アルテタ監督ホーム初戦
スポンサーリンク

本日(29日)23:00 アーセナルvsチェルシー

 

twitter.com/arsenal

 

メディカル情報

 

エクトル・ベジェリン

右ハムストリング 評価される

ダニ・セバージョス

フルトレーニング復帰 評価される

ロブ・ホールディング 

フルトレーニング復帰 評価される

セアド・コラシナツ

右足首靱帯損傷 1月に戻ることを目指している

キーラン・ティアニー

右肩脱臼 手術は成功 約3ヵ月間リハビリ

ガブリエル・マルティネッリ

左ハムストリング 評価される

ソクラテス

脳震盪 出場不可

カラム・チェンバース 

出場停止から復帰

 

(arsenal.com)

 

 

ミケル・アルテタ インタビュー

 

「私が最後にトンネルを下りたときのことを覚えています。私の子供たちを腕に抱いています」と彼は回想します。「私は妻に「いつかここにマネージャーとして戻ってくる」と言った。それは思ったより少し早く来たが、それは夢だった。

「私は以前より多くの家族を持っている-私はより多くの子供を持っている!より多くの経験がありましたが、何をしたいのか非常に明確な考えがありました。退職の2年前に、コーチングバッジを始めました。すでにそのラインでこのゲームを試してみたいという気持ちがありましたが、今の自分が本当に幸せです。」
「私はそれをもっと楽しんでみようとしている、そしてそれを楽しんでいる」

「この職業は多くの楽しみに値します。」

「多くのことが進行中に起こります-直面しなければならない怪我や状況-それは時々、全体像を見ることができない場合があります。しかし、うまくいけば、毎日少しずつピンチを覆していくところを見て、楽しんでください。」

「 できる限り一生懸命働き、それを最大限に活用し、プロフェッショナルになろうとしていますが、同時に、これは、準備してきたことに対する報酬でもあります。」

「私は、状況によってはもう少しコントロールを始め、物事が起こった理由をもっと認識したいと思います」

「プレイヤーは2秒前に来ている絵と解決策がどこにあるかを理解しなければなりません。しかし、それはやがて来るでしょう。彼らはそれを拾います。」

「トレーニングする時間はあまりありません。開始イレブンで1週間に2つのセッションしかないと思いますが、それは何もありません。しかし、ビデオ、トーク、個別のミーティング、ゆっくりと、その情報を受け入れなければなりません...そして、チームとしてそれらを助けるいくつかの基礎と原則の構築を開始します。」

ミケルの優先事項の1つは、ボールを失ったときの反応を変えることでした。2試合後、彼は間違いなくその重要な分野で改善を見ました。

「それは、ボーンマスとの最後の試合で私がもっと喜んだことの一つだった」

「まだ改善の余地がありますが、それは毎日です。彼らに要求し、彼らに挑戦し、彼らがそうすればすぐに走る必要がないことを確信させます。はるかに組織化されており、必要なことをしていないため互いに戦うことはなく、ゲームをよりよく制御します。」

 

(arsenal.com)

 

BBC予想

 

これは、アーセナルのボスとしてのミケル・アルテタの最初のホームゲームであり、それは皆に少しリフトを与えると確信しています。

しかし、私はガンナーズを守備的に信用していません-誰が担当しているかに関係なく、同じプレイヤーであるため、できません。

チェルシーも現時点では非常に矛盾しています。サウサンプトンによる彼らの敗北を最後に見ましたが、彼らがそのゲームにいたのと同じくらいイライラしますが、彼らがここでもっとうまくプレーしても驚かないでしょう。

予想スコア1-1

 

(BBC)

 

チャーリー・ニコラス予想

 

チェルシーはまだまだ上下しており、重要なクラスと真のクオリティを備えていません。先週私はそれに触れましたが、ウィリアンは今シーズントップクラスでした-彼は取り残され、彼らはサウサンプトンにホームで負けます。

組織的にはより良い形になっています。ウィリアン、マウント、エイブラハム、プリシッチの動きが問題を引き起こします。彼らは良いペースと良いバランスを持っているが、ジョルジーニョとカンテはボールに時間の余裕があるときは良い。

チェルシーはどのような変更を加える必要がありますか?彼らは可能な変更に非常に限定されています-後ろの3人はトッテナムで働いていましたが、サウサンプトンに対しては働いていませんでした。ディフェンス陣のミスは多すぎますが、アーセナルに話を戻しましょう。

グラニト・ジャカはオフになっているかもしれないので、彼は中盤で最高のバランスだと思ったものを選んだ。マテオ・ゲンドゥージが持っているものが好きであるのと同じくらい、彼は時々苦労しましたが、彼はうまくいって、いつかフィールドに戻るかもしれません。

左のブカヨ・サカは、プレイしなければならなかったことがわかりますが、彼は攻撃者であることを考慮して非常にうまくやっています。

アレクサンドル・ラカゼットがチームに復帰し、ピエール・エメリク・オバメヤンが得点しましたが、ラカゼットは低調でした-彼はそのゲームを必要としていました。

メスト・エジルは下塗りされましたが、スペースを見つけられなかったので、その理由がわかります。私はボーンマスで見たアーセナルのチームからの欲望と少しの戦いを楽しんだ。これは、大きなプレーヤーを持ち上げます。彼はいくつかの変更を加えることができましたが、私の心はここで私の頭を支配しています。

予想スコア3-2

SKybetオッズ ホーム2.80 ドロー3.75 アウェイ2.30

 

(Sky)

 

アーセナルニュース

 

twitter.com/arsenal

 

 

エバートン戦からの大幅改善

 

Sun

 

エバートン戦から、わずか5日しか離れていないが、チーム走行距離が4532m増えた。

 

(Sun)

 

アーセナルは、最年少監督であり、最年少チーム

 

Sun

 

ミケル・アルテタは、フランク・ランパードよりも4歳若く、プレミアリーグでの最年少監督。プレイヤーの平均年齢は25.1歳で、ウルブスの25.7歳よりも若い。

 

ヤング・ガンナーズ

タイリース・ジョン・ジュールス(18歳)FW イングランドU-18代表

チャールトン出身 8歳でアーセナルに入団

「エディ、ジョー・ウィルロック、リース・ネルソンのような選手が最初のチームでプレーしたという事実は、私たち全員にとって非常に勇気づけられるものです」

「アーセナルが若い選手に機会を与えていることを示しています。

「もちろん、最初のチームでプレーすることは私の長期的な目標ですが、短期的にはU18とU23でできる限り多くのゲームをプレイしたいと考えています。

「たくさんの目標を達成できれば、大きな助けになるでしょう。」

フォラリン・バログン(18歳)FW・MF イングランドU-18代表

ニューヨーク出身 2歳でイングランドに移り、その後アーセナルアカデミーに入団

バログンは、昨シーズンのアーセナルの若いガンナーの 23回の出場で22ゴールを達成したゴールスコアリングマシンです。

そのフォームは、水曜日の夜にスティーブボールドのアンダー23のわずか6分間でハットトリックを記録した10代のプレシーズンに続きました。

「私は最後のディフェンダーの肩でプレーし、彼らの後ろで走るのが好きな種類のストライカーです。ピエール・エメリク・オバメヤンのプレーと同様です」

「私は、チャンスが来たときに最適なオプションを使用できるように、さまざまな仕上げ方法を改善および開発しようとトレーニングで多くの仕事をしています」

「また、ディフェンダーが推測し続けるのに役立ちます。プレーするチームの標準が上がるにつれて、ボールの時間と機会がますます少なくなります。」

「私はニューヨークで生まれたので、アメリカでプレーできる」

「両親はナイジェリアで生まれ、私は2歳のときからイギリスに住んでいます。そのため、両方の国でもプレイできます。」

ジョーディー・オセイ=トゥドゥ(21歳)SB

ガーナ出身。2015年にリーディングから移籍。現在は、ボーフムにレンタル中

ユースでは、オセイ=トゥドゥは得点王でしたが、U-18ではアーセナルは彼を右バックに切り替えました。

クラブは昨シーズン、彼をウィンガーに戻すことを考えていましたが、前チームの最後の学期でトレーニングした後、元ボスのアーセン・ウェンゲルは、攻撃側のディフェンダーとして残ることで大きな可能性があると主張しました。

彼の古い位置への切り替えは中止されました。

エミール・スミス・ロウ(19歳)MF イングランドU-20代表

ロンドン出身。9歳からアーセナルアカデミーに入団

わずか17歳で、一生のうちにほとんどのサッカー選手よりすでに多くを達成しています。

トーナメントの傑出したスターの1つであるガンナーズの天才は、イングランドのアンダー17サイドでワールドカップを獲得しました。

彼は明るい未来の特徴に向かってすべての特徴を持ち、どちらの翼でもプレーすることができます。

リース・ネルソン(20歳)FW イングランドU-21代表

ロンドン出身。9歳からアーセナルアカデミー入団

「ティエリー・アンリがアーセナルでU19のコーチだったとき、彼は多くのアドバイスをくれました。彼の主なものは、グラウンドにとどまることでした。

「多くの子供たちは、18歳か19歳になると、派手になり始め、プロのサッカー選手であることの本当の基本を忘れ始めます。

「彼はいつも言っていました:「それを理解すれば、あなたは頂点に達するでしょう。」

「アーセナルのファーストチームに侵入することを目指していなかったら、それは正しい考え方ではありませんでした。」

コンスタンティノス・マヴロパノス(22歳)CB 元ギリシャU-21代表

2018年1月にPASヤニナから移籍。9歳の時からのグーナーだった。

元ギリシャ代表監督

「非常に強いことは別として、彼は空中で非常に効果的であり、比較的迅速で、優れた個性を持つ選手でもあります。彼は進行中の作品であり、アーセナルは彼をさらに発展させることができると確信しています。」

「彼はゲームの戦術面で一生懸命働かなければならない」

「彼はイギリスではまったく異なる世界を待っています。彼は自分のコントロールとパスを改善する必要があり、確かにそうするでしょう。彼はもっと効率的になる必要があります。

「これまでのところ、彼は3-5-2フォーメーションで多くプレーしており、守備志向のチームで2人の中央ディフェンダーが隣にいます。アーセナルで彼は全く異なる状況に直面するので、彼はこれを成功させるために一生懸命に働かなければなりません。」

エディ・エンケティア(20歳)FW イングランドU-21代表

9歳でチェルシーユースに入団、14歳で背が低いことが理由で放出されたが、数日後アーセナルユースに入団。現在は、リーズにレンタル中

彼のデビューは、ヨーロッパリーグのBATEボリソフでの勝利の後半の代役として登場し、次の出演は1か月後のリーグカップでのノリッジ戦でした。

エンケティアがベンチから出て、15秒以内に同点ゴールを獲得したため、エンケティアの名前はエミレーツの忠実な人々によって広く知られるようになりました。

「多くの人がアーセナルで得点するのにたった15秒しかかからなかったと思うが、私はこの人生のためにずっと働いてきた」

ジョー・ウィロック(20歳)MF イングランドU-20代表

ロンドン出身。3人兄弟ともアーセナルアカデミー出身

「私は幸運にもいくつかのゲームを始めることができました。

「U-12やU-13でプレーしたことにとても怒っていたので、私は食事を拒否したすべての夜を思い出します。

「私がいた場所から現在の場所への旅がすぐに来て、本当に速く行ったので、それは私にとって旋風のような経験でしたが、今は家にいるように感じます。」

 

(Sun)

 

ウパメカノ 4000万ポンドで放出?

 

ダニ・ウパメカノ(21歳) CB RBライプツィヒ フランスU-21代表

RBライプツィヒは、パリ・サンジェルマンのタギ・クアッシ(17歳)を獲得できれば、ウパメカノに1月の退団を許可する。クアッシは、ウパメカノの長期的後継者であり、来夏に獲得予定だったが、すでに契約寸前まできている。

ガンナーズは、今夏に5500万ポンドのオファーを断られている。

 

(Sun)

 

このチェルシー戦は重要だ、勝てば4位まで5P差だしチェルシーも状態は悪い

勝つしかないじゃん!

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事