厳しい現実のまま
スポンサーリンク

厳しい数ヶ月間

 

Sun

 

 

アーセン・ヴェンゲル FIFA就任

 

アーセン・ヴェンゲルは、FIFAのグローバル開発責任者に就任する。IFAB(国際サッカー評議会)でのルール作成パネリスト、コーチングプログラム、FIFAトーナメントの試合分析を担当する。

2018年10月までFIFAテクニカルディレクターであった、マルコ・ファンバステンの代りとして就任するかたちになる。

アーセン・ヴェンゲル コメント

「この非常に重要な課題に取り組むことを非常に楽しみにしています。より広い視野からサッカーを分析することに常に興味を持っているからだけでなく、世界サッカーの運営組織としてのFIFAの使命は真にグローバルであるからです」

「私たちが近年目にする新しいFIFAは、スポーツそのものを目標の中心に据えており、さまざまな要素でゲームを開発する決意を持っていると思います。この目標に貢献でき、私のエネルギーをすべてを投入できると確信しています。」

「学んだことを共有したいし、大好きなゲームについての知識を共有したい」

「たぶん、それを行うのに最適なポジションの1つはFIFAである。質と知識においてサッカーが成長するのを助けることができるポジションだと思う。」

「義務の一部は、男子と女子の両方のサッカーの発展に貢献することです。それは非常に重要です。最近、女子ワールドカップでそれが世界的なスポーツであることがわかりましたが、まだやるべきことがたくさんあると思います。ゲームや個々のプレイヤーのパフォーマンスを分析する方法に私のアイデアをもたらすことができます。

「全体的に法律の改善に貢献したい。IFAB(International Football Association Board)にも関与する。主に、世界中でコーチングの効率と改善に貢献したい。」

ジャンニ・インファンティーノFIFA会長 コメント

「私たちはサインすることができてとてもうれしいです。つまり、アーセン・ヴェンゲルです。彼はトップマンであり、サッカーのトップパーソナリティです。本当にアーセン・ヴェンゲルは尊敬されています。」

「トップレベルだけでなく、これは彼を非常に特別なものにします。彼は世界中でコーチングを行ってきました。彼は生涯コーチングを行ってきました。サッカーの技術開発に焦点を当てています。」

私はアルセネに非常に期待しています。彼はチームの一員です。世界中のサッカーの発展に関して素晴らしいことをすることができます。」

(Sky)

 

twitter.com/arsenal

 

 

アーセナル ミニニュース

 

アーセナルは、メリフ・デミラルに注目している

 

今夏に、サッスオーロから1600万ポンドでユベントスに加入した、メリフ・デミラル(21歳)トルコ代表は、移籍後1試合しかプレーできていない。

マウリツィオ・サッリ監督の計画に入れず、2週間後に到着したマタイス・デ・リフトがユベントスの希望となりました。

しかし、トルコ代表では主力として活躍しており、4試合中3勝とフランス戦の引き分けに貢献している。

1月の移籍には3400万ポンドを必要としています。

エルリング・ハーランドからバルセロナは撤退

 

チャンピオンズリーグで話題となっている、ザルツブルクのハーランド(19歳)ノルウェー代表に対して、バルセロナは19歳の選手に8500万ポンドは高過ぎると考えているとESPNは主張している。

バルセロナは、1億760万ポンドでアトレティコ・マドリードから、アントワーヌ・グリーズマンとアヤックスから6700万ポンドで、フレンキー・デ・ヨングを獲得したばかりだ。

これにより、アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドは有利になった。

 

アーセナルは、オレル・マンガラに熱心

 

アーセナルは、シュトゥットガルトのオレル・マンガラ(21歳)ベルギー代表U-21代表に関心があり、移籍する準備ができているとHLNは主張した。

ただし、アーセナルがマンガラのサインを確保するためには、早くうごかねばならない。それは、ローマ、リヨン、マルセイユ、リールも興味があるからだ。

 

ティエリー・アンリはニコラ・ぺぺを擁護

 

Yahoo Sportインタビューにて

「あなたがそのように到着すると、あなたはいつも話題になり、人々は常にあなたをターゲットにします。」

「彼はそれを聞いて外に出てプレーしないことを確認する必要があります。」

「人々は値札を忘れる必要があります。」

「彼は自分でその金額で買われるように頼んだのではありません。」

「チームに到着して新しいスタイルのプレイに適応するのは必ずしも簡単ではありません。」

「プレミアリーグは、ご存じのとおり、フランスリーグや他のリーグとは異なります。」

「だから彼はそれに適応する必要がある。彼に時間を与える必要があります。」

「人々は選手を強調するのが好きですが、チームが少し良くなっているなら、多分彼は少し良くなっているでしょう。」

「その瞬間、それはペペのものではなく、アーセナルのものです。」

「うまくいけば、彼とチームが良くなって、再びトップ4に入ることができます。」

(Sun)

 

ラウル・サンジェイは、デビッド・オリアリーを拒否

 

サー・チップス・ケズウィック会長とロード・ハリス取締役は、オレアリーに公式な立場でクラブの上層部に加わり、サッカーの面で助言することを望んでいると語った。しかし、SDのラウル・サンジェイはその動きに反対している。

元バルセロナ出身のスペイン人は、夏にクラブの最初のテクニカルディレクターとして元ガナーズのミッドフィールダーエドゥを任命し、新たに作成された別のサッカーポジションに参加するオリアリーについては留保があると考えられています。

ハイバリーで19年間プレーし、2014年に大使としての役割を与えられたオレアリーは、今シーズンのクラブの赤いネクタイを着たアーセナルの試合の大半で見られました。

彼は、2005年からディレクター、2013年から会長を務めるケズウィックを含む、あるクラブの「旧警備員」と言われるものと密接なつながりを持っています。

オレアリーの提案された関与をめぐる摩擦は、問題を抱えたクラブ内に存在する問題のさらなる証拠です。

サンジェイは自分の立場は安全だと主張しているにもかかわらず、ボス・ウナイ・エメリーはプレッシャーにさらされている。情報筋によると、シーズン終了前にマネージャーを変更することには抵抗がありますが、チームの調子が悪い場合、彼らの手は強制される可能性があります。

(Daily Mail)

サー・チップス・ケズウィック会長

アーセナルの会長は、前会長のピーター・ヒル=ウッドまで3世代にわたりヒル=ウッド家が支えてきた。健康上の理由から2013年6月よりサーチップス・ケズウィックが会長に就任した。

サー・チップス・ケズウィック会長は、2005年からアーセナルの役員を務めており、イングランド銀行のディレクターでもある。

ロード・ハリス取締役

2005年からアーセナルの取締役になった。2015年に「銀行の預金は2億ポンド以上ある。メッシとC・ロナウドを除けば誰でも獲得できる。」と豪語した人としても有名

デビッド・オリアリー

約20年間、下部組織からアーセナルで過ごし、722試合出場とアーセナルの記録を持っている。

※イギリスファンは、冷やかな目で見ており、オリアリーよりもサンジェイを支持している人が多い

 

そろそろ冬の移籍の話題も多くなってきました
そのための準備としても監督交代は早い方が...

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事