ぺぺ2ゴール!勝利だが...
スポンサーリンク

アーセナル3-2ヴィトーリア

 

twitter.com/arsenal

 

マルティネッリ(32分)
ぺぺ(80分+92分)

エドワーズ(8分)
ドゥワルチ(36分)

 

スタッツ

 

アーセナル ヴィトーリア

ポゼッション率 67.7% 32.3%

シュート数 15本 17本

枠内シュート数 5本 5本

パス成功率 83.7% 69%

キーパス 12本 11本

コーナー 11本 3本

 

プレイヤーレイティング

 

マルティネス(6)

ベジェリン(6) ムスタフィ(6) ホールディング(6) ティアニー(6)

トレイラ(6) ウィロック(5)

メイトランド=ナイルズ(5) スミス・ロウ(5) マルティネッリ(6)

ラカゼット(7)

SUBS セバージョス(6) ゲンドゥージ(6) ぺぺ(8)

MOMニコラ・ぺぺ

74分から出場した選手がマン・オブザ・マッチを獲得するのは珍しいが、彼がいなければアーセナルは負けていただろう。どちらのフリーキックも最高のクオリティだ。自信を取り戻し、プレミアリーグで輝く必要がある。

(Sky)

 

 

 

 

統計

 

・アーセナルは2002年2月以来初めて欧州大会(予選を除く)でホームゲーム7連勝(チャンピオンズリーグ7試合)

・マーカス・エドワーズの8分間のゴールは、2016年9月にエディンソン・カヴァーニがPSGに42秒後にゴールを決めて以来、ヨーロッパ大会で最も早い失点だった。

・ニコラス・ペペは、2013年2月のリバプール対ゼニット・サンクトペテルブルク戦のルイス・スアレス以来、ヨーロッパリーグの試合で2回の直接フリーキックを決めた最初の選手です。

(Sky)

 

ウナイ・エメリ 記者会見

 

ほっとしたかどうか?

「こんばんは。90分でいろいろなことが起こった。まず、この大会についてお話したいと思います。ヨーロッパリーグでは、この3つのポイントは、そのグループで1位に終わるというロジックなので、非常に重要です。」

「90分以上、前半は思った以上に苦しみました。中盤でボールをたくさん失い、ゴールを決めて試合に勝ち始めるチャンスを与えました。後半の方がコントロール出来たと思います。チャンスは作れましたが、今夜はコントロールやピッチの形よりも、彼らの感情と心でプレーしていました。大切な事です。我々はその攻撃で組織化されていなかった。」

「ペペの2ゴールは素晴らしかったし、勝利で終わる...勝つのは当然だと思いますが、彼らは本当に良いプレーをしました。すべてのポルトガルのチームが非常に組織化されており、良い選手との良いシステムを持っていることを知っています。」

「ポルトガルのチームと対戦したとき、ポルトガルのチームはみんな難しかったのを覚えています。昨年はスポルティングに0-0で引き分けました。私は事前にエドゥと話していました。勝つのは難しかった。」

「また、いろいろな選手を使っていましたし、今夜は普通より緊張している選手もいましたが、彼らにとっては経験です。また、この大会ではすでに2勝を挙げたら、違う選手たちと一緒にプレーして自信と分を与えたいと思います。私は彼らに経験を持ってほしい。ネガティブ以上にポジティブなものはありますが、今夜は次の試合と次の試合に向けてポジティブなことを取りたいと思います。」

ニコラ・ペペのセットプレーについて

「すべてのプレイヤーは、通常、適応する時間が必要です。ペペは非常に良い選手で、我々は彼を完全に信じています。彼の行き方は、時には気分が良くなることもあるし、ピッチでもっと苦労することもある。相手次第です。」

「彼は改善しているし、今夜、この2つのゴールは私たちにとって本当に重要です。彼は彼のプロセスで適応を続けており、彼が適応できるようになるとすぐに、それは私たちのために良いです。」

ペペの自信のための目標は?

「2つのセットプレーから2つのゴールが完璧だったので、私たちは彼と私たちにとって非常に幸せです。彼は先週練習場でセットプレーのシュートをたくさんやっていましたし、ペペ、オーバメヤン、ラカゼット、セバージョスなどの選手がシュートを打つことができる状況でもポジティブだったので、彼のシュートを見ていました。最も重要なのは、3つのポイントと、個々の選手が改善できること、彼らが私たちと彼らのために自信を持つことができることです。」

なぜメスト・エジルがチームにいなかったのか?

「今夜はそのことについて話す日ではない。」

エジルがアーセナルに未来を持っているかどうかについて

「私は試合について話した方が好きです。我々にはプレーした選手が全員いる。」

エジルについて尋ねるファンに

「彼はチームに入っていない。それが今夜の決断です。今、私たちは日曜日に向かって働くつもりです。」

(arsenal.com)

 

エクトル・ベジェリン インタビュー

 

土壇場のドラマでしたね?

「様々な進化を遂げて試合に勝つことはチームとして重要です。前回のヨーロッパリーグの試合では4-0の勝利で、終盤は2-1で勝利しました。しかし、我々はそれを回すことができたので、チームの自信は、たとえ我々に対して、または我々の好意に対しても、すべての試合に勝つことができることを見ることが非常に重要です。この試合から自信と気持ちを持つことができると思います。」

前半に関して?

「彼らはとても良いチームだと思います。彼らはグループステージで他の2試合に負けてここに来たが、今まで見てきた試合を見れば、彼らはとてもタイトだった。」

「彼らはそれらの試合で得点するチャンスがあったので、彼らは以前にプレーした試合からより多くの価値があったと思います。1週間を通して彼らを見てきましたし、前線に良い選手がいるし、後ろに非常に強い選手がいるので、ハードな試合になると分かっていました。」

「我々は我々のゲームをプレイし、彼らは彼らのプレーをし、他のチームがスコアで前に出るとき、彼らは戻って守備を固めることができ、攻撃することは難しいです。終盤はよくやったと思います。4-0で勝つ場合もあれば、最後に2ゴールを決めることもあります。チームは常に自分を信じて、最後の数分で押し進めることが重要です。」

ガブリエル・マルティネッリについて

「彼の自信とチームが押し続けることは本当に重要です。彼のゴールだけではなく、彼の戦い、チームにもたらす精神だといつも言ってきました。彼はとても若く、学ぶことがたくさんある。彼がやっていることは、チームを助け、自分を助けているので、ポジティブです。もちろん、誰もが彼が得点を続けることを喜んでいる。」

ニコラス・ペペについて

「私たちは長い間彼と一緒にトレーニングをしてきたので、彼が何ができるかを知っています。ここ2、3シーズン、彼がどれほど良かったかは分かっていた。時には他の国に来て、別のリーグに入るのに時間がかかることもありますが、これはチームにとって非常に重要であり、彼がこの2ゴールを決める上で非常に重要になると思います。」

「また、目標は個々の行動から生まれることも重要です。我々はチームとしてプレーしたいが、時には魔法のこれらの瞬間を生成するためにこれらの選手が必要です。それで2-1から3-2で勝つことができるので、クラブとして、この様々なリソースがあることを知ることが重要です。」

カムバックを完了する上で...

「特に試合のやり方は素晴らしい結果です。エミレーツでの非常に良い勝利から、チームがエミュレートしたかったのですが、特に最初に得点を決められるなど、他の方法で試合が行われることがあります。」

「私たちは、彼らが組織化され、彼らが作成できることを知っていました。彼らはチャンスを作りますが、時にはそれは応答とチーム全体が一緒にプレーすることのすべてです。時には、個々の選手がゴールを作成する必要があり、それが今日の方法です。」

ヴィトリアについて

「我々はライバルを尊敬している。彼らは本当によく働くチームで、ディフェンスに非常にフィジカルな選手がいて、前線に強くて素早い選手がいます。ヨーロッパリーグで最初の2試合に負けたので、人々は試合は簡単だと思っていたが、それほど簡単ではない。」

「非常に難しい試合になると分かっていました。最後は回復力があり、最後はゴール以上のチャンスもありましたが、残念ながら得点できませんでした。チームは信じ続け、最後に逆転しました。」

どこを改善できるか

「チームとして改善しなければならないものがたくさんあります。サッカーは進化し続け、異なるライバル、異なるゲームで行う必要がある異なるものがあります。」

「ボールをもっと良く保たなければならなかったと思いますが、それがトレードです。我々はフットボールをしたいし、フットボールをしようとする時に間違いを犯すことがあるということを知っている。」

「だからといって、そんなふうにプレーするのをやめなければならないわけではない。我々はプレースタイルを持っているし、DNAの中にあるし、そういうプレーを続けたい。」

「私たちは人間です、私たちは間違いを犯しますが、私たちは押し続ける必要があります。前半と同じようにプレーし、後半にホールを見つけました。それがどのように動作するか:あなたが信じることを押し続け、実行し続ける必要があり、最後に向かってすべてが所定の位置に落ちる必要があります。」

今夜からクリスタル・パレスにどれだけの自信を持って

「私たちにとって、ホームで勝つことは常に本当に重要です。私たちはエミレーツを要塞にしたいと思っています。パレスはホームでのもう一つの試合で、ゴールを決めたいし、チームとして押し続け、進化し続けたいし、負けそうだと思ったら勝つことは、4、5点差で勝つよりも自信を持てることもある。これはチーム全体にとって非常に重要でポジティブなものになると思います。」

(arsenal.com)

キーラン・ティアニー コメント

 

ぺぺについて

「それは彼が特別なプレーヤーであり、そのような瞬間に彼が少しの魔法を生み出すことができることを示しています。」

「彼にとっては大きいです。大規模なリーグの大規模なクラブに来てプレーするのは簡単ではない。彼は毎日トレーニングに一生懸命取り組んでいるからです。」

マルティネッリについて

「トレーニングでもガビとプレーするのが大好きです。しかし、彼と対戦するのは嫌です!」

「彼は素晴らしい選手です。」

「彼がゴールの前でどれだけ分析的かを見ることができます。彼はすべてが得意です。ガビについて言える否定的なことはありません。彼はたくさん持っています。」

(arsenal.com)

 

ウナイ・エメリはファビーニョとサインしたかった

 

「我々はペペにお金を使ったが、ペペはプレミアリーグに適応する時間が必要だ」

「例えば、フランスではファビーニョが大好きでした。彼はモナコにいて、パリ・サンジェルマンとサインしたかった。」

「私がここに着いたとき、彼の名前もサインするためにテーブルの上にいましたが、彼はリバプールにサインしました。」

「彼がプレーしなかった最初の6ヶ月は適応だった。しかし、今、彼は素晴らしいですし、私はペペと(ダニ)セバージョスに同じことをしたいです。」

「忍耐が必要だが、ペペは上達しつつある。月曜日、勝つための鍵は彼にあった。彼が最初のゴールを決めたなら、それは違う。」

「しかし、それは一つのプロセスであり、私は彼を信じているし、私たちは時間と忍耐が必要だと知っています。支持者は忍耐力を持っている、他の人より多い」

クラブをトップに戻すためには、若い才能が伸ばすことが必要

「我々には時間があるし、プレミアリーグで自信と分を与えている若い選手たちが、望むリズムに適応している」

「我々はそこに着いているが、我々はより良いことができます。勝つ必要があるのは分かっているし、目標を達成する必要がある。」

「そして、どうすればもっと良いプレーができるのか、そしてサポーターに見せたいすべてのサポーターを見せて伝えることができるのです。」

「昨年は達成できなかったが、1点差でテーブルに入り、ヨーロッパリーグ決勝で最後に負けてしまった。そして、私たちはそこにいました。そして今年は、そこにいて、それを取る必要があります。」

「(月曜日に)負けて、悪い瞬間でした。私は同じ感情に苦しんだ後、24時間後に、それは正常です。それが私の人生です。私はそれを望んでいない。」

「しかし、私はこれが私の仕事であることを知っています。そして、私の仕事は、サポーターに対応するために、分析することです。彼らはまた、私たちが改善する方法に関する私たちの戦略を見るのを待っています。」

「我々はサポーターのためにプレーしているし、私のメッセージは忍耐を持って続けるつもりだ」

(Sky)

 

カップ戦は、若手の経験値を得るための場としたとしても試合運びがなー
マルティネッリは、良かったと思うし、スミス・ロウやティアニーも光る部分はあった。
ただ、なぜマルティネッリを右にして、トレイラがトップ下なんだ?そして開幕からメイトランド=ナイルズは良くないと思う

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事