスタイルに適切なバランスをもたらすことができるモチベーターです。

ただし、何よりもアーセナルには勝者が必要です。クラブに対する長期的なビジョンを持ち、そのビジョンを完全に理解できる人。

ですから、取締役会が望んでいるマネージャーのタイプには明確な計画がないように思われるのは少し心配です-それを確認するには、言及されているすべての名前の非常に異なるプロファイルを見るだけです。

そのようなことは、役員室にあった最近の問題に当てはまり、クラブのさまざまなポジションの人々が入りたいと思うようです。

次のマネージャーを誰が決定するのかはわかりませんが、面接プロセスの一環として、候補者にチームにどのような変更を加えるかを尋ねることができれば幸いです。

それはほとんど明らかであるため、ほとんどのマネージャーにとって簡単なインタビューになるはずですディフェンスと中盤の中心を強化し、アーセナルはプレミアリーグの本当の力になることができます。

 

(BBC)

 

攻撃に対しては、多少の改善は見られたと思う。
特に前半。急がずにボールをキープしてハイラインにしてコンパクトにはしていた

 

問題は言われている通りネガティブトランジションだろう。
選手の中で、向いている人がいないんだよな。
もう、ダビド・ルイスがアンカーで、その前にジャカとトレイラが一番いいかもな。

 

ユングベリは、実質2日しかなかったし急には変わらないが
とにかく28年振り以来で勝ててないので、もう勝たないと!

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事