42年振り9試合無勝利!!悲惨なアーセナル
スポンサーリンク

アーセナル1-2ブライトン

 

twitter.com/arsenal

 

アレクサンドル・ラカゼット50分

アダム・ウェブスター36分

ニール・モペイ 80分

 

スタッツ

 

アーセナル ブライトン

ポゼッション率 49.2% 50.8%

シュート数12本 20本

枠内シュート数5本 9本

パス成功率83.5% 81.6%

キーパス10本 16本

コーナー9本 9本

 

(Sky)

 

プレイヤーレイティング

 

レノ(6)

ベジェリン(6)ソクラテス(6)ルイス(5)コラシナツ(6)

トレイラ(6)ジャカ(6)ウィロック(5)

オーバメヤン(7)ラカゼット(7)エジル(6)

 

SUBS ティアニー(6) ぺぺ(7) マルティネッリ(N/A)

 

MOM ニール・モペイ

 

(Sky)

 

 

オリバー・ユー 分析

 

アーセナルでフルタイムでウナイ・エメリーに取って代わる人は誰でも、エミレーツ・スタジアムでの仕事はさらに大きくなります。そして、現在暫定責任者であるユングベリはそれを知りません!

レノとダビド・ルイスの混同がブライトンに早期のリードを与えたように、最初の1分で早くもこのアーセナルチームへの自信が床にあったことは明白でした。
ユングベリはヨーヨーのように上下に動いて、彼のサイドに命を吹き込むように見えたが、彼のチームが何度もボールを放ったので、彼は見ることができただけだった。

ガンナーズは悲惨で、ウェブスターが訪問者にリードを与えたときに彼らが値するものを得ました。実際、アーセナルは幸運にも休憩に遅れをとることがなかった。

ユングベリのハーフタイムのチームトークにすぐに注意が向けられ、休憩中に彼が言ったことはしばらくの間トリックを行いました。彼は休憩時にペペにも投げ込み、コートジボワール代表はすぐにアーセナルの攻撃プレーに非常に必要な緊急性を注入しましたが、すぐに古い習慣に戻りました。

ブライトンはセットピースやブレイクで問題を引き起こし続け、アーセナルが相手から離れ続けたため、最終的にアーセナルの守備の弱さを露呈し、マウペイの後半の勝者を通して正当な報酬を得ました。

アーセナルにとっても大きな打撃です。その結果は、常勤で仕事をするというユングベリの願望に対する大きなへこみでもあります。アーセナルの新しいヘッドコーチの検索は、急転しました。

 

(Sky)

 

統計~アーセナル悲惨な時代~

 

・アーセナルは、プレミアリーグホームゲームで枠内シュート52本撃たれている。2003-2004年のインヴィンシブルズの時は、シーズン全体で48本しか撃たれてません。

・アーセナルの最後の5人の監督のうち、最初のホームゲームで勝利したのは1996年9月のシェフィールド戦でのパットライスだけです。

・ブライトンは、17回目の試みで初めてプレミアリーグの「ビッグ6」アウェイ戦で勝ちました。

・アーセナルのアレクサンドルラカゼットは、エミレーツスタジアムでの32のプレミアリーグのゴールのうち25を獲得しています。

 

(BBC)

 

アーセナルファン twitter

 

・ユングベリによる選択の悪さ。彼の心の中で何が起こっているのだろうか

・フレディのスターティングラインナップにイライラしてます。私はサカやゲンドゥージ、ぺぺが見たい

・アーセナルで十分に活用されていないトレイラを見るのはとてもうれしいことです。彼とジャカは一緒になって、ブライトンのディフェンスを少しずつ引き締めて、引っ張る前に行うべき少数の前線に矢を向けるべきです。しかし、とにかくそれはそれほど単純ではないでしょう

・1月にチームの半数以上を交代させるためのマネージャーが必要

・私はここ3年間、アーセナルのおかげでサッカーを気にしなくなりました

・アーセナルとは何ですか? アーセナルとは誰ですか? そして、アーセナルはなぜですか? 私たちは今、プレミアリーグで最も意味のない、存在しないチームだと言って十分です

・うわーー エミレーツでブライトンに2失点

・私が買います

・私は再び機嫌が悪いまま寝なくてはいけない

・アーセナルは本当に恥ずかしくて、彼らがいる場所に値する。 完全な修羅場
・ゲームに勝つために他に何ができるかわからない。 このクラブにとってはとても暗い瞬間です

・私は本当に冗談ではありません、私たちは降格の戦いにいます

・アーセナルは終了しました

 

(BBC)

 

フレディ・ユングベリ 記者会見

 

敗北しました

「ホームで負けてがっかりしている。主なものは前半に現れなかったことです。私たちは非常に受け身で、ハーフタイムにチャットをして、戦術的な変更を行い、突然チームのように見えました。」

「20分ほど、本当に押し込んでゴールを決め、試合に勝てると思っていましたが、VARは正しかったです。そうやって試合全体を戦わなくてはならない。プレミアリーグのどのチームにも半分は譲れないと選手たちに言いました。そこから学ぶ必要があるのです。」

 

気分を変える方法について

「それは難しい部分です。彼らは自信に非常に欠けています。前半、彼らはボールを手に入れるのが怖くて、動くために少し得点された、彼らはただじっと立っていた。それは私たちが話す必要があるものです。」

「彼らは勝利する必要があります、私たちは勝利を掘り起こし、彼らに自信を持たせる必要があります。後半の初めに見せて、20分間本当にうまくやったので、彼らはそれをすることができます。ホームで負けたと言うのは難しいですが、その小さな部分ではとても良かったです。」

 

群衆の中の緊張について

「群衆からの緊張がサッカー選手に影響を与える可能性があることは明らかです、どんなクオリティを持っているかは関係ありません。彼らは他の皆と同じ人間であり、うまくやりたいと思っており、プレッシャーを感じています。それは私たちが取り組む必要があるものであり、私たちが勝利を掘り起こすだけで、そこに到達できると感じています。彼らは後半にそれを示しました。」

 

ネガティブトランジションについて

「ノーウィッチに対して言ったように、ゲームを追いかける必要のない最初のゴールを決めた場合、ゲームをコントロールできるので、それほど開く必要はありません。」

「私の意見では、少し変更する必要があります。私たちはボールを獲得しましたが、あなたは正しいです、彼らが私たちに走ったとき、それはしばしばターゲットへのショットで終わります。トレーニングセッションは1回ありましたが、引き続き働きます。」

 

彼がどれだけの仕事を得たかについて

マネージャーを解任するとき、決して自信が持てず、自信がありません。私たちはノリッジで本当にうまく始めました。後半は非常にうまくスタートし、試合に勝ち、再び戦うと確信していました。私たちはカウンターで不意打ちをくらいました。または彼らが片側でプレーするとき。取るのは難しいですが、プラグを抜き続けます。」

 

順位表で

「結果は私たちの立場を変えませんが、うまくいけばそれをすぐに変えることができます。」

 

上位4位までのギャップについて

「ギャップは知っていますが、できるのは仕事だけです。」

 

クラブが永続的な任命の恩恵を受けるかどうかについて

「それはクラブと彼らが何をしたいか次第です。私はこのサッカークラブが大好きだと言ったので、関与することはできません。彼らが助けを必要とするものは何でも手伝います。」

 

オーバメヤンが一時的に外れる

「私は実際にはわかりません[なぜ]が、彼は走り去り、3分後に戻ってきました。たぶんあなたは彼にそれについて尋ねるべきですが、あなたが気分が悪いなら、私たちが変えることができるものは何もありません。」

 

(arsenal.com)

 

 

こんな悲惨なアーセナルを見ることになるとは...
良い点は、ベジェリンがフィジカル的に良くなってきた
ぺぺが慣れてきてる位か新しい監督をたてて、CBなりアンカーなり補強しないとな

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事