監督は誰だ?
スポンサーリンク

アーセナル ミニニュース

 

twitter.com/arsenal

 

マーティン・キーオン ヴィトーリア戦後 コメント

 

「さらに心配だったのは、レスターと対戦する選手が最後に6人いたことだ。入ってきた選手たちは本当にチャンスをつかめなかった。」

「ピッチのいたるところに問題がある。それはすぐに振り向くことができます。もし私が週末に関わっていたなら、守れないので攻撃に行きます。」

「アーセン・ヴェンゲル監督の下で築き上げたチームのアイデンティティの一部を失う危険がある。我々は守ることができず、その攻撃の味を失った。」

「セットプレーでマークアップする方法の個人的なことだと思います。巨大なギャップがあります。彼らはボールを入れてホールを走り抜けた。彼らはそれを通して2階建てバスを置くことができました!単純すぎます。それは基本的な意思決定であり、彼らは変更する必要があります。」

「選手たちはゴールを見ているだけだし、改善できる。ホールディングはペースのために行われており、彼らは彫像のようなものです。」

ヴィトーリア戦 ペナルティエリア内へのパスなし

 

アーセナルは、ヴィトーリア戦で579本のパスのうち520本を成功させ88.3%の成功率だった。しかしオープンプレイのパスでは、アーセナルの選手がペナルティエリア内でパスを受けた選手がいなかった。

得点はぺぺのコーナーキックからであり、創造性の欠如を心配されている。

 

キーラン・ティアニー コメント

 

次節レスター戦で、元セルティック監督のブレンダン・ロジャース監督と再会する。

最近の失望した結果にもかかわらず、またインターナショナルマッチ不参加のチームの要望に対してもエメリを支持しました。

「ドレッシングルームの誰もがマネージャーとお互いを信じています。」

 

マルセル・デサイー コメント

 

デサイーはヴェンゲルに対してコメントした

「彼は、最初のチームとアカデミーに向けて、クラブの哲学を再構築し、構築する大きな可能性を秘めています。

「しかし、最前線の[マネージャー]として、私たちは彼をもう見ません。彼は70歳です。」

 

バイエルン・ミュンヘンは、ヴェンゲルを断った

 

ヴェンゲルは、水曜日の午後にルンメニゲに電話して、バイエルンの指導に興味を示したと考えられている。

しかし、バイエルンは契約の長さに同意できなかったため、彼の進歩と仕事に戻る機会を拒否したようです。

ウェンガーは長期契約を望んでいたが、バイエルンはシーズンの終わりまで彼に契約を提供することに熱心で、より若々しいボスを任命するかどうかを評価した。

 

アーセナルはマルティン・ヒンターエッガーのためにウエスト・ハムと戦う

 

アーセナルは、1月に守備を強化するためにオーストリア代表に目を向けている。27歳のヒンターエッガーは、CBの左側でプレイし今シーズンは12試合に出場している。

オーストリア代表では44試合に出場しており、移籍金は2200万ポンドと見られウェスト・ハムも関心を示している。

 

ハメス・ロドリゲスは1月に去る予定

 

今夏、バイエルン・ミュンヘンは購入オプションを行使せず、レンタルバックしました。その結果、レアル・マドリードはナポリに加入させようとしたが、交渉が纏まらなかった。

そして、今シーズン9試合に出場し1Gしているが会長のフロレンティーノ・ロペスは代理人のメンデスに選手が去ることができると報告しました。

マンチェスター・ユナイテッドは、ブルーノ・フェルナンデスとエリクセンを標的にしたが今夏、連れてこなかったが、最も移籍がありそうな位置づけになっている。

しかし、アーセナルとチェルシーも注視している。

すべて(Sun)

 

次期監督を考えてみた

 

候補に上がっている人やブックメーカーでオッズの高い人をあげてみる

ミケル・アルテタ(マンチェスター・シティ アシスタントコーチ)

ペップがシティの次期監督だと言っているし、そうそう手放さないと思う。

ヌーノ・エスピリト・サント(ウォルヴァー・ハンプトン監督)

現段階では、ウルブスが手放さないだろう

パトリック・ヴィエラ(ニース監督)

ヴィエラは、いつかは有だと思うがシーズン途中は厳しいだろう

ブレンダン・ロジャース(レスター監督)

現状、アーセナルに行く意味はないだろうな。レスター就任も途中からでセルティックからも散々ひんしゅくかってたし。

マッシミリアーノ・アッレグリ(フリー)

本人もプレミアリーグ希望だし、アーセナルかマンUかスパーズなんだろうけども、本人の希望はどこだろう?

ジョゼ・モウリーニョ(フリー)

プレミアリーグを熟知しているし、アーセナルを立て直し結果を残すのには一番適任か?ただ長期は無理だし、若手を育てる気があるのかどうか。

カルロ・アンチェロッティ(ナポリ監督)

まだ辞任してないけど可能性は高い。選手の特徴を活かした戦術を組んでいくと思うし、経験豊富だしね。今のアーセナルには適任だと思う。

アーセン・ヴェンゲル(フリー)

短期的なつなぎとしては、一番いいかも。ただ今の上層部とは上手くやっていけるのかは分からない。

ティエリー・アンリ(フリー)

MLS監督の就任の話もあるのだが、もっと経験積んでからの方がアーセナルの監督になるにはいいでしょう。

フレディ・ユングベリ(アーセナル コーチ)

スティーブ・ボールドをまた上げればいいでしょうけど、コーチは探さないといけないだろうね。

 

モウリーニョかアンチェロッティのビッククラブを渡り歩いてきた監督のアーセナルを見てみたいかな。アッレグリのプレミア初挑戦もいいけどね。

アーセナルは補強資金があまりないので、アンチェロッティかアッレグリが上層部とも選手とも揉めなくていいのかな。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク
おすすめの記事