ジョシュ・クロエンケ 未来を信じてくれ
スポンサーリンク

アーセナル情報(8月20日)

 

出典 BBC SPORT

 

ジョシュ・クロエンケ インタビュー

 

彼らは移籍市場で魔法を使った

 

ジョシュ・クロエンケはEL決勝戦の後半で4失点を認める事でこの夏の補強に対するアーセナルのアプローチが変わり、移籍市場で魔法をかけるクラブのスタッフを称賛した事を明らかにした

ガナーズは5月にアゼルバイジャンでチェルシーに4-1で敗れ、3年連続でチャンピオンズリーグの権利を逃し消費を制限した

しかし、クロエンケはバクーの失望がプレミアリーグの最大の支出者の1人に導いたターニングポイントであり、今後のキャンペーンの見通しについて期待を高めた

「試合の後半が展開され、現在の位置と移籍の観点から夏に向かう目標の一部を理解したため、最後の45分について基づいて戦略の一部を再考しなければいけなかった。」とクロエンケは述べた

億万長者のスタン・クロエンケが所有するこのクラブは夏の早い時期にサポーターグループによって批判され、プレイヤーの移籍への新しいアプローチでプレミアリーグでの戦いを再活性化するようディレクターに呼びかけた

ヨーロッパリーグ決勝の余波と移籍方針の変更について、クロエンケは「チャンピオンズリーグに出場出来ないことがわかったし、才能のある選手が必要だ。」

ヴェンカテシャムMD、ラウル・サンジェイSDは、飛行機でバクーから戻った後、彼らとウナイ・エメリで1日中会議をしアグレッシブに何が可能かを見つけようと決めた

「彼らはマーケットに出て行き、新しいチームのために素晴らしい舞台裏でのコンタクトを見せ、アーセナルフットボールクラブでプレーすることに本当に興奮している才能のある選手を見つける事が出来ました。」

「私達は非常に強い夏を過ごしたと思ってます。今シーズンと今後数年間の事を考え、ピッチ上の特定のエリアの補強に取り組みました。特定の年齢プロファイルがありました。チャンピオンズリーグ出場権はないが私はフットボールの運営部門に攻撃的であることを奨励し、アーセナルフットボールクラブが選手のドアをノックする時、それは別のノックです。」

「今年の夏、バクーから強い立場になかったけれども、アーセナルフットボールにはまだオーラがあると不意をつかれた人もいたと思います。今後も未来に押し上げ続けていくことを楽しみにしてます」

チャンピオンズリーグの出場権を逃すと、アーセナルは4500万ポンド+移籍収入の移籍予算になることがわかった

ガブリエル・マルティネッリ、ダニ・セバージョス(レンタル)、ウィリアム・サリバ、二コラ・ぺぺ、キーラン・ティアニー、ダビド・ルイスとのサインには10000万ポンドを超える費用がかかりますが、その多くは契約の過程で分割で支払れます

一方、アレックス・イウォビ、クリスティアン・ビエリク、ローラン・コシエルニー、デビッド・オスピナ、ドミニク・トンプソン、ザビエル・アマエチ、カール・ジェンキンソン、エンケティア(レンタル)と売却条項により、資金は回収された

 

プレッシャーで動いたわけではない

 

アーセナルが自立したモデルに固執しているのか、それともオーナーのクロエンケ・スポーツ・アンド・エンターテイメント(KSE)が資金を注入したか尋ねられると、父親のスタンの副会長を務める39歳のジョシュ・クロエンケはこう答えた。

「クラブのプライベートな問題になるだろうが、アグレッシブであることでファンは理解してほしい。」

「夏に入ってアグレッシブに動くことはわかっていたし、売上に依存するつもりはなかった。彼らは外に出て彼らの魔法を使った、彼らが我々の側にいることを嬉しく思います。」

クロエンケは、この夏のファンからの抗議は、クラブが選手に10000万ポンド費やした理由ではないと言いました。

「実際は今年の夏はリアクティブではなくプロアクティブでした。」

「夏に一部のサポーターグループが公に展開したことは残念でした。私は彼らの懸念のいくつかに私達の最大限の能力を使いこたえようとした。」

「移籍市場は進化し、生き、呼吸するものです。私達は主要なターゲットを特定し、それらの取引に取り組み、時間をかけて実行することが出来ました。」

「アーセナルのファンにとっては、我々が市場に出ている時、我々が何を考えているのか分からないかもしれないし、何人かの名前に驚くかもしれない。」

「1月についてはまだ話を進める段階ではありません。再び先を見越して、短絡的にいくつかの評価をして今後の対処が必要な場所を把握する必要がある。」

父親の反応を尋ねられると、クロエンケはこう付け加えた。舞台裏で新しい顔をどんどん知る機会があり、彼は一人ひとりと一緒にいる機会を得て彼は興奮している

「難しいのは、忍耐強く、今後数年間に展開する計画を立てていることを理解することです。我々は北米のチームでそれを行ってきたし、我々はアーセナルでそのようなタイプの人々と意思決定者と一緒にやっていきたいと思っている。この夏は、私達が質の良い人々を持っていることの例だと思います。」

 

エメリは必要だ

 

アーセナルのエメリ監督は2018年5月に3年契約でアーセン・ヴェンゲル監督の後を継いでおり、昨シーズンのプレミアリーグ5位とヨーロッパリーグ準優勝を果たした

「彼は素晴らしい仕事をしていると思う。アーセナルだけではなくヨーロッパのフットボールでもアーセナルのような伝説的な監督や人物からページをめくるのは、常に難しいページになるだろうし、クラブとして我々は出来るだけエレガントに変えたと思う。」

「ウナイ・エメリの日々のアプローチは素晴らしいと思います。彼はピッチに立ち仕事をしていて、ビデオを見ていて、コミュニケーションをとっているし、彼の日々のエネルギーと仕事への献身は素晴らしい。」

 

プレミアリーグのタイトルを獲りたい

 

「プレミアリーグのタイトルに挑戦することは常に我々の目標だ。世界で最も偉大なリーグの強さに基づいて、プレミアリーグのタイトルを争っている場合は、他の場所でも競争してます。それがFAカップなのか、ヨーロッパの大会なのか。全力を出したい。」

アーセナルはプレミアリーグ開幕2試合(アウェイ、ホームでバーンリー戦)に勝利しているが、次は土曜日にリバプールに行き、9月1日にトッテナムが訪問する。ガナーズはタイトルの可能性の低い候補として具体化することはできますか?

「我々は困難な仕事を迎えている、ディフェンディングチャンピオン(マンチェスターシティ)やチャンピオンズリーグチャンピオン(リバプール)を皮切りに、我々の前に非常に強いチームがいくつかある。」

「私達は何をすべきか知っています。我々の前に非常に強いチームがあることを知っています。バクーで5月に終わったよりも強いチームで戻ってきましたし、このグループが何ができるかを見るのが楽しみです。彼らは仕事に取り掛かる準備ができていて、私たち全員のために何をする必要があるかを知っています。」

クローンケは、昨シーズンチャンピオンのマンチェスター・シティに28ポイント差をつけられているにも関わらず、アーセナルは今後数年間でプレミアリーグ優勝を目指していると語った。
ガナーズは1989年から2004年の間に5回優勝したが、インビンシブルズが最後のプレミアリーグタイトルを獲得してから15年以上になる。

「私たちの野望はファンと同じです。勝ちたいですし、できるだけ多く勝ちたいと思います。そして、楽しい方法で本当に楽しい試合を見せたいと思ってます。私たちは、グループがそれを行う必要があると思います。」

「私たちは最高の野心を持っています。北米では勝とうとしています。昨年はロサンゼルスのラムズがスーパーボウルに入った。バクーでのヨーロッパリーグ決勝がどんなものか想像できる。」

「プレミアリーグには6つの偉大なクラブがあり、残念ながら保証されているのは4つのスポットのみ。関連する経済性 - クラブに再投資することができるように、チャンピオンズリーグでサッカーをしたい別の選手を引き付けられるように...我々の目標は、チャンピオンズリーグに戻ってプレミアリーグに勝つことです。」

 

長い間ここにいたい

 

スタン・クロエンケのクローンケ・スポーツ・アンド・エンターテイメントは、2007年にアーセナル株を取得し始め、その後の10年間で徐々に影響力を増し、最終的には1年前にライバル投資家のアリッシャー・ウスマノフが株式を売却することに合意した

ファンベースのセクションはKSEと特にスタン・クロエンケに激しく反対しているが、彼の息子は彼らがここに滞在し、その上のチームのためにピッチ外の関係を構築したいと主張しました。

ジョシュ・クロエンケは、アーセナルのファン層は「おそらく私が今まで目撃した中で最も強力なものになるだろう」と語った。

「情熱はいくつかの異なる方法で進むことができますが、アーセナルサポーターのコミュニティの情熱をしっている事は信じられないほどの光景になる。試合の日にここいると思うと寒気がしてくる。しかしサポーターが私達の後ろに団結したことを知ることは非常に強力なものであり、彼らが本当に後ろ盾できるグループだと思っている。」

「彼らは私達が何者であり、何を達成しようとしているかを理解する必要があります。人々が私達の性格を理解する事は重要です。結局のところ私達はファンだからです。私達は勝ちたいし、そうすれば仕事は楽になる。」

「私達がどれほど情熱的であるかを知ることが重要です。昨シーズン、ファンのグループと何人か会った時、私は彼らに時間の経過と共に信頼を得られると伝えました。私達はまだはじまったばかりで、出来ればもっと多くの仕事でより多くの信頼を得られる事を願ってます。」

「エミレーツは私や私の家族にとって特別な場所です。出来れば長い間ここにいることを楽しみにしてます。」

BBC David Ornstein

 

 

ジョー・ウィロックはユングべりを称賛

 

ジョー・ウィロックはシーズンに向けて夢のようなスタートをきったあとユングべリを称賛した

「ユングべリはクラブでのレジェンドだけでなく信じられないほどのマネージャーでありコーチだ。」

「彼は私のメンターで人々が本当に知らない舞台裏で多くの事を見せてくれた。」

「毎日、彼と一緒に仕事をして彼から学んでいます。」

「彼は私の試合での全体的なプレーを改善してくれました。具体的に言うと相手に囲まれて身動きが取れなくならないような10番の動きと攻撃する時の8番の動きです。」

「彼はスペースを確保し、相手のチームを攻撃するための様々な戦術を示してくれました。これらは本当に重要な事です。」

(sun)

 

二コラ・ぺぺ インタビュー

 

アーセナルに新しくサインした二コラ・ぺぺはウナイ・エメリを称賛している

「彼はフランス語を話すのでコミュニケーションをとるのが簡単になって本当に良かった。」

「私は新しく入団し、新しい戦略や戦術を覚えるのにコーチの助けを得られるので本当に助かります。私は英語を覚える必要があり、彼はそれも助けてくれています。」

「私がここに来ることを選んだのは野心のあるクラブだからです。彼らはチャンピオンズリーグに戻ってくるという夢を持ってるし、私も野心を持っているので、選択は非常に論理的だった。」

「プレミアリーグは非常に激しいチャンピオンシップであり、世界最高のリーグなので、私はプレミアリーグに惹かれています。ヨーロッパリーグで優勝するアイデアもあります。私は我々が行く事を信じてます。」

(arsenal.com)

 

ルーカス・トレイラ代理人 コメント

 

「ジャンパオロ(ミラン監督)はトレイラを中心選手として考えていた。」

「しかし、アーセナルは彼を売るつもりはないと言った。クラブは彼に満足している。トレイラは元気です。彼は今シーズン、アーセナルのユニフォームを着てチームに貢献するでしょう。」

「今日は経済的な問題を抱えてますが、ミランはミランです。常に重要なチームです。」

(sun)

 

ゲンドゥージ 契約延長へ

 

アーセナルはマッテオ・ゲンドゥージと新たに5年契約を結ぼうとしている。
昨年の夏にロリアンから来て以来、トップチームにいる20歳の賃金は週給7万ポンドにほぼ倍増する

ゲンドゥージは720万ポンドのバーゲン価格で移籍してきた

フランスU-21代表は昨シーズン、アーセナルで48試合出場し1得点

(daily mail)

 

ジェイミー・キャラガー(元リバプール)コメント

 

お互い開幕2連勝同士の戦いだがキャラガーはまだリバプールの状態は完璧から程遠いと思っており、アーセナルのトップレベルの攻撃陣によりリバプールの守備が切り裂かれやすいと思っている

カウンター攻撃でもリバプールが前がかりになった後すぐにアーセナルは大きな問題を引き起こすだろう

キャラガーは今シーズンの予想はリバプールを2位、アーセナルを3位にしている

(sun)

 

ジョシュ・クロエンケはグーナーなんだよね。一昨年の途中から改革しはじめたと思うけど昨シーズンも新監督であり新加入選手も多く、フロントも刷新し、今シーズンも選手の入れ替えをして基盤を作ってる段階だよね。来年、再来年と楽しみ!
スポンサーリンク
おすすめの記事