リバプールvsアーセナル 最初の試金石!
スポンサーリンク

アーセナル情報(24日アンフィールドに向けて マーティン・キーオン)

 

 

Twitter.com/arsenal

 

マーティン・キーオン インタビュー

 

アーセナルがウナイ・エメリの下で2シーズン目を迎えるにつれ、マーティン・キーオンは、この仕事の規模、アーセナルのアイデンティティの問題、そしてなぜエドゥが助けてくれることを望んでいるのか

アーセナルのコーチングスタッフに関するマーティン・キーオンの時間は短かった。2006年のチャンピオンズリーグ決勝(10回連続無失点)に向けて守備に影響を与えたとして広く評価されたが、復帰は簡単ではなかった。

彼はかつて、自分のポジショニングを変えることで同じミスを止める方法をアーセナルのDFに説明したいと明かしたが、アーセン・ヴェンゲルは自信を失うことを恐れてビデオを見る準備ができていなかった。アーセナルの守備の問題に対処できなかったことを説明するのに役立つ奇妙な逸話です。

マクドナルドのグラスルーツ賞で話すと、キーオンはできるだけ慎重に注意深く話した。

「彼らは私のために解決策を見つけることができなかったので、私は出て行きました。私はその行いは正しい事だと思いました。」

「当時、私達は仕事上の関係を見つける事が出来ませんでした。」

それにもかかわらず、キーオンは、彼の元アーセナルのチームメイトの一人が彼自身のインパクトを作ることを期待してクラブに戻ってきたことを喜んでいます。

2003/04シーズンのプレミアリーグで無敗を続けたチームの仲間であるエドゥは、新しいスポーツディレクターであり、キーオンはこれがガナーズにとって正しい方向への一歩だと考えている。

「彼はこの役割を理解し、アーセナルでの期待を理解しているので、とても面白いと思います。」と彼は説明する。

「彼は本当にトレーニンググラウンドで影響を与えることはできません。しかし、彼はクラブのプロセスで物事に対処することができるでしょう。」

「彼は正直に言うと、非常に過小評価された偉大な人です。彼がフットボールクラブを去ったとき、彼にはクラスの要素があったので、それは大きな損失でした。長年にわたりアーセナルで働いていない特別な個人が何人かいたので、彼らの一人が戻ってきてくれて嬉しいです。」

「アイデンティティの問題は今、イングランドのフットボールで強く感じられている。」

「フランク・ランパードとオーレ・グンナー・スールシャールはそれぞれチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドで指揮を執っており、エドゥの任命はアーセナルがチームの文化と連絡を取り合い続けたいという願望を示唆している。スティーブ・ボールドとフレディ・ユングべりもセットアップの一部です。」

しかし、アーセナルのアイデンティティは正確に何ですか?

キーオンは、彼自身のプレーのキャリアの間に非常に可鍛性があったことを考えると、これは定義するのが難しい概念であることを誰よりもよく知っています。

「物事はジョージ・グラハムからアーセン・ヴェンゲルへと進化しました。」

「ジョージ・グラハムによって作成された特定の個人の間で、行動の習慣があったとしましょう。そしてもちろん、アルセーヌ・ヴェンゲルが入ってきた時は、創造に重点を置いた表現力が増しました。しかし、クラブとしてのアイデンティティを維持しようとしているのは全く正しいことです。」

「2006年にチャンピオンズリーグ決勝に進出すると、アーセナルの古いディフェンダーはいなかったと言える。それにもかかわらず、そこにあったものは、前にそこにいたものから習慣を拾いました。だから、選手達との後継者計画や、クラブを流れる文化を手に入れることができるのです。」

キーオンのフラストレーションは、そのチャンピオンズリーグ決勝以来13年間で、一見良いと思い離れたことで、守備の卓越性の文化が放棄されたことです

「技術的な選手に対するフィジカルのバランスは、一方通行過ぎました。」

「ヴェンゲルが最もコピーしたかったバルセロナの卓越性に合わせようと努力した時に行われたのだと思う。アーセナルのバランスが崩れた。」

"ウナイ・エメリはそれを取り戻そうとしているが、彼らは守備の仕方を忘れ、すべての試合の50パーセントのために、ボールが無い時があるので、彼はグループに良いバランスを取る必要があります。それはまだ彼らのアキレス腱でありアウェイの場合特にそうだ。」

「私はニコラ・ペペのサインによって励まされています。彼は非常に速いです。ピエール=エメリック・オーバメヤンとアレクサンドル・ラカゼットはサービスを必要としており、ペペはそれを提供し、ゴールを決める必要があると確信している。しかし、チームはバランスが必要です。」

「ダビド・ルイスとキエラン・ティアニーはチームを助けるべきだが、後者はエクトル・ベジェリンとロブ・ホールディングと並んで怪我リストに載っているのに対し、キーオンはエメリーに同情している。」

「昨シーズンのクリスマス以降にこの長年の欠陥が是正されたという考えを損なった。」

「私は大きな関心を持ってエメリを見てきました。」"

「彼は、これらの選手達が期待するアーセナルのレベルに達するように促し、働いてきた。彼は最高潮の彼らを望んでいて、彼らはヴェンゲルの下で後年にそれを失った。彼にはプレッシャーが大きいが、監督はかなり難しい状況を受け継いだと思う。」

「彼はアウェイで守備の問題を解決したようにしばらくの間見ていたが、その後、シーズンの終わりに落ちて、問題が戻ってきました。」

「それはおそらく4位とチャンピオンズリーグを犠牲にしました。それによりヨーロッパリーグに飛び込み、通常のカレンダーと木曜日の夜のフットボールではるかに困難な生活を送るだろう。」

「私がまだ競技の参加者だった場合、4位はチャンスだと思っているだろう。フランク・ランパードは才能ある監督だが、彼は初心者で、オーレ・グンナー・スールシャールはこのレベルではそれほど経験がない。」

「その観点から、エメリははるかに良い賭けに見えます。しかし、選手たちは十分に優れているでしょうか?彼は彼らをより断固とした防御にすることはできますか?」

※マクドナルドグラスルーツ賞=マクドナルドが主催しているサッカー草の根運動、サッカークリニックやサッカーを行う環境を整えたりする運動

(Sky)

 

アーセナルメディカル情報

 

グラニト・ジャカ
フルトレーニングに戻る

メスト・エジル
フルトレーニングに戻る

ロブ・ホールディング
フィールドでのリハビリを続けフルトレーニングに参加

エミールスミス・ロウ
8月末までにフルトレーニングに参加することを目指す

エクトル・ベジェリン
10月のフルトレーニングを目指す

キーラン・ティアニー
10月のフルトレーニングを目指す

ディノス・マヴロパノス
10月のフルトレーニングを目指す

 

(arsenal.com)

 

ウナイ・エメリ カンファレンス

 

今週末の試合でのチームの位置づけは?

 

「こんにちは、それは大きな挑戦です。一試合一試合が大きな課題であり、一試合一試合はベストな準備をすることです。アイデアは、私たちの方法とスタイルで作成し続けることです。」

「我々は強くならないといけないし、フィット感のある選手もいる。全員がプレーする準備ができているのは近いと思いますが、もう少し時間が必要です。土曜日は良い気持ちで、選手たちは大事なことをするという大きな野心を持ってプレーする準備ができています。」

 

彼のチームがアンフィールドでもっと予約する必要があるなら

 

「大きな雰囲気の大きなスタジアムなので、素晴らしいサポーターと一緒に素晴らしいスタジアムで試合をしたいです。しかし、我々はアウェイでプレーし、大きなサポーターと大きなチームと対戦する必要があります。」

「土曜日のモチベーションはとても大きいと思います。アーセナルのサポーターが何人か応援してくれたし、大きなチャレンジだ。」

「チームが違うので、バーンリーとは違う試合になるだろう。彼らは異なる戦術的な問題を要求するだろうが、我々はプレーし、我々が今の状況を示したいと思います。それは彼らの能力と私たちの能力を示す大きなテストです。」

 

ジャカとエジルの起用について

 

「明日が最後のトレーニングで、明日決める予定です。今日はトレーニングをしましたが、明日行う最後のトレーニングが必要です。」

「一部の選手は100%フィットし、最高のフィットネスをするために改善する必要があることを知っています。土曜日は何人かの選手とポジティブな気持ちでいるけど、今日は決めたり、明日で変わる可能性もあり今日はどうなるか言いたくない。」

 

もしエジルが病気から戻ってきたら

 

「彼はフィットする必要があると思うし、チームと同じようにトレーニングをしていると思う。私はこれがそのフィットネスを達成する最初の方法だと思います。その後、彼の能力で私たちを助けてくれると思う。」

 

今週末にチームは何を学ぶのか

 

「我々は本当に非常に良い位置にあるが、我々はプレミアリーグで2試合しかプレーしていない。」

「我々は合計で38試合に出場するつもりだから、土曜日に1位を達成する可能性を持ってこの瞬間にいるのは素晴らしいことだし、本当に大きな可能性がある。」

「始まりに過ぎないことはわかっていますが、その試合に向けてポジティブで楽観的で、彼らに対して自分たちの瞬間を見せたいと思っています。難しいと思いますが、非常に大きな挑戦であり、何かをする大きなチャンスです。」

 

昨シーズンの出来事が再び起こらないようにする方法について

 

「各試合、各瞬間、各季節は異なっています。去年、2年前、3年前、4年前にも言える事だ。しかし、本当にそれは私たちの瞬間とこの瞬間についてです。」

「アンフィールドはサポーターとの大きな雰囲気で、彼らは非常に良いチームであり、昨年からの進歩もあり彼らは有利です。」

「アンフィールドでは、強い気持ちでもう一歩を踏み出しているが、それは私たちだけのためではない、それはすべてのためだ。ベストを尽くし、良い気持ちで行き、強く、チャンスを得るために、個々に、そして集団的にそのパフォーマンスを達成できると考える必要があります。私たちはそこに行って、それを示すことを楽しみにしています。」

 

マテオ・ゲンドゥージが新しい契約にサインするかどうか、そして彼にどれほど感銘を受けたかについて

 

「若い選手がたくさんいるし、成長も楽しめると思います。私たちは彼らを助け、彼らをプッシュし、また、彼らは異なるレベルを破り、彼らのパフォーマンスで個別に達成する必要があります。我々は彼らを助け、彼らにチャンスを与えるためにここにいます。」

「マテオは非常に若いが、彼には才能があり、彼の才能はプレミアリーグで必要なものや必要なものに適応させることでもある。肉体的にも強い。」

「我々は戦術的かつ個々にも改善するために取り組んでいるし、ビデオやピッチで彼と一緒に仕事をしている。私にとってもコーチにとっても彼にとってここで大きな大きなレベルに達成する事は大きな挑戦だからです。彼はこの過程にいる。」

「昨年、私にとって彼はその過程において非常に優れていましたが、彼は彼のキャリアの中で彼のために大きなパフォーマンスと大きな瞬間を達成し、私たちを助けるためにはまだ多くのことを成し遂げられていません。」

「しかし、彼にはこの才能があるので、本当に私は彼と非常に楽観的です。彼は今、最高のパフォーマンスを達成するために私たちを助けることができる可能性を持つ若い選手です。」

 

ソーシャルメディア上の虐待の問題について

 

「サポーターや人々に近づき、私やクラブから、個人や集団に情報を提供し、彼らに近づくことを大切にしているからです。あなたがそれを肯定的に使用しない場合、それを制御できない場合、それは否定的なことができます。」

「私はそれが私にいくつかの良い情報を与えるか、いくつかの意見で私を助けることができると思うときにのみそれを使用します。しかし、実際には、人々がソーシャルメディアを制御できないとき、それは私たちにとって肯定的ではありません。」

 

VARについて

 

「私にとって、VARはポジティブです。それは私たちを助け、審判を助け、1つの試合で異なる状況で公平になるために来ています。その後、試合の強さとリズムを止め、何分間も止まらないと考えるのも正しいと思います。」

「現時点では、時にはそれは私たちのために肯定的になるだろう、時にはそれは否定的になるだろう。しかし、今、私の心の中では、すべてのチームにとって、そしてプレミアリーグが彼らを助けてくれるのは、誰にとってもポジティブなことです。時にはそれは私たちを助けている、時にはそれは私たちを助けていないが、それは公正です。」

 

ニコラ・ペペについて

 

「最も重要なことは、彼と彼の家族がここで快適に感じるのを助けるということです。今、彼は私たちと一緒にここで働くのに3週間です。彼はここでプレシーズンをしなかったが、徐々に気分が良くなっている。」

「例えば、第1戦ではニューカッスルで15分間プレーし、バーンリー戦では45分プレーした。彼の個々のパフォーマンスは徐々に良くなっていると思います。」

「土曜日は、彼は多分今までより多くの時間を出場できる準備ができています。明日決めるつもりだが、彼の進歩はポジティブで、チームにとっても彼にとっても良いことだ。適応の最も重要な部分は、彼が簡単に感じ、私たちと快適に感じるのを助けすることです。」

(arsenal.com)

 

ウナイ・エメリ ムスタフィとエルネニーのコメント

 

「我々には何人かの選手がいるし、彼らは状況を知っている。例えば、エルネニーとムスタフィは、彼らがチームの状況を知っている」

「選手たちには幸せになってほしいし、選手たちには主役になってほしいし、昨年はムスタフィやエルネニーと一緒にプレーしなかった時は幸せではなかった。」

「昨年は彼らと何度も話をしたが、彼らが主人公になれる別のチームに加わったほうが、幸せになれるし、選手としてのキャリアを続けることができるのはポジティブだと思う。」

「彼らは非常に大きな選手だが、ある状況や別の状況では、彼らが自分たちの能力を示す機会が少なくなるだろうし、試合に数分間参加して満足するようになってしまいます。」

「彼らは状況を知っているし、彼らのために最善を望んでいるし、今、彼らにとって最善は、他のチームの主人公であり、サインし、彼らのために別の挑戦を得て、他のチームと続けることです。」

「しかし、(多くの)尊敬をもって、彼らは私たちと一緒にトレーニングをしていますが、彼らは彼らの状況を知っているし、私は彼らのために最善を願っています。」

「彼らの現在の立場を考えると、エルネニーかムスタフィのどちらかが土曜日のプレミアリーグのリバプール遠征で何らかの役割を果たした場合、それは大きな驚きになるだろう。」

 

(Sky)

 

チャーリー・ニコラス 予測

 

「元アーセナルの選手として、私はこの試合を恐れている。」

「アーセナルにとっては良いスタートだった。彼らは素晴らしいプレーをしていなかったが、ニューカッスルで勝利を収め、バーンリーを破った。しかし、彼らはどのようにリバプールに対して守るつもりですか?」

「アーセナルは守備面で少し改善しているが、時間はかかるだろう。ダビド・ルイスはミスを犯すのか、またはマン・オブ・ザ・マッチのパフォーマンスを見せるのか。私にとってソクラティスは十分な提供をしていないし、彼らはまだフルバックエリアで脆弱です。」

「リバプールは私にとって強いお気に入りだが、アーセナルが現時点でリバプールの守備を突破することを試み、特にアリソンの代わりにエイドリアンがゴール前にいるのを見るのは興味深い。」

「アーセナルは前線に2人のプロテクターを持って4バックをプレーすべきだと思う。グラニト・ジャカをチームに入れたくないし、ルーカス・トレイラとマテオ・ゲンドゥージが好きだ。彼らはアーセナルのエネルギーと守備のクオリティを与えるだろう。」

「その後、アレクサンドル・ラカゼットが中央を突破し、ピエール=エメリク・オーバメヤンとニコラ・ペペがカウンターでペースを上げ、すぐ後ろでダニ・セバージョスが物事を起こしてほしいと思います。」

「そのラインナップはアーセナルに6バックを与え、その後、カウンター攻撃でリバプールの問題を引き起こす可能性のあるフロント4を与えるだろう。」

「ウナイ・エメリはもう少し慎重になり、ラカゼットをベンチにしダニ・セバージョスとオーバメヤンが一緒にプレーするだろう。もし彼がそうすれば、リバプールが勝つだろう。」

「アーセナルは思い切って行き最初のゴールを決めリバプールが劣勢になることを狙う必要がある。しかし、私はエメリがもう少しネガティブかもしれないと感じています。」

「セバージョスは非常に調子が整っています。バーンリーに対して、彼は開幕週末よりもシャープな動きに見えたし、それは有望な兆候だ。私は彼がアーセナルにとって良い選手だと見始めている。」

 

(Sky)

 

明日(8月24日)リバプールvsアーセナル展望(希望?)

 

さて、守備的で行くのかそれとも打ち合い覚悟で行くのかなんだが、守備的に行ったとしても点は取られるだろうし、ニコラスの意見に賛成で攻撃的な布陣にし最初はガンガン前へ行ってほしい

もちろん3バックではなく4バックで

予想(希望)スタメン

GK レノ

DF ナイルズ  ソクラテス  ルイス  モンレアル

CMF トレイラ  ゲンドゥージ

OMF ぺぺ  セバージョス  ラガゼット

FW オーバメヤン

SUBS マルティネス  チェンバース コラシナツ  ジャカ  ウィロック  エジル  ネルソン

予想スコア 2-2(希望です)

 

ちなみにブックメーカー(10Bet)のオッズが
リバプール1.5倍 ドロー4.7倍 アーセナル6.7倍ですそりゃ皆レッズが勝つと思うよなー、それをどうにか引き分けでw

スポンサーリンク
おすすめの記事