キーラン・ティアニープレミアデビュー!
スポンサーリンク

アーセナル2-2クリスタル・パレス

 

twitter.com/arsenal

 

ソクラテス(7分)
ダビド・ルイス(9分)

ミリヴォイェヴィッチ(32分PK)
アイェウ(52分)

 

スタッツ

 

アーセナル クリスタル・パレス

ポゼッション率56.8% 43.2%

シュート数 15本 10本

枠内シュート数 6本 4本

パス成功率 81.8% 76.5%

キーパス 11本 8本

コーナー 12本 5本

 

プレイヤーレイティング

 

レノ(7)

チェンバース(6) ソクラテス(7) ルイス(7) ティアニー(7)

ゲンドゥージ(7) ジャカ(5) セバージョス(7)

ぺぺ(6) ラカゼット(6) オーバメヤン(6)

SUB サカ(6) コラシナツ(6)

MOM ジョーダン・アイェウ

(Sky)

 

統計

 

・アーセナルは2ゴールを決めるとプレミアリーグ49試合連続で勝利してたが、ここ2試合は勝利できない。

・クリスタル・パレスは2013-2014年よりプレミアリーグに復帰以来、どのチームよりもPKを獲得している。48回・39得点

(Sky)

 

 

ウナイ・エメリ 記者会見

 

結果について

「こんばんは。それは90分と話す多くの問題です。私たちは2つの方向について話すことができます。我々は我々のパフォーマンスとVARで審判の決定について話すことができます。我々は勝つに値した。2ゴールで非常に良いスタートをして、前半はあまりチャンスを失いませんでした。」

「たぶん、我々はまた、より良いポゼッションを制御し、2-0の後により多くのチャンスでボックスに入ることができましたが、通常、あなたが2点を取るとき、相手はあなたに対してより多くをプッシュしたいと思います。」

「彼らはVARでゴールを決め、ペナルティだったのかもしれないので、決断を尊重する必要があります。そのペナルティを確認するのは驚くべきことでした。」

「さて、それは十分に公平ですが、ボーンマスとの最後の試合は、我々は非常に明確なペナルティに値し、今晩よりも明確でしたが、彼らはチェックしませんでした。1-0で勝ったので、最終結果は重要ではありませんでした。」

「先週シェフィールドでは、ソクラティスに0-0で非常に明確なペナルティを与えました。それは非常に重要な瞬間でしたが、彼らはチェックしませんでした。私たちはそれを尊重し、私たちは負けました。」

「今日はペナルティだと思っていたが、レフリーはノーと決めた。レフリーはまた、ザハのはシミュレーションだと言い、私はOKだと思ったが、VARはペナルティを言った。OK、完璧な、我々はそれを尊重します。」

「後半はもう一つの目標に値し、我々のアイデアは、我々のゲームプランを維持し、より快適な方法で3ポイントを達成するために私たちの決意でより多くの利点を活用することだった。」

「同点に追いつかれたし、その瞬間は難しかったが、サポーターや選手たちとの反応は非常に良かった。再びチャンスを作り始め、デッドボールを取り、攻撃的なコーナーを取り、3点目を決めました。」

「VARはそれがファウルだと言ったが、私は後でそれをチェックし、それはゴールです。さて、私は、VARを決定している人を知りません。今晩は初めてだと思う...つまり、私にとってVARは肯定的であり、VARが必要です。」

「しかし、我々は正しい方法でそれを管理する必要があります。現時点では、私たちにとってはうまくいっていません。チームは今晩勝つに値すると思う。同点に追いつかれるとスピードでプレーした。2-0で試合をうまくコントロールできなくて、良い結果が出られるように、少しがっかりするだけです。」

VAR を変更する必要があるかどうかについて

「たとえば、私たちはミスを犯す可能性があります。プレーヤー、コーチ...それが私たちの責任です。 VARは非常に重要です。特に審判にとっては、ミスを減らすことが非常に重要だからです。」

「VARが登場しました。この理由から、VARを使用することにしました。審判がそれを正しい方法で使用すると、審判のミスを減らすことができるので、驚くべきことになると思います。」

「今、私たちは試合のリズムやペースを止めたくないので、多くのアクションをチェックし始めていません。わかりましたが、重要なものもチェックする必要があります。」

「たとえば、ボーンマスに対するペペのペナルティ。先週、ソクラティスのペナルティ。彼らは非常に明確で、試合ではペナルティです。審判は見ていなかったので、彼らはチェックしなかったので、チェックしたくないと決めました。」

「今晩、おそらく今週、彼らはレフリーの多くの難しい決定が来ているので、より多くのアクションをチェックする必要があると考えているので、もっとチェックし始めています。」

「また、私にとってペナルティは完璧でした。なぜなら、彼らはペナルティだと判断したからです。このアクションで審判を助けたので、それは完璧です。」

「しかし、私たちのゴール、3番目のゴール、それはファウルではありません。それをチェックした人は誰ですか?審判がテレビでそのアクションを見ていた場合、それがファウルであると決定しないと確信しています。テレビのあるオフィスでは、誰がこれを決めるのか誰も知りません。」

レフリーがピッチサイドで見るべきだったかどうかについて

「彼は再びそれを見る必要があったと思う。彼はそれをする必要があった。VARはポジティブで、それは良くなりますが、彼らと私たちがリズムと決定でそれをより良く管理できるときだけです。試合が終わったらドレッシングルームでチェックした。」

VAR の次のステップで

「それが次のステップです。今夜は2点を失った。次のステップは、彼らがチェックするということです。ピッチにカメラがありますが、ここでは1人のレフリーがタッチラインをチェックする覚えはありません。」

「覚えてない次のステップは、それになります。VARは審判を助けるだけでなく、自分の目で最善の決定を見たり、最善の決断を下したりすることです。」

ジャカの行為について

「彼は間違っていた。 今、私たちは落ち着いて彼と話し、その反応について内部で話す必要があります。 その瞬間、彼の反応は間違っていた。 私とクラブは、プレッシャーの下でプレーを管理するために、すべてのプレーヤーと一緒に働いています。」

「 私たちは心を賢くし、心をより明確にするためのプレッシャーの下で習慣を作る必要があります。 私たちは心でプレーすることができ、困難な瞬間に熱くなりますが、私たちの心は賢くなければなりません。」

「もちろん、反応が間違っていたので、私たちはそれについて話すつもりです。 この反応について、プレイヤーやクラブと話をします。」

ジャカを気の毒に思うかどうかについて

「サポーターがいるのでここにいます。 私たちは内部の労働者ですが、彼らのためにプレーします。 拍手と批判を通じて、彼らから多くの敬意を払う必要があります。」

ジャカが引き続きキャプテンになるかどうかについて

「それについて話す瞬間ではありません。 まず、私は彼とクラブと話したいです。それについて話す前に落ち着いていたいと思います。 彼はそうするのは正しくありませんでした。」

ジャカと似たような状況に直面したかどうかについて

「似たような状況がたくさんありました。 彼が間違っているのと同じです。 私たちはサポーターを必要とし、彼らが私たちを批判するとき、私たちは立ち上がる必要があります。 」

「彼らが私たちを称賛するとき、彼らは私たちのサポーターであり、彼らが私たちの仕事の理由であるため、私たちは落ち着いておく必要があります。 あなたは同じです。 私たちは彼らに私たちの意見とあなたの意見を伝えたいのです。 私たちは、拍手や批判を受けたとき、すべての瞬間に落ち着いておく必要があります。」

ファンとのつながりに問題があるかどうかについて

「今晩、各瞬間の後、チームとのつながりはすばらしかった。 最後の20分の2-2の後、サポーターは選手たちに遅れを取り、勝利を後押しした。 今夜のつながりはとても良かったです。 その後、1つの小さな状況がありましたが、全体的には私たちをサポートしています。」

(arsenal.com)

 

ゲンドゥージ インタビュー

 

今日の問題点は?

「私たちは本当にゲームに勝ちたかったので、最後に向かって多くの攻撃を行い、3番目のゴールを獲得しました。クリスタルパレスにスペースを許可しましたが、それは本当に勝ちたかったからです。」

リードを保てませんでした

「それは精神的な問題ではありません。 私たちは何とか優位に立つことができませんでした。 私たちは、彼らが個人のクオリティの良いチームであり、彼らのゴールのためにうまくプレーすることを知っていました。」

「ザハはペナルティを得るためにうまくやった。 仕事をするのは私たち次第です。そのため、この種の試合をリードして勝ちます。」

VARで

「許可されていないゴールで何が起こったのかわかりません。 先週の月曜日のシェフィールドのようなものです。レフリーは、ソクラティスとサカでVARをチェックしませんでした。 今回は彼がチェックし、それは私たちに反します。」
「 私はまだそれを見ていませんが、今日のそれとシェフィールドでのポイントのために2ポイントを失います。」

ラカゼットが戻ってきました

「ラカゼットが復活し、私たちにとって大きな後押しとなりました。 彼のような選手は多くありません。 彼は今日私たちにたくさんボールを運んで来てくれ、彼はこのコンペティションで私たちのキーになるでしょう。」

イエローカードに対して

「私は最後にザハをファウルしなければなりませんでした。そうでなければ、彼は自分でゴールを決めました。 私は最後のディフェンダーですが、ゴールからは程遠いです。 私はそれをしなければならなかった。」

(arsenal.com)

 

これはもう崩壊一直線でしょう。監督代えた方が良い!
4-2-3-1にしてエジル入れた方が絶対にいい。その方がFWがいきる
ジャカはもっと早い段階で控えにすれば良かった。エメリは対応が遅すぎる。
あんな戦術続けるなら、モウリーニョの方がいい

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事