ティアニープレミアデビュー?ラカゼット復帰!
スポンサーリンク

10月21日(月)28:00 シェフィールド・ユナイテッドvsアーセナル

 

メディカル情報

 

アーセナル

アレクサンドル・ラカゼット
左足首、フルトレーニングに戻っており、前日にチェックを行う。

エミール・スミス・ロウ
脳震盪、試合出場可能

リース・ネルソン
左膝、11月のフルトレーニング復帰を目指している

シェフィールド

ジョン・フレック
膝、スコットランド代表を辞退して調整中

オリヴァー・マクバーニー
膝、スコットランド代表を辞退して調整中

デイビット・マクゴールドリック
股関節、4試合欠場中

(arsenal.com)  (Sky)

統計

 

・アーセナルがブラモール・レーンで試合をするのは、12年振り。過去成績は、3分1敗で勝利していない。

・オーバメヤンがゴールすると通算50ゴール達成、クラブ史上51人目。現在49ゴールのうちアウェイで20ゴールしている。またハットトリック1回、10のプレースキック、5のペナルティキックを含んでいる。そして、右足で40,左足で9。

・キーラン・ティアニーのプレミアデビューなるか?2週間前のボーンマス戦でベンチに座り、インターナショナルブレイク中は、ロンドンでさらなるフィットネス改善に取り組み、準備は整っている。

・シェフィールドは、3-1-4-2のフォーメーションでCBがオーバーラップする珍しい戦術をしている。

(arsenal.com)  (Sky)

 

チャーリー・ニコラス予想

 

クリス・ワイルダー監督の大ファンであり、彼のエネルギーとダイナミックな采配が好きです。良い多様性を持っている。アーセナルは守備が貧弱である。

アレクサンドル・ラカゼットは、良い兆候を示しており、エクトル・ベジェリンとキーラン・ティアニーの二人を先発させるべきだ。

アーセナルは3位を目指し攻撃する。カウンター攻撃の責任があり、守備は信用できないが、アーセナルの勝利を期待する。

シェフィールド・ユナイテッドは、多くのゴールを決めてるわけではないが、得点するだろう。月曜の夜はエキサイティングだ。

スコア2-3
SkyBet 3.33 2.75 2.22
10Bet 3.85 3.70 1.95

(Sky)

ダビド・ルイス インタビュー

 

「私にとっては、何かを始めて、プレミアリーグとすべての大会を始めたばかりで、大会に勝つことができないと思うなら、人生で何も始めない」

「アーセナルでタイトルを獲得したい。クラブとしてのアーセナルのスタイルと、マネージャーがどのようにプレーしたいかを自分自身で改善し、適応させたい。一緒にできると思う。」

「私のビジョン、私の野望、そして意志は常にタイトルのために戦うことであり、クラブ、選手、コーチの間で、タイトルのために戦う可能性があります。このクラブは再び輝くに値すると思います。」

1敗だけだが、8試合で11失点しているので批判されてますね?

「私たちはこれについてすべてのクラブと話し合ってきています。アーセナルも例外ではありません」

「ウナイは守備の計画、そして攻撃の計画で非常にうまく機能していると思う。守備はストライカーとチーム全体から始まり、ゴールキーパーは今ではボランチのように見える。」

「私たちは改善しようとしますが、すでに順調に進んでおり、最後のいくつかのゲームは私たちが守備的に強くなっていることを示しています。このクラブはゲームのあらゆる部分で改善していっている。」

(Sky)

 

コラシナツ インタビュー

 

プレーをモデル化した5つの左バックは誰ですか?

「私の一番はロベルト・カルロスです。彼は危険なレフトバックであり、彼も多くプレーした。彼はおそらく私にとって本当に際立っていて、私の心にとどまった最初のレフトバックだった。」

「彼はアウトサイドで強力なシュートを撃ち始めました。クアレスマを除いて、誰も真似できない強みですが、それは間違いなく本当に特別なものです。」

「その後、アシュリー・コールは、すべての試合で全力を尽くした強力な左サイドバックです。私がプレミアリーグをフォローし始めたとき、彼はちょうど始まったばかりで、最高の選手の一人でした。」

「彼がチームのために懸命にプレーするスタイルは本当に印象的であり、それが彼のキャリアの中で非常に多くのタイトルを獲得した理由です。」

「私の3番はマルセロです。彼がボールをコントロールする方法が好きなので、攻撃的なプレーヤーのようにボールを扱うので、中盤やサポートストライカーとしてプレーできると正直に思います。」

「彼は技術的に高く、彼のクロスは本当に良く、過去数年にわたって、彼は間違いなく世界で最高の左サイドバックの一人でした。」

「次にパオロ・マルディーニです。彼は真のリーダーでした。彼の性格、チームでの在り方は、当時の私にとって本当に印象的でした。」

「そして最後に、私の5番はダビド・アラバです。彼は過去数年間、攻撃と守備で非常に高いレベルでプレーしており、多くの力で本当に効果的です。」

(arsenal.com)

my予想

GK レノ

DF チェンバース ソクラテス ルイス ティアニー

MF ゲンドゥージ ジャカ セバージョス

FW ぺぺ オーバメヤン サカ

SUBS マルティネス ホールディング メイトランド=ナイルズ コラシナツ
ウィロック エジル ラカゼット

スコア1-2

ティアニーは、見たいですね!
ホールディングも使ってほしい
アウェイでも最初から攻めてほしい

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事