ウナイ・エメリ解任!フレディ・ユングベリ暫定監督へ
スポンサーリンク

ウナイ・エメリ解任特集

 

twitter.com/arsenal

 

 

ウナイ・エメリ退任

 

アーセナルの決定は「結果とパフォーマンスが必要なレベルにないために行われた」

「私たちを前進させるためにフレディに完全な自信を持っています。」

「新しいヘッドコーチの捜索が進行中であり、そのプロセスが完了したらさらに発表します。」

 

アーセナルサポーターズトラスト

「残念ながら避けられない」ものであり、「より難しい課題は適切な後継者を採用すること」

「私たちは、アーセナルがこのプロセスをリードする適切な人員を持っているとは確信できません」

「ASTは、アーセナルで必要とされる最も重要な変更は、アーセナルがより良いガバナンスを必要とする役員室にあると長年主張してきました。」

 

ウナイ・エメリの記録

78試合 43勝19敗16分け クリーンシート19 勝率55%

 

Sun

 

フランク・ランパード(チェルシー監督)コメント

「それが避けられないとは言いません」

「サッカーではどうしても避けられないことはありません。それは素晴らしいことではありません。誰もが仕事の倫理と考えを持ち、それはいずれにせよ行きます。」

 

ユルゲン・クロップ(リバプール監督)コメント

「ニュースに驚いたが、それがサッカー界のあり方だ」

「内部情報がなく、そこで何が起こったのかわからないが、取締役会は明らかに結果とパフォーマンスに満足しておらず、彼らは決定を下した。」

「私はウナイが最高であることを望みます。彼は傑出したマネージャーであり、異なる国や異なるリーグでそれを示しました。

「フレディは今仕事に就いているので、チャンスをつかむことができるかもしれません。」

 

ダニエル・ファルケ(ノリッジ監督)コメント

「彼とクラブとの関係が終われば、あなたはヘッドコーチを感じる」

「アーセナルは依然としてトップクラスの選手がいるトップクラスのクラブです。」

 

 

オッズチェッカー(ブックメーカー比較サイト)

マッシミリアーノ・アッレグリ71%

ヌーノ・エスピリト・サント9%

マウリシオ・ポチェッティーノ3%

フレディ・ユングベリ3%

その他12%

 

ジャンルカ・ディ・マルツィオ コメント

イタリアの移籍情報スペシャリストは、ヌーノがアーセナルのトップターゲットであることを示唆する最新の監督です。

彼は、ヌーノのエージェントであるホルヘ・メンデスとアーセナルのサッカー代表ラウル・サンジェイとの良好な関係が、契約を結び付ける可能性があると付け加えた。

 

フレディ・ユングベリ ツイート

アーセナルの監督している間は、笑顔を再び顔に付けるために必要なすべてを提供します。数週間先が忙しく、チームはあなたのサポートを必要としています。さあ、頑張ろう!

(BBC)

 

スカイスポーツニュース

 

ラウル・サンジェイは、今週初めにヴィナル・ヴェンカテシャムと共にアメリカに飛んで、スタン・クロエンケ及びジョシュ・クロエンケと将来について話し合った。

クロエンケは、エメリに多くの時間を与えようとしたが、木曜日の敗北後信頼を失ったと考えられている。

金曜日の朝にエメリがトレーニングのために到着し、サンジェイとエドゥとの会議中に解雇されたと理解している。

アーセナルの上級幹部の中には、トッテナムに就任する前にジョゼ・モウリーニョがエメリに代わることを望んでいたことも理解している。

アーセナルは元ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリと接触したと伝えられた。

チャーリー・ニコラスは、「アーセナルは少々のリーダーシップと団結を得る必要があります。レスターのマネージャーであるブレンダン・ロジャースを指名してエメリーを置き換えるべきだ」

 

解任分析

「簡単に言えば、結果が十分ではありませんでした。アーセナルは7試合で試合に勝っておらず、プレーヤーは彼のためにプレーしていないようです。ファンも彼をオンにしました。出席者は約49,000人でしたが、ここの多くの人は約25,000人しかいないと考えています。これはエミレーツでのゲームの最低の出席者です。」

「私たちの情報は、舞台裏の多くの人々がウナイ・エメリーへの信頼を失っていたということですが、彼が仕事を失った主な理由は結果です。昨シーズンに戻ることができます、アーセナルがチャンピオンズリーグの予選を逃したとき、リーグは1ポイントずつ、その後、チェルシーとのヨーロッパリーグでチャンピオンズリーグに参加するチャンスがありましたが、それも4-1で失い、再びヨーロッパリーグに参加しました。」

 

エミリアーノ・マルティネス ツイート

ウナイ・エメリとハビに感謝します。失望させてしまいました。正しい方法を実行できなかったことは私たちのせいです。また会おうと思います

 

(Sky)

 

アーセナルはトッテナムよりも前にモウリーニョと接触していた

 

アーセナルのモウリーニョとの話し合いはすでに始まっていたが、逃している。サンジェイは、モウリーニョが監督になることに興味を持っていることをジョシュ・クロエンケに伝えたが、エメリにはもっと時間を与えるべきだとの答えが、クロエンケ側から戻ってきた。

クロエンケファミリー、サンジェイ一派、エドゥTD、サー・チップス・ケズウィック会長、ハリスロード役員の3者間で、解任後も意見が割れているようだ。

(DailyMail)

 

ASTは、上層部の変更を求む

 

アーセナルサポーターズトラスト(AST)は、声明を発表した。

「ウナイ・エメリーの解雇は残念ながら避けられませんでした。パフォーマンスと結果は、アーセナルで期待されるものをはるかに下回っています。

しかし、エメリーの出発は簡単な部分です。より難しい課題は、適切な後継者を採用することです。アーセナルがこのプロセスをリードする適切な人材を確保していることは確かではありません。

ASTは、アーセナルで必要とされる最も重要な変更は、アーセナルがより良いガバナンスを必要とする会議室にあると長年主張してきました。

クラブが現在、ロンドンにほとんど不在の海外投資ビークルであるクロエンケスポーツ&エンターテイメントによって完全に所有されているのは悲しい事実です。

これは、クラブがロンドンの強力な理事会によって統治される必要があることを意味します。これは、真に独立しており、サッカークラブを前進させる専門知識とダイナミズムを備えています。

アーセナルの委員会には現在、サッカーの専門知識を持つ人はいません。3人の「独立した」メンバーは、85、79、77歳です。彼らのいずれもサッカーの経験がなく、アーセナルのチームの多様性もサポーターの基盤も反映していません。

強力な理事会は、クラブの幹部に説明を求め、助言を与えることができます。

アーセナルはまた、特にオーナーシップ/役員室レベルで、サポーターとのより良い関係を構築する必要があります。理事会への新たな任命には、支援者とのより良い対話を確保し、目的と方向の感覚を提供するために、スキルセットを持つ人々を探すことを含めるべきです。

アーセナルが今日から真に前進するためには、新しいヘッドコーチの任命だけでなく、会議室の若返りも必要です」

 

(DailyMail)

 

エメリ退陣までの問題点

 

・ウナイ・エメリが就任するまでに時間がかかりすぎた

ヴェンゲルが退任することは、早い時点から分かっていたことで、アルテタがペップの元で学んでから就任することは、90%確実だった。

しかし、かなり時間がたっていても決定出来ずに5月23日にやっとエメリが発表され、決まりかけていたアルテタの反感をかった。

 

・人事異動

ヴェンゲルの旧体制との決別が早急すぎた。長期コーチや医療部長を追い出し、その他のコーチ陣やクラブの設備マネージャーまでも退任した。

ヴェンゲルの指揮に続いて長期のスティーブ・ボールドの退任に対しては、すでにファンが怒っていたため、取りやめた。

スティーブ・ボールドは、コーチングスタッフの大規模再編の影響を受け、結局はフレディ・ユングベリの代りにU-23コーチに変更になった。

合計23人の新人がアーセナルのトレーニングに関わるようになった。最小限の時間で、古い物を取り除くことに失敗した。エメリと共にかなりのスタッフがノースロンドンから出発することになった。

 

・サインが不十分で判断力が低い

評価の高かった、ルーカス・トレイラとサインし、高額でゴールキーパーのベルント・レノとサインし、チェフと交代させた。

サポーターからの支持は高かったが、すぐさま古いやり方に戻っていった。エジルの高額契約がクラブ予算を圧迫している事を伝えられたエメリは、未解決の問題を抱えた。

アーロン・ラムジーと新しい契約にサインしないという判断は、状況を悪化させ、今日でもクラブの妨げになっている。

緊急的にディフェンスをどうにかしなければならず、短期的な解決策として、フリーでリヒトシュタイナーと、1400万ポンドでソクラテスとサインした。

しかし、流れを食い止めることは出来ずに、クラブは間違いからすぐ学び、2500万ポンドでキーラン・ティアニー、2700万ポンドでウィリアム・サリバとサインした。

しかし、お金が浪費され資金不足になり、デニス・スアレスとのサインは大きな失敗だった。

 

・所有権とシステム

スタン・クロエンケが、一部の自己資本とドイツ銀行からのローンにより、ウズマノフから株式を買収したことは、サポーターをがっかりさせた。

限られた資金と、不自由な資金により手を縛られていきました。スベン・ミスリンタートは両手を縛られていることに気づき、退任した。

ミスリンタートは、ダイアモンド・アイと呼ばれ才能を発掘する能力を身につけている。オーバメヤンを移籍させた交渉者であり、ゲンドゥージと契約したのも彼だ。

アーセナルのシステムないで大きな変更が行われない限り、新しい監督とチームは、遅かれ早かれ同じポジションにいる可能性は高い。

 

(DailyMail)

 

アーセナルはアーセン・ヴェンゲル型の監督にしたい

 

クラブが新しい長期の監督に求めていることは、カリスマ的なコミュニケーションが出来ることを求めています。もちろん優先事項は、ピッチ上での変化です。

アーセン・ヴェンゲルは、メディアを通じてコミュニケーションをとる達人である。エメリは、表現力に乏しく彼の英語の問題がコミュニケーションを困難にしていた。

現状CLに出場出来ずに、財政的制約がかかっている。アッレグリとポチェッティーノは、1000万ポンド以上かかるだろう。そしてアッレグリには言葉の問題を抱えている。もちろんポチェッティーノもスパーズとの問題が絡んでいる。

ロジャースをレスターから連れ去る場合、残り契約の12500万ポンドを補償する形になるだろうし、シーズン途中は非常に難しい。

アルテタとサントもアーセナルの内部から強力な支持がある。サントは約500万ポンドの賠償金で済むが、コミュニケーション能力については問題がある。

サントの代理人は、ホルヘ・メンデスでありサンジェイと密接な関係を持っている。エドゥは、アッレグリの代理人会社と密接なつながりがあり、エドゥとサンジェイで別々の候補を立てる可能性が高い。

フレディ・ユングベリが、暫定監督になりましたが、このままシーズン終了までに活性化されれば長期契約の候補になるが、現状では外から連れて来る方に傾いている。

(DailyMail)

 

ブックメーカー オッズ

 

Sun

 

前日までLadbrokesオッズは、ヌーノ・エスピリト・サントがトップだったが、マッシミリアーノ・アッレグリと接触したとの報道があり、アッレグリがトップになった。またカルロ・アンチェロッティやラファエル・ベニテスが上がってきた。

 

マッシミリアーノ・アッレグリ2.50倍

ヌーノ・エスピリト・サント3.50倍

フレディ・ユングベリ6.00倍(暫定ではないということ)

マウリシオ・ポチェッティーノ6.00倍

ミケル・アルテタ6.00倍

カルロ・アンチェロッティ11.00倍

エディ・ハウ11.00倍

ラファエル・ベニテス13.00倍

 

(Sun)

 

アーセナル 取締役会と組織

 

サー・チップス・ケズウィック会長

2005年からディレクターを務め、2013年から会長就任。元ハンブロス銀行会長。生涯に渡るアーセナルのファン

 

ケン・フリア ディレクター兼秘書

12歳からパートタイムで働き始め、60年以上在籍しアーセナルの伝統に染まっている。監督とプレーヤーの契約に積極的な役割を果たし、サポーターグループとのつながりを促進した。

 

フィリップ・ハリスロード非常勤取締役

Carpetright(カーペットライト)社を設立して1億1000万ポンド稼いだ。カーペットライトは床材の英国最大の小売業者。保守党の寄贈者であり下院のメンバー。

 

スタン・クロエンケ オーナー

アーセナルの持ち株会社クロエンケスポーツ&エンターテイメントのオーナー。NFL、NBA、NHL、MLSにも各1チームずつ所有している。「サイレントスタン」として知られている。

ウォルマートを所有しており、推定50億ポンドの財産を持っているプレミアリーグでも上位で裕福なオーナー。

 

ジョシュ・クロエンケ取締役

スタンの息子。2013年に取締役に任命され監視役として状況を見ていた。ティエリ・アンリを監督にする希望を持っている。

 

ヴィナル・ヴェンカテシャム取締役社長

ヴィナル・ヴェンカテシャムは、2010年から様々な役割で仕事をしている。2018年にイヴァン・ガジディスが辞任後、ディレクターに就任した。以前ロンドンオリンピックでも働いており、現在英国オリンピック協会の非執行ディレクター。

 

ラウル・サンジェイSD

サンジェイは、サッカーの世界での人脈が多く、最大のエージェントともつながりが深い。以前はバルセロナのSDだった。

アレクシス・サンチェス、ルイス・スアレス、ネイマールとの取り引きに関わっている。バルセロナの前はナイキで働いていた。

 

エドゥTD

無敗優勝した時のメンバーの一人。アーセナルの裏の部分も熟知している。

 

フレディ・ユングベリ暫定監督

アーセナルのレジェンドの一人。

ユングベリは、昨シーズンはU-23を指導しており、ウィロック、サカ、ネルソンを引き上げた。

 

ペア・メルテザッカー アカデミー監督

元アーセナル選手でドイツ代表、2018年からアカデミーに携わっている。

 

Sun

 

(Sun)

 

アッレグリは拒否?

 

イタリアのガゼッタは、来シーズンのスタートからの契約を希望しており、今シーズンは休養すると主張している。

 

(Sun)

 

アンチェロッティは急浮上

 

エメリは、年俸600万ポンドだったが、テレグラフによるとカルロ・アンチェロッティは1200万ポンド~1500万ポンドを望んでいるといわれている。

アンチェロッティは、ユベントス、ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンを指揮しており、ビッグクラブでの経験が豊富である。

 

(Sun)

 

ウナイ・エメリvsオーレ・グンナ・スールシャル

 

Sun

 

 

ウナイ・エメリ サポーターへのコメント

 

「1年半、感情、素晴らしい瞬間、その他の苦いものでいっぱいでした。

「しかし、これらの選手と彼らの専門的および個人的な資質でこのクラブで働くことがどれほど幸運であったかについて考えることを止めずに一日を過ごしたことはありません。

「彼らはいつも彼らが着ているシャツを尊敬しています。彼らはあなたのサポートに値します。

「私はすでにサッカーで多くのことを経験していましたが、イングランド、プレミアリーグで、プロに対する敬意とサッカーの純粋さについて、多くのことを楽しんで学びました。」

 

Sun

 

(Sun)

 

Sun

 

 

ウナイ・エメリ メッセージ

 

twitter.com/arsenal

 

アーセナルのヘッドコーチになることは光栄です。

すべてのファンに、アーセナルの素?晴らしさを理解し、感じてもらうために心から感謝します。地球の隅々から私たちを支えてくれた皆さん、エミレーツに来た皆さん、試合の後で私を迎えるために雨と寒さの中で待っていた皆さんに。私は情熱とコミットメントと努力をもって働いてきたことを皆さんに伝えたいと思います。

私はあなたのためにより良い結果を達成する以外に何も好きではなかっただろう。

また、アーセナルのすべての従業員に感謝のメッセージを送りたいと思います。アーセナルの素晴らしさは、すべてのディレクター、エグゼクティブ、従業員、アシスタント、ボランティアにあります。

特に、私をクラブに迎えてくれたイヴァン・ガジディスと、尊敬、交際、助けを求めてラウル・サンジェイ、エドゥ、ヴィナイ・ベンカテシャムを強調したいと思います。ぎりぎりまで、私は名誉と誠実さをもって扱われてきました。そしてもちろん、私は彼らの信頼に感謝し、クロエンケ家に心から感謝します。

一年半も感動、素晴らしい瞬間、そしてより苦いものでいっぱいでしたが、専門的および個人的なクオリティが高い選手たちとこのクラブで働いてどれだけ幸運だったかを考えるために私が止まることなく1日も過ぎませんでした。

彼らはいつも自分が着ているシャツを尊敬しています。彼らはあなたのサポートに値します。

私はすでにサッカーで多くのことを経験していましたが、イングランドで、プレミアリーグで、プロに対する敬意とサッカーの純粋さについて、多くのことを楽しんで学びました。

いつも私の最高の願い。

(arsenal.com)

 

エメリとしても、もっとフィジカルが強い選手が欲しかったんだろうな

中堅のクラブあたりだと欲しいクラブもあるでしょう

途中解任なんてアーセナルで見たの初めてだしな、まだ監督2人しか見てない

ユングベリには攻撃的になるように期待しよう!

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事